PR:2018年イチオシ

ー情報発信しないのはアホ!

マジでそれくらいのレベルで、
今の時代に情報発信をしないのは勿体ない。


そして情報発信っていうのは、
「すごい人がやるもの」って思いがちだけど、
それは、むしろ逆の話だ。


今は、
ネットがあるから、
誰もが情報発信をできる。

これ言い換えれば、
「誰にでもチャンスがある」ってこと。


昔だったら、
こんなのはあり得なかったわけで。


だからこそ、

情報発信はやるべきだし、
どんな業種であろうとビジネスをやっていて
「メルマガ」や「LINE@」などの、
DRMのツールを使ってないとかはあり得ない。
(※参照「DRMとは一体何か?」)


と、いうわけで、
今回は情報発信をやるべき理由や
メリットについてまとめていこう。

情報発信をやるべき3つのメリット

情報発信をやるべき理由、
メリットは主に3つだ。

これを見れば、
「情報発信をしないのは勿体ない」
ということが理解できるだろう。

1.少ない労力で沢山稼げる

まず、やるべき理由の1つ目は、
端的に言ってしまえば、
「比較的に少ない労力で沢山稼げる」からだ。


どういうことかというと、

情報発信をしていって、
沢山のメルマガ読者を集められることができたら、

(↑ここに多くの人は苦戦するんだけど、
 どうすれば集められるか等は後ほど解説。)

そのメルマガ読者に向けて、
1通メールを書くだけで収益が発生する。


たとえば、

1000人のメルマガ読者がいて、
10万円の企画なりを告知したところ、
1%の10人が参加してくれたら・・・

それだけで、
100万円稼げてしまう。


これが、
ブログやYouTubeや転売などで、
100万円の利益だったらどうだろう?


ブログだったら、
短期間に100万円を稼ぐには
沢山記事を書かなきゃいけないし、
外注さんを沢山雇う必要があるかもしれない。

YouTubeも同様に、
沢山動画を作ってアップしなきゃない。


転売だったら、
あんまり詳しくは知らないけど、
クレジットカードを何枚も駆使したりとか、
お店と家を時間をかけて、
何度も往復する必要があるかもしれない。


だけど、メルマガだったら、
メールをちょちょいと書いて送るだけ。


だから、
結局は情報発信が一番稼げるし、
どんな業種だとしても最終的には、
「効率良く稼ぐには?」を考えると、
情報を教えて稼ぐ、教育ビジネスに行き着く。



歌舞伎町No.1ホストになって
毎日シャンパンを浴びるように飲んで
大金を稼ぐよりも、

「元No.1ホスト」として情報発信して、
コーヒーを飲みながらメールを書いた方が、
うまくやれば効率良く稼げるってことだ。


そしてこれはほんの序章であり、
本当のやるべき理由はまだまだある。

2.より成長できる

さっき、
「1通メールを書いただけで〜」って言ったけど、
もちろんそれは、
最初からそうなわけではない。


最初は泥臭く、質の良い情報を、
コツコツ発信していく必要もあれば、

コツコツ発信するだけではなく、
「ちゃんとした計画性」とか
「ちゃんとした順路」を通らないと、
情報発信ビジネスで稼ぐことはできないのだ。


これはつまり
どういうことかっていうと、

「情報発信ビジネスに参入すれば、
 否が応でも成長せざるを得ない」


ってこと。


ブログせ稼ぐだけだったら、
とりあえずアクセスが
集まりそうなキーワードに沿って、
記事を書くだけでも良いかもしれないが、
情報発信っていう風になると、

そこからのリストビルディング、
さらにはブランドの獲得から、
クロージングスキルまで、
あらゆるスキルがないと無理だ。



ここで、
「じゃあ沢山、学ばなきゃないんだ!」
っていう風に、
思った人もいるかもしれないけど、
そんなのはハッキリ言って当たり前だよね。


今の時代、
そしてこれからの時代は特に、
「学ぶか、死ぬか」の時代に突入する。

つまり、自己投資したりとかは、
「成功するための大前提」くらいの話で、
改めて言うことすら忌々しいってこと。


でも、

情報発信ビジネスを始めれば、
本当に嫌でもスキルがつくし、
スキルがつけば楽しくなってきて、
またどんどん学びたくなってくる。


これってつまり、
「正のループ」に入るってこと。


だからこそ、

情報発信はやるべきなんだ。


他にも、情報発信をするってことは、
リーダーとしての自覚も必要になる。

これはつまり、
スキルだけじゃなくて、
心の面でも成長できるってこと。



そしてさらに・・・

3.誰かのためなら力が湧く

やっぱり今の時代、
日本は豊かすぎるあまりに、
「自分のために頑張れない人」が多い。

だからそういう人は、
「誰かのために頑張る」ってことが必要。


たとえば、俺もそうなんだけど、
野球なりサッカーなりのスポーツが好きな人は、
贔屓チームを一生懸命応援する。


わざわざ、
お金を払ってチケットやグッズを買い、
遠征したりとかもして、
勝てば一体となって本気で喜ぶし、
負ければ本気で悲しんだりする。

そしてここに、
「人が頑張れるヒント」があるんじゃないかと
俺は思うんだ。


どういうことか?


つまり、

日本は本当に豊かすぎるから、
誰かの為だったらパワーが出るし、
それが自分の為になるってこと。


わかるでしょ?

「誰かの為だったら
 パワーが出るし、
 それが自分の為になる」



そしてこれって、
「情報発信も一緒じゃん」って思うわけ。


情報発信っていうのは、
常に相手がいてその人に向けて
メッセージを発信するわけだ。

そして、
そこに価値があれば人が集まり、
人が集まればビジネスだって生まれる。


実際、
たとえ小さなことだったり、
今は何も実績が無かったとしても、

そういった、
「誰かの為に」って思いがある人は
多少うまくいかなくても挫けないし、
最終的には何らかの結果を残す事が多い。


だから、
自分の為に頑張れない人。

たとえば、
稼ぐ系のノウハウを買っても
実践が続かなかった人とかは、

「誰かの為に」って視点を持てる、
情報発信をやってみることがオススメだ。

最後に

いかがだっただろうか?


もし、あなたがこれを見て
「情報発信をやりたい!」と思ったとしたら、

次では実際に、
情報発信ビジネスをやる方法や手順を見ていこう。
>>メルマガや情報発信の集客方法と手順まとめ
※現在募集中の、新企画はこちら
PR:2018年イチオシ
情報発信】の最新記事
  • 情報発信におけるワンソースマルチユースのメリットと注意点
  • 偉大な親父
    稼ぐ系の情報発信やメルマガアフィリエイトに必要な実績は?
  • メルマガや情報発信の集客方法と手順まとめ
  • 情報発信やメルマガビジネスの3つのメリットとは?
  • 情報発信ビジネスにおける時代を捉える大切さ
  • ねずみ
    マーケティング4.0の"自己実現"に適した情報発信とは?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。