MacBookProとAirを実際に買って比較!
※現在募集中の、新企画はこちら

ーどっちを買ったらいいですか・・・?


たまに、
「今からMacBookを買おう!」
って思っている人から、
そういう質問を受けることがある。


そこで折角だから今回は、
MacBookAir11インチと
MacBookPro13インチを
両方持っている俺が、

「実際どうなの?」

って所を比較していこう。

1.ProとAirの様々な違い

MacBookProと
MacBookAirでは
様々な違いがある。

そこでまずは"数値"で、
2015年現在の違いを
簡単に見ていきたい。

1-1.価格

まず、
「価格」だが、
それぞれの一番安いモデルは

・MacBookAir(11インチ)は102,800円〜
・MacBookPro(13インチ)は148,800円〜


となっている。
(※どちらも税別)


また、
非Retinaの旧モデル
(LEDディスプレイ)だったら、
MacBookPro(13インチ)は126,800円〜だ。


ちなみに、
一番高いMacBookPro(15インチ)は、
フルカスタマイズすると、
364,800円(税別)になる。


1-2.重量(重さ)

次に重さだが、
一番軽い
MacBookAir11インチは1.08kg。

MacBookProで
一番軽い13インチは2.06kg。

実は、
「約2倍」違う。


ちなみAirの方が薄いし、
同じ13インチでも、
実はAirの方が一回り小さい
ということも覚えておこう。

1-3.ディスプレイ

ディスプレイは、
最新のProはRetinaディスプレイ。

一方、
Airは普通のLEDディスプレイ。


詳しくは後述するが、
これはハッキリと違う。

1-4.マシン性能(スペック)

プロセッサ、メモリ、ストレージなど、
いろいろ一括りにして
「スペック」ってことにするけど、
これはやはり、
Proの方が上回っている。


様々なモデルがあるので、
詳しくは「こちら」などで
それぞれのモデルを見比べて欲しいが、

個人的には、
「カスタマイズできる範囲」
というのがポイントだと感じる。


特に、
「メモリ」だ。

MacBookAirは標準で4GB、
最大限にカスタムしても8GBだが、
MacBookProは標準で8GB、
最大限にカスタムすると16GBまで積める。


こちらも詳しくは後述するが、
かなり違ってくるので注意しよう。

1-5.電源の持ち

電池の持ちは、

MacBookAir(11インチ)は最大9時間
MacBookAir(13インチ)は最大12時間
MacBookPro(13インチ)は最大10時間
MacBookPro(15インチ)最大9時間


という、
なんとも覚えにくい形。


まだ、
LEDディスプレイだった時の、
MacBookPro13インチはたしか
「7時間」とかだった気がするが、
最近はそれも長くなったのもポイント。


そして、
ここからが重要である。

2.実際にどちらも買って比較!

数値はググれば分かる。

だから大切になるのが、
「実際の使用感はどうなのよ?」
ってとこだろう。

そこで今回は、
MacBookAir11インチと
MacBookPro13インチ
(Retinaディスプレイ)の
両方所持している
俺が、
MacBookProとAirを実際に買って比較!
(↑並べてみた)

実際に感じる
1.重さや持ち運び時の違い
2.RetinaとLEDディスプレイの違い
3.動作の違い

を比較して、

「結局どっちがいいの?」

っていう結論を導いていこう。

2-1.実際に感じる重さの違い

まず、重さだ。

これは
「約2倍違う」ということだったが、
正直MacBookPro13インチは、
そこまで重いとは感じない。


Proを
普段持ち歩いていて、
たまにAirを持ち運ぶと、
「あ、やっぱ少し軽いかな?」程度。

Airを
普段持ち歩いていて、
たまにProを持ち運ぶと、
「あ、やっぱ少し重いかな?」程度。


なので、
「最大限に軽いのを最重視する!!」
っていう人以外は、
Proの13インチでも
余裕で持ち運べるので安心して欲しい。


2-2.実際に感じるディスプレイの違い

そしてディスプレイだが、
これはやっぱり、
「明らかに違う」

ProのRetinaディスプレイは
めちゃめちゃ鮮明だし綺麗。


そして何よりも、
「目が疲れにくい」というのが
個人的なポイントだ。


Airの11インチだと、
画面も小さいし、
LEDディスプレイだから、
どうしても目が疲れやすい。


しかしながら、
Pro13インチだと、
画面もそれよりは大きいし、
Retinaだから綺麗で疲れない。


目は悪くなったら、
なかなか良くするのは難しい。

そういうのも含めて、
結構大きなポイントかなと思う。

2-3.実際に感じる動作の違い

これはブログを書いたり、
YouTubeで動画を見たり、
ネットサーフィンをするくらいだったら、
ほぼ変わらない。


しかし!

動画等を編集する時には、
「圧倒的な時間の差」
生まれるので注意しておこう。

長い動画であればあるほど、
エンコード時間に
2倍,3倍と違いが出てくる。



だから、
動画やらを編集する人の場合は、
必ずProを買って
メモリを16GBまで積んでおこう。



ネットビジネスで考えれば、
ブログを頑張っている人はAirで十分。

YouTubeを頑張っている人や、
情報発信等で動画を撮って作る人は、
「MacBookPro」
という感じになるだろう。

3.結論:決断する2つの基準

結論としては、
以下の2つの基準で決めると良いだろう。

3-1.お金に余裕があるのか

お金に余裕があるならば、
迷わずMacBookProの
Retinaモデルを購入だ。



理由としては、

・重さもそこまで変わらない
・電源の持ちも改善された
・Retinaディスプレイ
・メモリも16GBまで積める
・動画編集もお手の物


からである。


お金がに余裕がない場合は、
以下の基準が大切になってくる。

3-2.動画等を編集するのか

動画等を編集するならば、
MacBookProを購入し、
メモリを16GBまでにカスタマイズ!


本当に編集にかかる
時間が何倍も違うので、
ここは大きなポイントになる。

時間は命なわけだから、
お金よりも大切でしょ、やっぱり。


なので逆に、
動画等を編集しない場合は、
Airで全然問題ない。



もし仮に、
「数分の動画くらいだったら、
 もしかしたら編集するかも・・・」

という場合ならば、

Airだとしても
メモリを8GB増設にしておくと、
幾分かは編集時間がマシ
になる。

最後に

いかがだっただろうか?


色々と比較したがまとめると、
・お金に余裕があるなら迷わずRetina搭載のPro!
・ネットサーフィンをするだけならAirでもOK

この2点に限られるだろう。


ちなみに基本的に
メモリを増設することを
オススメしているが、
そのようなカスタマイズモデルは
通常は店頭で買えない。



なので、ネットで注文して、
1週間くらい待たなければならないが、

実は!

”とある場所”にいけば、
即日で買って持ち帰り、
その日から使えること
あなたはご存知だろうか?
>>MacBookProやAirのカスタマイズ品を店頭で買

※現在募集中の、新企画はこちら
ツール】の最新記事
  • ゴリラゴリラゴリラ
    意外と知らないiPhoneの使いこなし術10選(小技・ウラ技)
  • maccollection
    MacBookProやAirのカスタマイズ品を店頭で買う方法
  • MacBookProとAirを実際に買って比較!
    MacBookはProとAirどっちがいいのか実際に買って比較!
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。