ー子供とうまくいかないんです・・・

最近はそういう感じで、
子ではなく親から相談を受ける事も多い。


そして、

彼女たち(母親たち)はネットで
それを改善する為の情報を探してみると、
「毒親」というイガイガしい言葉に辿り着くみたい。


毒親については、
毒親な母への対処法はこれしかない!
とかでも説明している通りなんだけど、

簡単に言えば、
「子供の人生にとって悪影響となる親」のことだ。


そして、
その言葉に辿り着いた人たちは、

「自分はもしかしたら毒親かもしれない・・・」という風に感じ、
心が痛む思いをすることになる。


そんな中で、
読者さんからこの間メールが来たのが、

「毒親の対処法はたくさん情報があるけど、
 自分が毒親だった場合
 どうするかについての情報が少ないです。
 子供と良い関係を築きたいので
 何かアドバイスはありませんか?」


というもの。


だから今回は、
「自分が毒親だと気づいたらどうするか?」
について書いていきたいと思う。

毒親=普通の親!

まず、俺が思ったりするのが、
世の中の9割くらいの親は
「毒親」なんじゃないかってことだったりする。



まぁ、多分、
仕事柄そういう相談を受ける事が
多いからだけかもしれないけど、

それでもやっぱり、
大半の親って子供にとって悪影響を及ぼしがちなんだ。


もちろん、

子供が独立していないうちはたとえば、
経済的な支援をしてあげるのは
親の1つの役割みたいなもんだろう。


だから、そういう点で
子供は非常に助かってるわけだけど、
「支援の度」を超えている親ってかなり多い。



どういうことか?


たとえば、子供が、
「私は大学に行って○○を勉強したい!」と言っていたら、
その願望の手助けをするのは親の役割の1つだろう。

それが、
「受験
人間関係】の最新記事
  • 自分が毒親だと気づいたら何をすべきか?
  • コミュニティ運営のコツ|組織における5つの発達レベルとは?
  • 社会人になっても過干渉な親を「卒業」させてあげるには?
  • 他人には一切、期待しない。なぜ?
  • 親子
    「相談できない」は性格と無関係。向き合ってくれる相手を探せ
  • 職場でも使える!一見不埒な嫌いな人との付き合い方
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。