お金
※現在募集中の、新企画はこちら

ーあなたが未だ若かったとして・・・


もし、
あなたが未だ若かったとしたら、
「将来が不安だから貯金をしよう」
という考え方は今日一切やめてほしい。

なぜなら、
「無計画、闇雲な貯金」
人を安心させるどころか、
「人を不安させることすらある」からだ。


そこで今回は、

「え、何で不安になるの?」

という事も含めて、
「将来の不安を埋める為の
 貯金は意味がない3つの理由」

ということで記事をまとめていこう。

特に若い人は必見。

1.銀行に入れると"お金は減る"から

まず、
そもそもの話なんだけど、
銀行にお金を預けていても
「お金なんて減る一方」である。


ここで、
「え、なんで!?」と思う人は、
よくよく考えてみてほしい。


たとえば、
日本の銀行の金利は0.03%とかだ。

これはつまり、
100万円貯金していても、
1年で300円しか増えないということ。


さらに!

あなたもきっと、
時間外とかでコンビニのATMから、
お金を引き出したことがあるはず。

あれって、
100円〜200円とかかかるでしょ?


しかもそれは、
1年に1回とかじゃなく、
1年に何回も利用したりする。

だから、
結局はその度に
お金がドンドン減ってるわけだ。


"これがいかにオカシイ事か"
を例えてみれば、
あなたが友達に
お金を貸していたとする。

そして、
それを友達から返してもらうたびに

「じゃあ、少し手数料引いとくから!」

という風な感じで
お金を取られていくってこと。


つまりは、
「貸していたのにも関わらず、
 お金を少なく返される」

ということ。


普通だったら、
「おい、少ないじゃないか!」
ってなるところだけど、

銀行が相手だと、
そこら辺もよく分からなくなってしまう。


つまり、
お金を預けていても、
基本的には
お金が増える事なんてないどころか、
気づかぬうちに
ジリジリと減っているものなのだ。

2.貯金しても収入は変わらないから

そして、
「将来の不安」というのは、
きっと"漠然としたもの"だと思う。


「ああ、このままで大丈夫かな・・・」

「将来もし、会社が潰れたら・・・」

「将来もし、リストラされたら・・・」

みたいに、
「将来の不安」
というのは感覚的には、
「なんとなく不安」という感じ。


そこで、
「よし、今のうちから貯金をしておこう」
という人が現れるわけだが、
それはあまりにも
「不適切な解決方法」である。


なぜかというと、
「貯金したところで、
 その人のスキルは上がらず、
 収入はほぼ変わらない」

からだ。


念のためもう一度言うと、
「貯金したところで、
 その人のスキルは上がらず、
 収入はほぼ変わらない」


仮にスキルがなければ、
リストラにあったら万事休すである。


そしてたとえば、
毎月3万円貯金している人は、
1年で36万貯めることが出来る。

これは10年で360万円だ。

そこでたとえば
新車を買ったとしたら、
「一気に10年分がパー」になる。


別に恐怖を
煽りたいわけじゃないけど、
仮に大きな病気にかかったら
更なるお金が必要かもしれない。


使い方が下手な人が知るべきお金の3つの基本性質
でも書いた通り、
基本的にお金を増やしたかったら、

お金を留めるのではなく、
「流れを良くする」
必要があるわけだ。


まず、
お金を使って、
お金を使ったら
それ以上にしっかりと回収。

そうしたら、
さらにお金を使って、
さらにそれ以上にしっかりと回収。


「学びて富み、富みて学ぶ」
というように、
そうやってお金の循環を
良くしていく必要があるというわけだ。

3.何もしていないと不安になるから

そして、
人が不安になる時というのは、
「何もしてない時」だったりする。

これはつまり、
「成長している気がしない」
とかがそうだ。


だがしかし、
学びに積極的だったり、
その学びを実行中だったりすると、

たとえ今の貯金額が少なかろうと、
「前に進んでいる!」という風に
エネルギーが漲ってくるのだ。


不安に押し潰されない為には、
「明るい未来、
 出来る自分を信じて、
 行動する必要がある」

ということである。


しかも、
投資金がデカければデカイほど、
「取り返そう」って気持ちも
普通は大きくなるだろうから、
さらにエネルギーが漲ってくるもの。


もちろん、
実際に行動しなければ、
いくら学びにお金を使っても意味はないし、
お金を使って、
「学んだ気」になってるのも危険。


だけど、
結局はお金を使って
スキルを上げたりとか、
良い人と出会ったりとか、
良いモノ使ったり、
身につけたりとか。

簡単に言えば、
お金を目的ではなく、
「手段」として捉えられなければ
循環が起きず、

「お金が入ってくる流れ」

っていうのが
変わらないわけだ。


もちろん、
それだけじゃないんだけど、

入ってくる
お金が変わらないと人は、
やることが変わっていても、

「本当に成長しているのかな」

と不安になるもの。


だからこそ、
お金をガンガン使って、
使った以上に
何がなんでも回収する。


回収できなかったとしたら、
使いっぱなしにしたり、
さらに馬鹿みたいに投資するのではなく、

「何で回収できなかったのか」

をしっかりと考え、反省する。

(これをしないと、
 お金を上手く使えるようにならず、
 一生「搾取」され続ける。)


そうしたら、
お金を使うのをやめるのではなく、
反省点を活かしながら
またお金を使っていく。

そうやってどんどん、
「利回り」を良くしていこう。

最後に

いかがだっただろうか?


個人的には、
「将来が不安だ」
って言う人は、
「まぁ、でもなんとかなる!」
みたいな感じで、未来の為に
行動してない人が多いかなと思う。


でも、
知っておいてほしいのは、
「本当になんとかなる人は、
 普段から学んだり行動している人だけ」

なのだ。


だって、
「なんとかなるでしょ!」
と言って何もしていない人を、
周りは助けたいと思うだろうか?


ぶっちゃけ、
あまり思わないでしょ。


逆に、
今結果が出てなかったとしても、
必死で頑張っている人を、
応援したり、支えたり、
引き上げたりしてあげたいはず。


まぁ、
「最初から他力本願」じゃ困るけど、
必死で頑張っている人には、
なんとしてでも結果を出して欲しい。


だからこそ、
「一瞬でパー」になる
「気休め貯金」よりも、
学びに投資し行動しよう。


続いてこちらも必見。
>>お金へのメンタルブロックを外す非常識な3つの方法

※現在募集中の、新企画はこちら
お金】の最新記事
  • お金
    将来の不安を埋める為の貯金は意味がない3つの理由
  • お金へのメンタルブロックを外す非常識な3つの方法
  • チャンス!
    まず、お金を稼ぐことが重要な理由とは?
  • お金持ちに
    お金持ちになるにはどうしたらいい?
  • 使い方が下手!そんな人が知るべきお金の3つの基本性質
  • お金の使い方がわからない!そんな人が知るべき5つの視点
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。