※現在募集中の、新企画はこちら

ー大学がつまらない・・・

そう悩む若者が、
最近増えているような気がする。


でもぶっちゃけると、
「それって当たり前なんじゃないか」
ってすら最近は思うんだ。

それが何故かっていうと、
「日本が豊かすぎるから」だ。


日本は豊かすぎるから、
最悪、誰かの力を借りれば生きていける。

それなのに、
「つまらないことを続ける」
っていうのはかなり酷だし、
「大学がつまらないからやめたい」
となるのはある意味当然なのかもしれない。


そして実際、私自身も、
「大学をつまらないからやめた一人」である。

だから今回は、
「大学がつまらないなら中退すべき?」
というテーマで
実体験を基に記事を書いていこう。

大学がつまらないなら中退すべき?

まず、さっきも言った通り、
「大学がつまらないから辞めたい」となるのは、
当たり前なんじゃないかとすら思う。


たしかに、
今の学生の親の世代の価値観では、
そんなのはあり得ない。

彼らの世代は
「学歴重視」だっただろうし、
それをみすみす投げ捨てることは、
「社会不適合者へまっしぐら」だからだ。


しかしながら、

今の時代はもう、
その価値観だと”生き苦しい”


たとえば今は、
ネットの発達のおかげで、
少し勉強すれば、
誰でも気軽に起業できる時代。

私自身も若くしてネットで起業して、
周りの同年代の人よりも稼いでいるし、
アメリカでは、
「優秀な人ほど大学を辞めて起業する」
という時代になっている。


そして、
日本でも徐々にその流れがきつつあるし、
10年後にはそういう価値観が
”フツウ”になっている可能性だって高い。

大学4年間=奴隷修行

さらに、
誤解を恐れずに言えば、
大学の4年間の勉強は、
「社会の奴隷になる為の修行」
を積むだけだ。

これが、
あなたを豊かにするとも思え難い。


もちろん、
自分の好きな事があって、
それを楽しく勉強するのは良いけど、

「つまらない」

と思いながらやる勉強は
嫌々やらざるをえないわけで。


嫌々やることが上達するわけないし、
あなたが嫌々やる分野を
楽しくやっている奴らに
勝てるわけないのである。



そうでしょ?


だから、
「嫌々やる」とか
「つまらないと思いながらやる」というのは、
ハッキリ言って時間の無駄なのだ。


そして、
恐らく想像できないだろうけど、

もし仮に、
あなたが本気になって
1年間ビジネスの勉強をしたら、

私と同じように
「月収100万円」
達成することも可能だし、
私はそこに導いていく自信もある。


だからこそ、
そんな可能性が溢れた時代に、
「つまらないことを続ける」
なんてハッキリ言って不毛。


起業は別にしなくてもいいけど、
どうせ人生を生きるなら
「本気になれること」をやろう。

大げさだけど、
明日死ぬ可能性も0じゃないんだから。

中退する前に考えたいこと

だがしかし、
中退する前に考えて欲しいことがある。

それは、
「中退したら何を、
 いつまでに、
 どれくらいやるのか」

をしっかりと決めることである。


だから、
「よし、つまらないから中退しよう!」
だけではダメだということ。


だって、
その後何すんの?

家で寝てるの?


ハッキリ言って、
そんな人生はつまらないし、
社会の為にもならない。

寝すぎたらうつになるだろうし。


だから、
中退する前にはしっかり、
「何をするのか」
をしっかり決めよう。


ちなみにこれは、
「職業」の話をしているんじゃない。

つまり大切なのは、
「どんなライフスタイルを築きたいのか」
を考えろということである。

成長の機会を失うな!

そしてさらに、
「そのライフスタイルを
 築く為には何が必要なのか?」

までしっかり考えよう。


そこにお金が必要ならば、
稼ぐ為にはどうすればいいかを考える。

そこに必要なスキルがあるなら、
そのスキルを学ぶ必要がある。


そんな感じで、
「最終的に何をしたくて、
 何が必要で、今何をすべきか」

をしっかりと考えることが必要なのだ。


ちなみに私は基本的に、
起業することをお勧めしている。

それは何故かっていうと、
お金をたくさん稼げるのもそうだし、
自由な生活ができるのもそうだけど、
一番はやっぱり、
「単純にやりがいがあるから」だ。


たとえば、
バイトとかっていうのは、
ハッキリ言ってあまりやり甲斐がない。

それが何故かっていうと、
「自分に仕事の責任が降りかからないから」だ。


簡単に言えば、
どんなに良い仕事をしても、
どんなにヘタをこいても、
もらえる時給は一緒のことがほとんど。

そんな中で、
「一生懸命仕事をするぞ!」
と思うのは難しい。


今は、
学生向けの話だから
バイトを例に出したけど、
これは社会に出た後だって同じだ。

そして、
テキトーにやっていれば、
そこに成長は殆どない。


当たり前だけど、
もしあなたが豊かになりたかったら、
「成長し続けていく必要」
があるわけで。

そん中、
「つまらない」と思いながら
何かに取り組むなんて勿体ないし、
成長する機会も失っているということになる。

好きな事が分からないなら

もし、
あなたに好きな事があるなら
大学を辞めた後は一生懸命、
それに取り組んでみればいいと思う。


だがしかし、

「好きな事がない!」
って人もいるだろう。

私自身も
自分でビジネスを始める前は、
「好きな事」なんてなかったから
その気持ちはよくわかる。


だからこそ、
そんな人にアドバイスを2つしたい。


まず一つ目は、
「いつの間にかやってしまう事を考えろ」
ということだ。


気づけばやっているな、とか
気づけば考えているな、とか

そういう、
「気づけばやっていること」を考えてみよう。


それが、
あなたの好きな事に繋がる事が多いし、
その才能を伸ばせばもっと、
あなたは活躍できるかもしれない。


そしてもう一つは、
「情報をたくさん取れ」
ということだ。


たとえば、
好きな事があったとしても、
「それでどうやって
 メシを食っていけば良いか」

が分からない人がいる。

それは簡単に言えば、
「ビジネス的なスキル」
が足らないからであり、

逆にそれさえあれば、
どんな些細なことでも
ビジネスと結びつけられるようになる。


だからこそ、
普段から情報を
たくさん取るようにする。

本を読んだりとか、
ネットサーフィンでもいい。

情報を取る事に積極的になろう。


そして、
情報をたくさん取ったら
そこで止まらずに、
必ず行動に移すこと。

インプットをしても、
アウトプットをしなければ人生は変わらない。

もっと言えば、
アウトプットをしないのならば、
何もしてないのと一緒である。



私の今があるのも、
ネットビジネスという情報を積極的に取り、
そして実際に行動していったからだ。

情報を取ったら、
必ず行動をするようにしよう。

最後に

いかがだっただろうか?


何事そうだが、
「つまらない」と
思いながら物事に取り組んでも、
それを「楽しい」と思える人には勝てない。


だからこそ、

「みんながそうするから・・・」

※現在募集中の、新企画はこちら
人生】の最新記事
  • なぜ、人は月に癒され、太陽に励まされるのか?(光の幸せ、熱の幸せ)
  • 本を読んでも人生が変わらないのは「ライブ感」が無いから
  • 人生を変える環境へ飛び込む重要性
  • "たまの休みの日に何するか"で仕事の成功が決まる!
  • gazou
    「結果を出す人」に近づく為の5つのステップ
  • パリストン
    ハンターハンター・パリストンから学ぶ"遊戯感覚"の強さ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。