ー忙しくて休みがとれない・・・

会社員の方とかは特に、
そういう悩みを抱えている人も多い。


だけど、思うのは、
「やっぱり適度な休みは重要」ということ。


こんな事を言うと、

「そんなの分かってるよ!
 たまの休みにはゆっくりしたり、ストレスを発散しないと!」


って思うかもしれないけど、
「休み方」みたいなのも重要なんだよね。


つまりこれは、
「休みの時に何をするかが重要」もそうだし、

もっと言えば、
「どういう意識で休みを過ごすのかも重要」
ってこと。


そしてこれが、
その後の仕事だったりとか、
あるいは人生にまでおいて
大きな影響を及ぼすと実感している。



だから今回のテーマは、
「休みの重要性」という感じ。

良い休み方をして、
仕事や人生のクオリティを上げたい人必見。

適度な休みは重要

まず、さっきも書いた通り、
「休み」というのは人生において超重要。

特に、
忙しければ忙しい人ほど重要だ。


何故かっていうと、
「しっかりと休むことで人は次の為の活力を得られる・・・」
というのはあくまで”一般論”で、

俺が思うには、
「自分と向き合う時間がないと、
 仕事や人生のクオリティが上がらない」

という風に感じているからだ。


これは、
どういうことなのか?


たとえば、
本当によくあるのが、

会社員の人が
「目の前の仕事に追われなかなか休めず、
 休んだとしてもどっと疲れが来てただ寝てるだけ」

とか。

そして、それが終わると
また目の前の仕事に追われ・・・の繰り返しで、
いつの間にか何年も過ぎていくというパターン。


あるいは起業家の人だったら、

自分の稼ぎを成り立たせる為に
必死で毎日自分のビジネスをして、
たしかに稼ぎは上がったかもしれないけど、
「人間的な深み」だったりの他の部分が、
何年もぜんぜん成長していかないというパターン。



そしてさらに、
「まだスキルが足りないから
 成長を感じられないんだ!」
みたいに、
ドツボにはまっていったり・・・。


もちろん、
そういう人や時期を否定するわけじゃないし、
むしろそういうのがあるからこそ、
一定レベルまでは人は成長できると思う。


だけど、
それってあくまで一定レベルの話で、

もし、さらなるレベルアップ。

それこそ本当に、
「仕事観」や「人生観」が変わったり
するくらいの成長をしたい
と思ったら、

「自分と向き合う時間」

というのが絶対に必要。


そしてこれって実は、
心理学の分野でも言われてることだし、
歴史上の偉人が
”悟る瞬間”も大体そうなんだよね。


たとえば、
孔子とかも色んな所に行って世を正そうとしてたけど、
それに疲れて花をボーッと見ているときに、

人生, 健康】の最新記事
  • なぜ、人は月に癒され、太陽に励まされるのか?(光の幸せ、熱の幸せ)
  • 本を読んでも人生が変わらないのは「ライブ感」が無いから
  • 人生を変える環境へ飛び込む重要性
  • "たまの休みの日に何するか"で仕事の成功が決まる!
  • gazou
    「結果を出す人」に近づく為の5つのステップ
  • パリストン
    ハンターハンター・パリストンから学ぶ"遊戯感覚"の強さ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。