7
※現在募集中の、新企画はこちら

ーアドセンスがクリックされない・・・

そんな時に見直したいのが、
今回紹介する7つのポイントだ。


この記事を読んで、
自分のブログやサイトに
足りないところを補って貰えば、
確実にクリック率は上がるだろう。


と、いうわけで早速、
「アドセンスがクリックされない時に見直すべき7つの要点」
を詳しくまとめていこう。

1.効果測定期間は適切か?

まず、最初に考えたいのは、
「効果測定期間は適切なのか?」
ということ。

これは、
ぶっきらぼうな言い方をすれば、
「クリック率うんぬん言う程にPVがあるのか?」
ということである。


やはりPVやアクセスが無い状態だと、
クリック率というのは上下しやすくなり、
なかなかデータを取りづらくなる。

もし、あなたのブログが
「1日に1000PV以下」だとしたら、
まず1日のクリック率を考えるのはやめよう。


じゃあ、
どうすれば良いかというと、
「検証する期間」を長くすればいいのだ。

たとえば、
1日200PVのブログだったら、
一週間で1400PVになるわけだから、
1日1日のクリック率で一喜一憂するのではなく、
1週間ごとに計測して広告のテストをすれば良い。

200PVよりも
アクセスが集まらないならば、
検証期間を2週間,1ヶ月...のように
長くすれば良いだけだ。


なのでまずは、
「検証(効果測定)する期間」
適切に設定することから始めよう。

2.広告を貼る位置は適切か?

そして次に考えたいのが、
「広告を貼る位置は適切なのか」
ということだ。


さらに、
ここで着目すべき点は、
「あなたのブログはどの端末で見られてるか」
ということ。

なぜならば、
PCユーザーにクリックされやすい配置と、
スマホユーザーにクリックされやすい配置は
大きく異なるからである。

ちなみにそれは、
GooglenAlytics」から、
「ユーザー」→「モバイル」→「サマリー」で確認できるぞ。

Googleアナリティクスで端末を確認する方法

そして、あなたのブログが
パソコン(デスクトップ)から
よく見られている場合は、
以下のような配置にする。

PC(デスクトップ)向けの最適なアドセンス広告を貼る位置

逆に、
スマホ(モバイル)から
よく見られている場合は、
以下のような配置にする。

スマホ(モバイル)向けアドセンス広告を貼る位置

(※今の時代、殆どのブログがこっちになるはずだ。)


これだけで
クリック率は上がるので、
実際に試してみてほしい。


詳しい貼り方については、
WordPressを使っている場合は
以下のプラグインなどを使うと便利だ。
>>PostSnippetsで記事中にadsense広告を半自動表示させる方法

3.広告サイズは適切か?

次に考えたいのは、
「広告のサイズが適切かどうか」だ。


これは単純に、
「広告サイズが大きい方がクリックされやすい」


そこで登場するのが、
「レクタングル大(336×280)」だが、
これではiPhone5などの、
画面が小さい端末では広告が途切れてしまう。

今の時代、
スマホユーザーが多いことから、
そういう配慮も必要なのだ。


そこでオススメなのが、
「レスポンシブ広告」を貼るということ。

これは、
ユーザーの端末に合わせて、
googleが広告のサイズを
自動で調整してくれる優れものだ。


しかし、

この
「レスポンシブ広告」には
1つだけ注意点がある。


それが、
「手動で広告コードを書き換える必要がある」
ということだ。


なぜかというと、
アドセンスの設定画面から、
レスポンシブ広告を取得すると、
広告のサイズが
「auto」になっている。

しかし、この場合はなぜか、
横長のバナー広告が表示されてしまい、
クリック率を上げるという観点からは
適切な広告ではなくなるのだ。


なので、
広告を取得する際に、
「auto」という所を、
「rectangle」という風に手動で書き換える。

そうすると、
適切で大きな広告が表示されるので
クリック率がアップするぞ。


広告取得から、
手動でコード書き換えの手順は、
以下の記事の
「3つ目の見出しの部分」でも紹介しているので、
不安な人は一度見ておくと良いだろう。
>>収益2倍!アドセンス広告を貼る場所と貼り方

4.テキスト広告とリンクの色は同一か?

そして次に考えたいのが、
「テキスト広告とリンクの色は同一か?」
ということだ。


これを同一にすることで、
広告がより自然にコンテンツに溶け込み、
クリック率がアップする。


これはGoogleが公式で、
「テキスト広告とリンク色を一致させましょう」
とも言っている通りなので間違いない。


ちなみに、
変更する手順は以下の通り。

まず、アドセンス画面の
「広告設定」から変更したい広告を選択。

テキスト広告とリンク色を一致させる

そうしたら、
「テキスト広告のスタイル」を選択しよう。

テキスト広告とリンク色を一致させる

そうすると、
自由に色が選べるようになるので、
ブログの色と同一にして、
うまく広告を溶け込ませていこう。

テキスト広告とリンク色を一致させる
ちなみに変更すべき所は、
「タイトル」という所だけで概ねOKだ。

編集が完了したら保存して終了。


ちなみに、
自分のブログやサイトの
リンク色が分からない場合は、

ColorPick Eyedropper
というアドオンを入れると、
ブラウザ上にあるもの全ての
色のコードを取得することが出来る。

ColorPick Eyedropper

これは便利だし、
一発で色のコードが分かるので、
使うことをオススメする。

5.コンテンツと広告に無駄な空白は無いか?

そして、
案外盲点となるのがここだ。

ズバリ、
「コンテンツと広告の間の無駄な空白」である。

これがあると、
広告がうまくコンテンツに馴染まず、
クリック率が下がってしまうので注意しよう。



分かりやすく図解すると、
ダメなのは以下のような形である。

アドセンスのクリック率を上げる為に文章と広告の無駄な空白に注意

無駄な空白によって
コンテンツと広告が
間延びしてしまっている。


理想は以下のような形だ。

アドセンスのクリック率を上げる為に文章と広告の無駄な空白を埋める

こうすることで、
自然な形で広告がコンテンツに溶け込むので、
クリック率が上がることに繋がっていく。

しっかりと見直してみよう。

6.無駄な画像は多くないか?

そしてもう一つ盲点となるのが、
「コンテンツの中に画像が多すぎないか」
ということだ。

特に、
これはPCユーザー向けの話になるが、
サイドバーに画像が多すぎると、
広告のクリック率を大きく下げるので注意
しよう。


これは何故かというと、
あまりにも画像が多すぎると、
ユーザーの注目が様々な所に分散してしまい、
広告にあまり目を向けてもらえなくなるからだ。


スマホユーザー向けには、
記事内に画像を使いすぎない
ということになるが、
こちらも案外盲点の部分なので、
あなたのブログを見直してみよう。

7-1.押さえておきたい注意点

そして最後に、
アドセンスは規約が厳しいので、
特に注意すべき点7つを
一口コメント付きで簡単にまとめておく。

7-1.スポンサーリンクor広告というラベルを入れる

「これは広告ですよ」
というのをユーザーに示すために、
広告の上には必ず、
「スポンサーリンク」or「広告」
というように手書きで記述しよう。

これが無いと規約違反となり、
広告収益の無効化や6ヶ月間停止という
恐ろしいペナルティが待ち受けている・・・

7-2.自己クリック、依頼クリックの禁止

広告を自分でクリックしたり、
知人にクリックしてもらうのは禁止。

お金を払って広告を出している、
広告主の気持ちを考えよう。

7-3.アドセンス広告は原則3つまで

アドセンス広告は、
3つまでしか貼ること
出来ないので注意しよう。

※特別なパートナーシップ契約を
結ぶと広告を8つまで貼れるようになるが、
これは完全にインビテーション制なので
自分ではどうすることも出来ない。

7-4.スマホ表示では1画面1広告まで

スマホで自分のブログやサイトを見たときに、
1画面に2つ以上アドセンス広告が表示されるのはNGだ。

「1画面1広告」を意識しよう。


普段編集にはPCを使うだろうから、
これは案外ミスりやすいので注意。

7-5.さまざまな禁止コンテンツに注意

アドセンスは、
アダルトはもちろん、
本当に禁止コンテンツが多い。

これについては一度、
公式ポリシー」を必ず見ておこう。

7-6.動画を埋め込む際は特に著作権に注意

禁止コンテンツの中に、
著作権の侵害があるが、
現時点で著作権は親告罪なので
実質は殆どアウトになることはない。


しかしながら、

ブログに例えば、
テレビなりの動画を埋め込むと、
それが著作権侵害で消されたときに、
一緒にGoogleアドセンスからも
アウトを食らうので要注意。



動画は基本的に、
新しいウィンドウでnofollow属性をつけて
貼ることをオススメだ。

※詳しくは以下を参照
>>nofollowの書き方と半自動化させるWordPreesプラグイン

7-7.サイドバー追尾は禁止

あとは、
アドセンス広告を貼った
サイドバーを固定したり、
追尾したりするのもNGなので注意。


これについては、
アドセンス以外の広告ならば概ね大丈夫だ。

最後に

いかがだっただろうか?


上記の要点を
自分のブログと照らし合わせて
改善できそうな所はしっかりやろう。


全て完璧にこなせば、
0,1%アップどころか
クリック率が倍になる可能性だってある。

それはすなわち、
収益が倍になるということだから、
面倒だとしてもしっかり改善していこう。


また、
ブログで稼ぐ方法は
GoogleAdsenseだけじゃないので、
以下の記事も一度、
目を通しておくことをオススメする。
>>ブログで稼ぐ4つの方法とそれぞれのメリット&デメリット

資産ブログを開設して稼ぐまでの全手順を簡単かつ丁寧に

※現在募集中の、新企画はこちら
  • 2017年最強のWordPress有料テーマ、Diverが凄すぎる。特典で新企画にご招待!
  • AdRotateの使い方 | WordPressで広告やCTAのA/Bテスト!
  • 7
    厳選!アフィリエイトブログ向けASP7選とその特徴
  • ボリューム
    キーワードプランナーの月間平均検索ボリュームと選定法
  • アフィリエイト等におけるライバルチェック10のコツ!
  • アフィリエイトで稼げないと挫折する前に確認したい事7選
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。