※現在募集中の、新企画はこちら

アナタは人力車に乗った事があるだろうか?


俺は今までで1回だけあって、
浅草〜スカイツリーまで乗せてもらったことがある。


車夫(人力車を運ぶ人のこと)に聞いたんだけど、
やはりこの仕事は相当きついらしい。

(ちなみに俺はどんな仕事に関わらず、
 サービスを受けてるとときに
 その仕事のことを突っ込んで聞く。笑)

バイトで入ってきて
すぐに辞めちゃう人も多いそうだ。


まぁ気持ちも分かるよね。


まず、人力車自体80kg〜100kgあるらしい。
それに人が2人とか乗るわけで・・・ヤバいね。

そして乗った事がある人は分かると思うけど、
結構あれスピード出すんだよね。

相当な体力が必要なのは言うまでもない。


さらに言えば、
夏とかは死ぬほど暑い。

なんたって、
ジリジリに熱せられたアスファルトの上を
走るわけだからね・・・

想像するだけで汗が出そう。

体力的にキツイのは
もう十分すぎるぐらいに分かったわけだけど、
実はきついのはそれだけじゃないんだ。


実は人力車のバイトって
歩合制のところがほとんどらしい。

だから「接客術」も必要。

いかにお客を呼び込んで
自分の車に乗せるか

観光地(浅草とか)の近くには
自分と同じライバルがたくさんいて
競わなきゃならないわけだ。

そして車に乗せた後も結構大変で
お客さんと上手くコミュニケーションを取らなきゃならない。

回っているところにまつわる知識や
ちょっとした面白い話などをうまく繋いで繋いで
目的地まで楽しんでもらう工夫がヤバい。

(乗った後はアンケートを書かされるので、
 「つまらなかった」って書かかれたら
 クビにされる可能性もあるのかも?)

フツーに考えて、
美容室のスタイリストさんなんかより、
圧倒的に接客術は上なんだよね。
(体力は言うまでもない)


・客を捕まえる営業力
・車を目的地まで運ぶ体力
・相手を楽しませる会話力
・終わっても写真撮影などに応じるサービス力


車夫やってる人は、
相当スゴいビジネスマンだなぁと心底俺は関心した。


でもここで勘違いしないで欲しいのは、
「人力車ブランドありき」ってこと。


どういうことかっていうと例えば

「俺には営業力も、体力も、
 会話力も、サービス力もあるぜ!!
 だから俺の背中に乗ってくれ!!
 1人1000円でどこでも行くぜ!!」

って言っても、
怪しがられて商売にならないってこと。 

超イケメンだったら
女の子が飛びついてくるかもしれないけど、笑

それだって、
「イケメン」っていうブランドありきなわけだ。


「そんなことするわけないじゃん!」
アナタは言うかもしれない。


でも多くの人が生きてる上で(特にネットでの発信で)
そんなことやっちゃってる。


例えば、ジョブズの名言
「Stay hungry, stay foolish」って
言葉がある。


意味は
「ハングリーであれ、バカであれ」って感じ。


これはジョブズが言うから意味を持つわけで。

ホントのバカ(口悪いけど)が言ったって
「ハイハイ」ってなって終わりなわけでしょ?

だから、何が言いたいかっていうと、
「生き様が言葉を活かす」ってことなんだ。

逆に言ってしまえば、
圧倒的な生き様をみせれば
「俺はクソだ!」っていっても
カッコがついちゃうわけ。

だって生き様がそのものがカッコイイんだから。


人力車というのは人力車そのものがブランド、
アナタという人間は生き様そのものがブランドになる。


だから自分が納得して
「カッコイイ」って思える様な
人生を生きてやろうぜ。


まずはそう決意することが大切だと俺は思う。


また、他のバイトについてはこちらも参照
>>飲食店のバイトでは嫌な客との接客が苦痛だった

※現在募集中の、新企画はこちら
ビジネス】の最新記事
  • コミュニティ運営のコツ|組織における5つの発達レベルとは?
  • gazou
    「結果を出す人」に近づく為の5つのステップ
  • 情報発信ビジネスにおける時代を捉える大切さ
  • なぜ、意識高い系の大学生は起業しても結果が出ないのか?
  • 情弱じいちゃん
    ズブズブの情報弱者にならないための対策とは?
  • 幻影旅団
    ハンターハンターの幻影旅団は脆い!その理由と組織の強さ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。