※メルマガの転載です。


こんにちは、ヤマグチです。


前回は、

「どうすれば、
 お皿の割れる枚数が減るか?」


というお題に対して、


皆さんから頂いた意見を
発表した上でさらに、

「リーダー的な視点も考えてみましょう」

という話をしました。
(参照:リーダーとして必要な力や視点を鍛えよう!



そうしたところ、
また沢山のメールを頂きましたので、
前回載せられなかった人の分も含めて、
皆さんの意見をシェアしていきます。


前回同様、
沢山の人の意見を見ることで、
より自分の思考が深まりますので、
ぜひ、楽しんで読んでみて下さい。



また、

メールの後半では、
「飛躍的に成長する為の方法」をお伝えします。


特に今後、

「自分のビジネスを持ちたい!」

と思っている方にしてみれば、
後半で話す視点がない場合、
かなり”致命的”です。


なので、自分の活動や
今後の目標に照らし合わせながら、
しっかりと考えてみると良いでしょう。



それではまずは、
シンヘイさんからの意見です。

〜〜〜〜〜〜〜以下より〜〜〜〜〜〜〜

こんばんわ。シンヘイです。

さて、
「ペナルティなしで、
お皿が割る枚数を減らすには?」
の答えですが。

(中略)

とにかく風通しの良い職場、失敗したらいけないというギスギスした雰囲気は
失敗をしたらいけないと思い失敗を連発するという負の連鎖を起こします。経験上。

あと、やっていて何気ないことでも意見できればいいんじゃないでしょうか。


経営者も目先の利益だけでなく、
雇っている従業員の幸せも考えてくれる人が
増えてくれてくれることを期待したいです。


長くなりましたが、
回答は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シンヘイ


〜〜〜〜〜〜〜〜以上〜〜〜〜〜〜〜〜

この意見には着目すべき良い視点が
いくつか含まれています。


まず1つは、
「雰囲気が悪いと
 仕事にミスが多くなる」

という視点ですね。


これは本当にそうで、
仕事のクオリティっていうのは、
職場の雰囲気で決まる事が殆どですし、
もっと言えば、
「働く喜び」も大きく変わります。


どういうことかというと、

人はリラックスしている時に、
「副交感神経」が優位になります。


副交感神経が優位になると人は、
「セロトニン」という、幸せを感じる
ホルモンが分泌されるのです。


そしてさらに言えば、

副交感神経優位な状態だと人は、
よりクリエイティブな発想が生まれたり、
才能も目覚めやすくなったりします。


たとえば、

お風呂に入っている時だったり、
寝る前だったりの時に、
何かひらめきが生まれた経験はないですか?


あれは、
リラックスしていて、
副交感神経優位だからこそ
生まれる現象なのです。



だから、
職場が良い雰囲気だと、

「お客さんの為に
 こうしたらもっと良くなるのでは?」


みたいなひらめきが生まれたり、
それを実現させる為に
能力も開花してくわけです。


逆に、これが、
常にピリピリした緊張状態だと
働いていて幸せも感じられないし、

「自分が仕事をミスなくこなす」

というのが優先してしまい、
なかなか自由な発想は生まれません。



また、余談ですが、

これは職場に限らず、
どんなコミュニティでも一緒です。


たとえば、
”家族”というコミュニティでも、

親が子供に、
「あれをしなさい、これをしなさい!」
という風にうるさかったりする場合は、

子供は交感神経優位で
緊張状態になるので、
才能が目覚めずらくなっていきます。


親からしてみれば、
子供に良くなってほしいから
アレコレ言ってるはずですが、
それは残念ながら逆効果というわけです。



あとは、
ビジネスのコミュニティでもそうですよね。


リーダーの支配力が強すぎると、
「リーダーの言うことは絶対だ」
みたいな空気感が生まれてしまい
リーダーに意見をしづらくなるし、

それだと、
リーダーから情報を受け取るばかりで、
アウフヘーベン(止揚)が起きずに、
リーダーもメンバーも
成長が止まってしまいます。


だから、
私が企画とかでけっこう意識してるのは、

「メンバーの声に沿ったコンテンツを作る」

ということです。


自分がまず情報を投げてみて、
反応がよかったりとか、
「もっと知りたい!」という声が大きい場合、
それをどんどん
深堀していくようなイメージですね。


そういう点でシンヘイさんは、

「何気ないことでも意見できればいい」

という事を書いてくれましたが、
これって本当に重要な事なのです。



そして、
もうこれからの時代は、
リーダーが上から下へ
指示を出す時代ではありません。


なぜなら、
ネットによって
誰にでも情報が行き届くし、

作られたブランディングは、
すぐに崩れる時代だからです。


(たとえば昔は、
 「親やスゴイんだ!」と
 無意識に思うしかなかったですが、

 今の時代の子供たちには
 ネットがあるので簡単にバレます。笑)


今は、
前回のメールでもお伝えした通り、
リーダーにとってメンバーは、
「一緒に成長していく仲間」なのです。


イメージとしては以下の様な感じです。

new

メルマガ】の最新記事
  • 試す、だから成功する。
  • 【新メンバーサイト公開】無料で招待します。
  • やりたい事が無いのは友達がつまらないから
  • 付き合う人を選ぶたった1つの基準(100回記念プレゼント案内付き)
  • なぜ、人は月に癒され、太陽に励まされるのか?(光の幸せ、熱の幸せ)
  • 虫めがね成功法(エネルギーの集中)
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。