※現在募集中の、新企画はこちら

ーバイトをしたくない!

大学生だったら、
基本的にはそう思う人が多いだろう。


しかしながら、

遊んだりするにはお金が必要だから、
仕方がなくバイトをしている人も多いはず。


でも、
やっぱりしたくない。

バイトをすると、
いろいろなストレスが溜まって、
おかしくなりそうだ!


・・・そんな人は、
この文章の続きを読んで今すぐ、
「バイトをやらない」という選択。

そしてあわよくば、
「就職しない」という選択を
視野に入れてみてほしい。


それでは、早速行こう。

バイトをしたくないのは当たり前!

まず、そもそもとして、
「バイトをしたくない!耐えられない!」
という風になってしまう人は、
「人の元で働く」というのが
そもそも合わない可能性が高いのを知っておこう。


そして人というのは、
自分に合わないことをすればするほど、
”自己重要感”が下がってしまう。

だから、合わないならば、
さっさとやめてしまった方がよいのだ。


ここで、
「自己重要感って何?」って人向けに説明すると、
これは簡単に言えば、
自分が嫌いになってしまうことだ。


合わないことをさせられた挙句、
「ちゃんとやれ!」なんて怒られて・・・

そんな状態で、
自分のことが好きになるのは難しいし、
自分のことが好きな状態じゃないと、
人は成長していくことが難しい。



だって、
あなたは嫌いな人のために
何かしてあげられるだろうか?

してあげられないでしょ、普通。


でも、好きな人相手だったら、
「何かしてあげたい!」って自発的に思うもの。


自分だってこれと一緒で、
自分が好きだからこそ
自分のために何かしてあげられたり、
簡単に言えば活躍できるようになる。


でも、
「バイトが合わない人」っていうのは、
絶対にいるわけで。

そういう人が、
わざわざ合わないことをし続けるのは、
俺から言わせれば非常にもったいなく思う。


そして、
俺自身もその、
「合わない人」なわけだけど、
もし仮に自分でビジネスをするのではなく、
就職して企業に入っていたら、
殆ど力が発揮できなかったと思っている。

俺のアルバイト時代

俺も学生時代などに
アルバイトをした経験がある。


基本的には
飲食店でバイトをしていたけど、
素晴らしいお店に
巡り会うこともできたが、

やっぱり人間関係で問題が起きて、
イライラしながら
バイトに行っていた店もあった。


そして俺の場合、
基本的にやってられなくなるのは、
仕事も大してできない上司が
偉そうにしている時だった。笑

できないならできないで、

「ごめん、手伝ってくれるかな?」
とかって言ってくれればいいものを、

何なら自分が仕事ができないのを、
他のアルバイトの子のせいにしたりとか・・・。


そういうのを見ていてイライラしたし、
「尊敬できない人の元では働けない」
悟った瞬間でもあった。


・・・でも、
そこで普通はその場所に
居続けたりしてしまうもの。

だがそうしていくと、
どんどん自分の
「好き、嫌い」とかの
感情がわからなくなって、

本当に心が麻痺した
奴隷のようになってしまう。


俺はこれ以上、
そういった人を増やしたくはない。


だからもし、
あなたも何らかの要因で、
「人の元で働くのは無理だ!」
って思うならば、
無理して働く必要はない。

もちろん、
お金がなくてどうしても
働かなきゃない時はあるだろうが、

一生そのままであり続けるのではなく、
将来的には一人で生きていけるよう
勉強していった方が良いだろう。

アルバイトをしなくても生きていける時代

今は、
インターネットのおかげで、
誰もが簡単にビジネスを
始めることが出来るようになった。

俺のクライアントさんにも
大学生が結構多いように、
優秀な若い人ほど起業を志している。


・・・いや、

起業を志しているから、
どんどん優秀な人間に
なっていくのかもしれない。


もちろんこれは、
「起業しない人はダメだ!」とかじゃなくて、
やっぱり自分でビジネスをすると、
無理やりにでも成長せざるを得ないわけで。

だからこそ、
必然的に成長もしていけば、
知識や経験がついて
精神的にも経済的にも
どんどん豊かになっていくのだろう。

日本は豊かで恵まれているからこそ

そして、
日本はとても恵まれている。

職を失っても、
最悪国が補助してくれるし、
年齢が若いうちは
そんなに働き手に困らない。


そして何よりも、
各々がやりたいことや
「夢」を持つことができる。


これが、
貧しい発展途上国だったらだろうか?


やりたいことや「夢」はおろか、
「今日、生きていけるかどうか」で精一杯だ。


一方、日本では
どんなに貧しかろうと、
今日はとりあえず生きていける人が殆ど。

だからこそやるべきなのは、
「やりたいことに挑戦してみる」ということ。


もし、
「就職なんてしなくない」なんて思うなら、
その道を目指したっていいわけ。

周りにいくら言われようと、
自分で自分を応援できる道じゃなきゃ
人として成長できないし、
何よりも生きていてつまらない。

つまらなそうに生きている人は、
周りにだってどんどん
つまらない人が集まってくるわけで。


自分がやりたい道に進むからこそ、
人として成長することもできるし、
楽しい人生になって、
周りの人をもそうすることができる。

だから、やりたいことを、
無意味に続ける必要はないのだ。


大学がつまらないなら中退すべきなのか?」でも書いたけど、
大学だってつまらなくて何となく通ってるなら、
別にやめたっていいわけだ。


こんなことを言っていると、

「そんなこと言って責任取れるんですか?」


って言われるかもしれないけど、
自分の人生を他人のせいにしようとする時点で
色々ヤバいことに気づかなきゃならない。


だって、
「俺が責任とりますから、
 この株を買ってください」

って言われたらあなたは買うの?

もしかしたら
逃げられるかもしれないのに?


フツーに考えてヤバいでしょ。


人生なんてそもそも自己責任。


「自分がやりたいからやる」

それでダメだったら、自分のせい。


「親がやれといったからやる」

それでもやってるのは
自分なわけだから、自分のせい。


そういうマインドを持って生きたいと、
いつまでも他人のせいにしながら生きて、
結局は何も成長しないまま人生が終わる。


だから、
「人生は何が起きても自己責任」

そう思って生きよう。

最後に

いかがだっただろうか?


何にせよバイトに限らず、
「嫌々やり続ける」というのは
時間がもったいないので
やめることをオススメする。

どうしても、
続けざるを得ないという場合は、
それをやめられるようになる為の準備を
今すぐにでも始めるべきだ。


また、
就職を気にする人は、
大学生でバイトをしないと就職は不利になるの?
も読んでおこう。

※現在募集中の、新企画はこちら
人生】の最新記事
  • なぜ、人は月に癒され、太陽に励まされるのか?(光の幸せ、熱の幸せ)
  • 本を読んでも人生が変わらないのは「ライブ感」が無いから
  • 人生を変える環境へ飛び込む重要性
  • "たまの休みの日に何するか"で仕事の成功が決まる!
  • gazou
    「結果を出す人」に近づく為の5つのステップ
  • パリストン
    ハンターハンター・パリストンから学ぶ"遊戯感覚"の強さ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。