派手な犬
PR:2018年イチオシ

ーたまに、悲しくなる・・・

自分よりセンスがある人が、
スイスイと物事を進めていくのを見て。


だけど、

そうだからこそ俺は、
「センスがないなりのやり方」
っていうのを自分なりに確立してきた。


そこで今回は、
「センスがない人が成功する為の5つの必須条件」
ということで記事をまとめていく。

これは仕事はもちろん、
全てのあらゆることに使えるので
ぜひぜひ参考にしてほしい。


それでは、早速いこう。

1.まず、センスが無いと自覚する

まず1番に大切なことは、
「自分にはセンスがあるのかないのかを自覚する」
ということになる。

なぜなら、
センスがある人とない人では、
「とるべき戦略」というのが
違ってくるからだ。


そこで、
1つ疑問が出てくるのが、

「センスがあるかってどうやって見分けるの?」

ってということ。


これの俺なりの見解は、
「抽象化と具体化をうまく出来るかどうか」
という風に考えている。


どういうことかというと、
たとえば数学とかで公式を1つ覚えたとする。


ちなみに、
「公式」っていうのは、
それを使えばあらゆる問題を
解けるようになっているので、
かなり抽象度が高い
(=抽象的)なものだ。

なので、
1つ公式を覚えたらそれを基に、
ガンガン問題を解けるタイプの人は、

「抽象化と具体化をうまく出来る」

ということなのでいわゆる、
「センスがある人」ということになる。


逆に、

公式を1つ覚えても、
それを問題に解くときに使えない場合は、

「抽象化と具体化をうまく出来ない」

ということなのでいわゆる、
「センスがない人」ということになる。


他にも例えば、
ビジネスだったとしたら、
「ノウハウ」っていうのは
抽象度が高いものである。

そして、
そのノウハウを見るだけで、
ドンドンとビジネスを
進めていけるようであれば、
その人は「センスがある」人。

逆に、
ノウハウだけでは分からず、
具体的なコンサルをしてもらわないと
前に進んでいけない人は、
「センスがない」人ということになる。


あなたは一体、
どちらのタイプだろうか?


ちなみに、
俺はセンスがない。

暗記とかの方が得意だし、
ふわっと教えられるよりも、
具体的に教えてもらった方が良い。


だからまず大切なのが、
「自分はセンスがあるか、ないか」
というのをしっかりと見極めること。

そこで、
センスがないと思ったなら、
それを受け入れる必要があるし、
「センスがない人の戦い方」
を実践していく必要がある。


もし、あなたが、
「私はセンスがない」と思うんだったら、
以下を集中して読み進めてみて欲しい。

きっと、
成長のヒントを与えられるだろう。

2.人より早く取り掛かる

もし、あなたが
「自分にセンスがない」
と自覚しているのならば、
人より早く取り掛かることをオススメする。


センスがないならば、
人より早く始める。

これはつまり、
「フライングスタートしろ」ってことになる。


人生は徒競走のように、
「よーい、どん!」ではない。

だから、
誰よりも早く結果を出したけば、
誰よりも早く始めた方が良いに決まってるでしょ。


実際俺も、学校の宿題とかは
超早くやっちゃうタイプだったしね。

「最後の1日死ぬ気で終わらせた!」とか、
なんかカッコイイし、言ってみたい。笑


そんな感じで、
センスがないんだから
人よりも時間がかかることが多い。

人より時間がかかるんだったら、
人より早く始めちゃえばいいわけだ。

3.人よりたくさん量をこなす

そして次に大切なのが、
「人よりもたくさん量をこなす」ということだ。


センスがある人っていうのは、
センスがない人よりも
少ない回数で成功することができる。

だから、
センスがある人ならば、
3回の練習で良いところが、

センスがない人ならば、
30回練習する必要があったり。


実際、
「生まれ持った才能」
っていうのはある。


まだ隠れた才能を開花させる方法は、
自分の才能を開花させる為に知らないと損する3つのコト
でも書いた通りだから見てほしいけど、
才能がないんだとしたら、努力量で上回るしかないよ。

ありきたりな言葉だけどね。


だから、
センスがないと自覚してるんだったら、
人よりもたくさん量をこなすことを意識しよう。

「やるしかない」ってことだ。

4.たくさん学びに投資する

次に大切なのは、
「たくさん学びに投資する」
ということ。

いわゆる、
「自己投資」っていうやつだ。


やっぱり、
学びに投資することは超大切。

実際、周りで成功している人はみな、
「たくさん学びに投資してる人」ばかりである。

いや、成功している人ほど、
「学びへの投資に積極的」とも言えるだろう。


俺は学生だった時から、
いろいろと学びに投資してきたけど、

それが無かったら
ビジネスで成功したりとか、
そういう実績を出すことは
出来なかったと断言できる。


そしてこれは、
「使う道具」もそうだ。

野村克也さんが、
「下手だからこそ、道具くらいは良いものを使え」
って言うように、
これはマジで大切だから覚えておいてほしい。


使う道具を1つ変えただけで、
大きな結果が生まれることっていうのは本当にある。


だから良い道具を買うこと含め、
積極的な自己投資をすることをオススメする。


「オススメする」っていうか、
しなきゃ成功できないよ。マジで。

5.教えに対して素直に取り組む

そして最後には、
「教えに対して素直に取り組む」ということ。


まず、
成功っていうのは、
「誰かの力」が必ず必要だ。


俺は、
「成功は一人でするもの」
という意識を持つべきと言ってきたけど、

それは、
「自主的に取り組め!」
って言いたいからであって、

実際はどんな成功にも必ず、
「誰かの力」が支えになっているものだ。


だからこそ絶対に、
「誰かの力」っていうのは必要なわけだけど、
ぶっちゃけた話、
手っ取り早く成功したかったら、
「可愛がられること」が重要なわけ。


別に
「媚を売れ!」とかじゃないよ。

何も行動しないクセに、
媚をだけ売るやつは一番嫌われるから。笑


で、話を戻すと、
成功してる人に可愛がられたかったら、
「教えに素直」になった方が良い。


そもそも分かっておいてほしいのは、
成功している人っていのは、
「成功していない人がどうすれば成功できるか」
っていうのが見えている。

だから、
それを言えばいいんだけどその時に
「この人は頑固だからなー」
と思われてしまうと、

せっかくの
「成功させる為のヒント」を
教えてくれない可能性だってあるわけだ。



もちろん、
「その人のいいなり」には
なるべきじゃないんだけど、

手っ取り早く成功したいんだったら、
「教えに素直になる」っていうのは
めちゃくちゃ重要だから。

覚えておいてほしい。

最後に

いかがだっただろうか?


俺自身は人から
「センスがある」って勘違い
されることがたまにあるけど、
残念ながら本当はマジでセンスがない。


だからこそ、
センスがない人の気持ちが分かるし、

「何でこんなことも出来ねぇんだ!」

ってイライラすることもない。


そして、
めちゃめちゃ意識しているのが、

・まずセンスがないと自覚する
・人より早く取り掛かる
・人よりたくさん量をやる
・たくさん学びに投資する
・教えに素直になる


ということだったり。 


特に自分なりには、
「教えに素直になる」
っていうのが大切かなと思ってる。

元々かなり頑固で、
あんまり言うこと聞かないタイプだからね。


ちなみに、
「お金を使うセンス」を磨きたい人は
以下の記事をしっかりと見ておこう・
>>お金持ちになるにはどうしたらいい?

※現在募集中の、新企画はこちら
PR:2018年イチオシ
人生】の最新記事
  • なぜ、人は月に癒され、太陽に励まされるのか?(光の幸せ、熱の幸せ)
  • 本を読んでも人生が変わらないのは「ライブ感」が無いから
  • 人生を変える環境へ飛び込む重要性
  • "たまの休みの日に何するか"で仕事の成功が決まる!
  • gazou
    「結果を出す人」に近づく為の5つのステップ
  • パリストン
    ハンターハンター・パリストンから学ぶ"遊戯感覚"の強さ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。