※現在募集中の、新企画はこちら

ー「大学を辞めよう!」

そう決意した時、
最初に立ちはだかるのが
「親」という存在である。


特に、
親に学費を払ってもらっている場合、
生活費を払ってもらっている場合は厄介で、

「誰のために
 金を使ってると思ってるんだ!」


などと、
怒鳴られる可能性も少なくはない。


そこで今回は、
実際に大学を中退した俺が、
「親を説得する方法」
についてまとめていこう。

親と揉めるのは当たり前

まずそもそも、
「大学を辞めたい」と相談した時に、
「そうか、分かった」と返す親は少ない。


だからもし、
何かやりたい事が
あっての中退だとしても、

「世の中そんなに甘くないぞ!」

なんて怒鳴られる可能性だってある。


実際、
俺自身も親とかなり揉めたし、
喧嘩もしたものだった。

だから、
親に内緒で大学をやめる人も少なくはないし、
それも1つの手段だとは確かに思う。


しかしながら、

なんだかそれは、
「親に隠し事」をしているようで
気持ちが悪い人も多いだろう。


そこでここから、
俺が実際にやった、
説得する方法を教えよう。

かなり強力な方法だ。

3つの視点で語る

まず、大切なのは、
「3つの視点で語る」ということだ。


この3つというのは、
  • 自分の視点
  • 相手(親)の視点
  • 社会の視点
  • である。


    この3つの視点を考え、
    実際に語る事によって、
    だいたいの説得事は片が付く

    それくらい
    強力なものなので、
    詳しく見ていこう。

    1.自分の視点

    まずは、
    「自分の視点」から語る事だ。


    これはつまり、
    「自分が何をどう思って、
     大学をやめたいのか」

    をしっかりと伝えるということ。

    そしてその為に、
    「今、何をしているのか」
    まできっちりと伝えよう。


    大学がつまらないなら中退すべきなのか?」でも書いたとおり、
    俺は別に
    「つまらないから中退する」
    というのは悪くないとは思う。


    しかしながら、
    それだけでは親を説得するのは難しい。

    なので、
    しっかりと自分の考えをまとめておき、
    伝えることが大切だ。


    そして、
    大切なのは次の視点だ。

    2.相手(親)の視点

    多くの人がやらないがゆえに
    説得に失敗する。

    それが、
    「相手の視点になって語る」
    ということである。


    つまり、
    「自分が大学をやめることで、
     
※現在募集中の、新企画はこちら
人生】の最新記事
  • なぜ、人は月に癒され、太陽に励まされるのか?(光の幸せ、熱の幸せ)
  • 本を読んでも人生が変わらないのは「ライブ感」が無いから
  • 人生を変える環境へ飛び込む重要性
  • "たまの休みの日に何するか"で仕事の成功が決まる!
  • gazou
    「結果を出す人」に近づく為の5つのステップ
  • パリストン
    ハンターハンター・パリストンから学ぶ"遊戯感覚"の強さ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。