PR:2018年イチオシ

ー収益が2倍になる・・・

そう、今回の記事を見ると、
あなたのブログの収益が2倍になる可能性がある。


何をどうするかっていうと、
「広告の貼る場所を工夫する」ってこと。

「なーんだ、それだけか」って思うかもしれないけど、
広告の貼る場所っていうのはかなり大切なんだ。

実際に2倍になりました




(※まずは動画をご覧ください。)


とあるブログ運営者に、
広告の貼り方を教えたことがある。

その方は、
その後の広告収入を約2倍にすることができた。
(月10万⇒月20万)
広告2倍
(※クリックで拡大)
だから、あなたのブログも、
もしかしたらこういう事が起きるかしれない。

今まで特に、
「広告の貼る場所についてこだわりがなかった!」なんて人のなら尚更だ。


今回はGoogleの
「アドセンス広告」をもとに書いていくけど、
基本的にはどのクリック型広告も同じなのでやってみてほしい。

ということで、早速本題にいこう。

スマホユーザー基準で広告を貼る

まず、大切なのは、
「今の時代スマホがアクセスの8割近くを占めている」
というのを理解していることだ。

つまり、広告もそれに合わせて貼るべきってこと。


詳しい事を言うとややこしくなるんだけど、
まず覚えておいてほしいのは広告は、
「記事中、記事中、記事下」に貼るということだ。
(※アドセンスの場合は広告は3つまで)

記事上広告(ファーストビュー広告)も有効だが、
「コンテンツの押し下げ」という、
アドセンス規約に触れる可能性があるからやめておく。


また、記事中広告自体、
「低品質なガイドラインになる可能性がある」という話もあるが、
よほどエグい貼り方じゃない限りは大丈夫だ。


とりあえず抑えておくべきなのは、
「記事中、記事中、記事下に広告を貼ればいい」ってこと。

難しいことは、特に何も言っていない。


ではここから、WordPressで、
実際に広告を貼る方法を示していこう。

1つ目の記事中広告の貼り方

1つ目の記事中広告は、
「Master Post Advert」ってプラグインを使う。

※注意※
レスポンシブで広告を貼る場合、
このプラグインではうまく表示されない。

従って、
1つ目の記事中、2つ目の記事中は
PostSnippetsで記事中広告を半自動表示させる方法
の手順で広告を設定し、

記事下広告については、
この記事の「記事下広告の貼り方」
手順通りに設定することをオススメする。


このプラグインを使うと、
「続きを読む」のタグ(moreタグ)に
広告コードを置換できるようになる。


まず、プラグインをダウンロード。
Master Post Advert DLダウンロードしたら有効化し、
「設定」⇒「Master Post Advert」から設定しよう。
スクリーンショット 2015-04-24 17.53.04 設定画面を開いたら、以下のように設定をしよう。
(※スポンサードリンクというラベルは、入れないと規約違反のため必ず入れる)
スポンサードリンク("なし"がない場合は"中央"を選択。)

広告コードはアドセンス側で取得するが、
その時に注意が1つだけある。

それは、広告コードを
「同期」で取得するということ。
スクリーンショット 2015-04-24 18.26.20 それをやらないと、
うまく広告が表示されないので注意しよう。


これで1つ目の設定は完了。

「続きを読む(more)タグ」を記事に挿入すると、
自動でそこに設定した広告コードが表示されるようになった。

スクリーンショット 2015-04-24 19.32.18

↓↓↓実際の表示↓↓↓

more反映

では、2つ目にいこう。

2つ目の記事中広告の貼り方

2つ目の記事中広告の貼り方は、
「function.php」を直接編集するやり方もある。

・・・が、それだと、
初心者の人は難しいと思うので、個人的には
「投稿時に毎回直接挿入する」ことをオススメしている。

もしくは、
以下のやり方がオススメだ。
>>PostSnippetsで記事中にadsense広告を半自動表示させる方法


「面倒だな〜」と思う人もいるかもしれないが、
毎回やっていれば習慣になるので安心してほしい。

一応、やり方は以下の通り。

記事中2
「テキスト」モードにして、任意の場所に広告を挿入する。

この時も、
「スポンサードリンク」のラベルと、
「同期」で広告を取得することは忘れてはいけない。


※注意※
なお、アドセンス規約で、
スマホでは「1画面に1広告」というものがる。

つまり、 1つ1つの広告の間隔を
適度に空けることが必要というわけだ。

そこを少し注意しよう。


では、最後の記事下広告にいこう。

記事下広告の貼り方

記事下広告は、
テーマを直接編集することで毎記事に広告を挿入できる。

ダッシュボードの
「外観」から「テーマ編集」をクリック後、
右サイドバーの「単一記事の投稿(single.php)」を選択。
外観編集
その後、

というコードの下に広告タグを挿入で完了だ。
(※テーマによって多少異なる場合がある。)
記事下広告編集

※注意点※
テーマを編集する際は一応、
編集前の状態をメモ帳などにコピーしておこう。
(間違って編集してしまった場合、元に戻せるように)


ちなみに記事下広告は、
「レスポンシブのレンタグル」をオススメする。

やり方は以下の通り。


アドセンスからレスポンシブ広告を取得する。

そうすると広告コードが表示されるが
初期設定では「auto」になっている。
auto rectangle
ここを記事下に挿入する際、
「auto」から「rectangle」に直接書き換える。
レクタングル
これで完璧だ。

広告サイズについて

広告サイズには色々な議論があるが、
基本的には記事中はレクタングル大(336×280)
一番クリック率が高いのでオススメだ。

そして記事下は、文中で書いたように
レスポンシブのレクタングルがオススメ。


そもそも、
全て同じサイズにしてしまうと広告単価が下がるのだ。

実際にテストしてみたらクリック率はほぼ変わらないが、
収益率(RPM)は10円ちょっとレスポンシブの方が高かった。

広告テスト
(クリックで拡大)

だから、記事中はレクタングル大
記事下はレスポンシブのレクタングルがオススメだ。

最後に

いかがだっただろうか?

もちろん、ブログによっては
この広告が最適じゃない可能性もある。

ただし、
「今まで何も気にしていなかった!」なんて人は
大袈裟じゃなく収益が2倍になる可能性があるので、
しっかり実践してみてほしい。

アドセンスのクリック率を上げる、
完全版については以下を必ず参照!
>>アドセンスがクリックされない時に見直すべき7つの要点

資産ブログを開設して稼ぐまでの全手順を簡単かつ丁寧に

※現在募集中の、新企画はこちら
PR:2018年イチオシ
  • 2018年最強のWordPress有料テーマ、Diverが凄すぎる。特典で新企画にご招待!
  • AdRotateの使い方 | WordPressで広告やCTAのA/Bテスト!
  • 7
    厳選!アフィリエイトブログ向けASP7選とその特徴
  • ボリューム
    キーワードプランナーの月間平均検索ボリュームと選定法
  • アフィリエイト等におけるライバルチェック10のコツ!
  • アフィリエイトで稼げないと挫折する前に確認したい事7選
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。