※現在募集中の、新企画はこちら

ー高度かつ分かり易い認証システム・・・


それが、
Googleが提供している
「reCAPTCHA」であるが、
それが、WordPressプラグインの
「Contact Form 7」にも最近適用された。


そこで今回は、
その設定方法を丁寧かつ簡単にまとめていこう。


reCAPTHCAアカウント登録

前提として、
「Contact Form 7」をインストールし、
有効化しているとして話を進めていく。

※していない場合
>>WordPress!お問い合わせフォームと迷惑メール対策
>>ワードプレスプラグインをの導入方法

まず、ダッシュボードで、
「お問い合わせ」
⇒「コンタクトフォーム」
⇒「コンタクトフォーム1」

を開く。
コンタクトフォーム
そうしたら、
「reCAPTHCA」という部分があるのでクリックし・・・
contactform74.3 reCAPTHCA 設定
「reCAPTHCA」のリンクを踏む。
contactform74.3 reCAPTHCA 設定
そうすると、
そのページの中段に、
「reCAPTCHA 管理ページ」があるので、
ここをクリックし、アカウントを登録していく。
reCAPTCHA  アカウント登録
以下のような感じで入力すればOKだ。
reCAPTCHA  アカウント登録
登録後は、
「Keys」というところを開くと、
「Site key」「Secret key」が出るので、
これをコピーしておこう。
reCAPTCHA  キー
そうしたら、
今度はそれをプラグイン側に設定していく。

reCAPTHCAを導入する

まず、
「お問い合わせ」
⇒「インテグレーション」
を開く。
contactform7 インテグレーション
「キーを設定する」を選択し・・・
contactform7 インテグレーション
先ほど、
コピーしたキーをペーストして保存。
contactform7 reCAPTCHA  キー

そうしたら、
コンタクトフォームに戻って・・・
コンタクトフォーム
「reCAPTHCA」を押すと、
表示が変わっているはずなので、
それを任意の場所に「挿入」しよう。
contactform7 タグを挿入
これで設定は完了。
contactform7 reCAPTCHA
実際の表示をみてみると、
しっかりとチェックボックスが追加され、
それにチェックを入れると・・・
ロボット
このように画像認証システムが登場するはずだ。
reCAPTCHA  画像認証
※以下、注意点。
注1:管理者としてログインしていると、表示されない場合がある
注2:キャッシュが更新されていないと、表示されない場合がある
>>WordPress!CSSが反映されない時に見直すべきプラグイン

これで設定は完了だ。

最後に

いかがだっただろうか?

この設定をすることで、
アップデートされた
「ContactForm7」でも、
しっかりと認証を導入することが可能だ。

ぜひぜひ、参考にしてやってみてほしい。

他のWPプラグインについては、
一度以下を参照しておこう。
>>SEOを意識したワードプレスプラグインを導入しよう!

資産ブログを開設して稼ぐまでの全手順を簡単かつ丁寧に

※現在募集中の、新企画はこちら
WordPress】の最新記事
  • 2017年最強のWordPress有料テーマ、Diverが凄すぎる。特典で新企画にご招待!
  • AdRotateの使い方 | WordPressで広告やCTAのA/Bテスト!
  • バス停で一人待つ男
    たった1分で!WP External Linksの最適な設定方法
  • 子豚さん
    nofollowの書き方と半自動化させるWordPreesプラグイン
  • 虎
    PostSnippetsで記事中にadsense広告を半自動表示させる方法
  • ContactForm7のreCAPTCHA設定方法を丁寧かつ簡単に
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。