※現在募集中の、新企画はこちら

「したいからする」

「したくないけどせざるを得ない」



大学中退には
色々なケースがあるが、

そこで思ったりするのが、
「中退して後悔はしないだろうか」
ということだったりする。


俺自身は、
大学を中退して後悔していないし、
俺の周りで中退した人も
後悔している人は少ない。

だがしかし、
中退を後悔する人も中にはいるだろう。


そこで今回は、
「大学中退を後悔してない人としてしまう人3つの違い」
というテーマで記事を書いていく。

それでは早速いこう。

1.中退したいのかどうか

まず、
当たり前の話なのだが、
「中退したいのかどうか」
という要素が一番大きい。


これはどういうことかというと、

「中退したい!」

と思って中退するのと、

「中退したくない!」

と思っているのに、
何らかの事情で
中退せざるを得ない場合では、

”後悔の度合い”
全く事なるということだ。


当たり前だけど、
「中退したくない!」と思っているのに、
例えばお金の事情とかでせざるを得ない場合は、
後悔というか、未練が残りがち。


逆に、
「中退したい!」と思って中退した場合は、
「自分で決めたことだから」ということで、

もし仮に、
その後の人生がうまくいかなかったとしても、
あまり後悔している人は少ないと感じる。


ちなみに俺は、
「やめたい!」と思ってやめた立場。


そして俺自身が
大学を中退し起業したということもあり、
知人や友人でもそういう人が多いのだが、
「あぁ、大学を辞めなければよかった」と
後悔している人は俺を含めてほぼいない。



・・・と、
いうよりもむしろ、
「何でやめる時あんなに悩んだろう、
 さっさとやめておけばよかった」

という風に言っている人が多いのが事実。

だから、
「やめたい」と思っているとしたら、
別にやめていいだろうし、
後悔もしないと俺は思う。

2.就職したいかどうか

次にキーポイントとなるのは、
「就職したいのかどうか」
ということだ。


やはり、
大学を中退している人よりは、
大学をキレイに卒業した人の方が、
就職活動の時に有利になる。


だから、

「大企業に就職して安定した生活を!」

と心から望んでいるような人にとっては、
大学を中退することによって
その希望がかなわない可能性だって出てくる。


だが逆に、
「自分で起業してやろう」だとか、
「自分の好きな道で生きていこう」だとか。

そういう風に考えている場合は、
ハッキリ言って学歴など全く関係なく、
自分の実力があればあるほど、
収入が伸びていく世界である。

なので、
そういう人の場合は、
行きたくもない大学で
なあなあと過ごすメリットは殆どない。


そういう人はむしろ、
「早くやめておけば良かった」
という風に後悔する可能性だってあるので、

「後悔しないだろうか?」
という風に悩んでいる人は、
「自分は就職したいのかどうか」
というのを考えてみると良いだろう。

3.勉強しているかどうか

そして3つ目は、
「勉強しているかどうか」だ。


これはもっと詳しくというと、
「大学を中退した後にしたいこと」が決まっており、
それに向けて既に
「勉強しているかどうか」ということ。


何故かというと、
そうでない状態で大学をやめても、
「ただのプー」になってしまう可能性が高いから。

もちろん、
大学がつまらないなら中退すべきなのか?」で書いた通り、
「つまらないからやめる」というのは
悪くないと俺は考えている。


しかしながら、

大学生の良いところは、
ある程度自由にお金を使え、
ある程度自由な時間があるということ。

つまり、
「自分次第で色々出来る」ということだ。


別に大学をやめないにしても、
「休学をして何か別の事に取り組む」
ということだって出来るはずだし、
俺自身も大学を中退する前に、
休学をした経験もある。


何にせよヤバいのが、
「無計画で大学をやめて、
 その後に何も生まれないまま人生を過ごす」

ということ。


まぁ、本当のことを言うと、
本人がそうしたいならば
別にそれで良いと思うんだけど、笑

やっぱり俺は、
「やりたいことを本気で
 取り組むからこそ人生は楽しい」

という考え方の持ち主。


大学を辞める時、実際に親を説得した方法」でも書いた通り、
それがあるからこそ、
周りの人も応援してくれたりするものだ。


なので、
「やりたいことがあって、
 既にそれに向けて勉強している」

という場合ならば、

やめたら一直線で
その道に進めば良いわけだから、
後悔することは殆どないだろう。

最後に

いかがだっただろうか?


俺としては、
既にやりたいことがあったとして
「やめたいけど少し怖い」という場合は、
「なんとなく怖いだけ」である可能性が高い。

だから、
別にさっさとやめても問題ないと思う。


何らかの事情で
中退せざるを得ない場合は
多少後悔するのも仕方がないが、

最終的には、
「自分はどうしたいのか」
という基準で決めるようにしよう。


そうしたら、
「自分で決めたことだから」
という事で後悔の念も少なくなるはずだ。


他にも大学中退については以下を参照。
>>大学中退その後、自由自在に生きていけるようになった理由

※現在募集中の、新企画はこちら
人生】の最新記事
  • なぜ、人は月に癒され、太陽に励まされるのか?(光の幸せ、熱の幸せ)
  • 本を読んでも人生が変わらないのは「ライブ感」が無いから
  • 人生を変える環境へ飛び込む重要性
  • "たまの休みの日に何するか"で仕事の成功が決まる!
  • gazou
    「結果を出す人」に近づく為の5つのステップ
  • パリストン
    ハンターハンター・パリストンから学ぶ"遊戯感覚"の強さ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。