親子
※現在募集中の、新企画はこちら

ー相談できないのは性格の問題じゃない・・・

これが最近、
俺が思っていること。


よく、
「なかなか人に相談できないんですよね」
って言う人がいるし、
俺自身もどちらかというとそっちのタイプ。

で、昔は、
「自分はそういう性格なんだ」と思ってたし、
同じように思っている人も多いかもしれないけど、
「それって違うな」って最近気づいたんだ。


だから今回はそんな話。

「相談できないタイプ」の人は集中して読んで欲しい。


「相談できないのは性格のせい」という誤り

相談をするとラクになるし、
相談をすることで次の成長を見込めるようになる。

だけど中には、
「なかなか相談できなくて・・・」と、
悩みを抱え込んじゃってる人もいるはずだ。


そこで多くの場合は、
「あぁ、気軽に相談できる"性格"になれたらな」
なんて思うわけだけど、
たしかに性格面も多少はあるだろう。


自分が心を開かなければ、
いくら相談してもそれが自分の中に入ってこない。

だから、
「素直になり、自分から心を開く」というのはたしかに一理ある。


だけど俺は、
もっと大切なことがあると思う。

それは「相手」だ。


もっと言えば、
「相手が向き合ってくれているかどうか」がとても大切で、
真剣に自分と向き合ってくれる人がいれば、
普段はなかなか相談できない性格だとしても、
その人にはすんなり相談できたりするもの。

実際、そういう人に対しては
「心を開こう」と意識する間もないまま、
勝手に心が開いて喋りはじめてたりするからね。


だからこそまず大切なのは、
「向き合ってくれる人」を見つけるということだ。

さらに具体的に言えば、
「あなたの人生を真剣に考えてくれる人を探す」ということ。

これがめちゃめちゃ大切だし、
そういう人の存在があなたの人生を大きく前に進めていく。


そしてここで、
「じゃあ、親とかだったら真剣に考えてくれるんじゃないの?」
みたいに思う人もいるかもしれない。

果たしてこれはどうだろうか?

身近な人を諦める

最近いろんな人に相談を受けるけど、
「ビジネス以外で」という条件をつけたとしたら、
「人間関係」による相談事がかなり多いなと感じる。


たとえば、若い人によくある
「将来やりたいことがあるけど、親に反対されていて・・・」
という相談は一見、
「将来」とか「自分の未来」についての相談事に見える。

だけど、
悩む一因となっているのは、
「親の反対」という部分のはず。

もしここで親が、
「オマエなら出来る!頑張れよ!」
って背中を押してくれたとしたら、
こういう相談事ってこないわけだからね。


そして実際、
こういう相談って本当に多いんだけど、
多くの親って案外、子供と向き合えてないんだよね。

もちろん、
全員が全員、100%そうではないけど、
親が我が子の立場に立って真剣に考えたりとかしないで、
自分のエゴを子供に押し付けちゃったりとかホント多いし。

だから、こういうのってもはや普通で、
もう諦めた方が良いんじゃないかなとも思う。


つまり、
「親からのポジティブな助言は諦めろ」ってこと。

だって、
ずっとこのまま親に相談したって前に進まないし、
むしろ親の言いなりの人生になってしまうでしょ?


それに、親が、
「オレは子供と向き合えてなかったんだ!」なんて自覚することって、
誰かに何か言われるようなことがなきゃほぼ無いからね。


もちろん最終的には、
お互いが向き合えるのが理想なんだけど、
それってすごいエネルギー使うし、
今それどころじゃない人もいるだろうから。

親との問題を抱えてる人は、
以下の記事も読んでおくと良いだろう。
>>確実に親からの依存を断ち切る3つの方法


そして、
相談を受けるときより成長する為に、
分かっておいた方が良いことがある。

相談する前に「答え」は決まってる

ぜんぶがぜんぶ、とは言わないけど、
「相談事」っていうのはだいたい、
相談前に既に答えが
相談者自身の中で決まってることが殆ど。

だから相談っていうのはいわば、
「確認作業」みたいなもんなんだよね。


多くの人は、
既に決めてある答えの方に背中を押して欲しい。

つまり、
「自分の選択はイケてんのか、イケてないのか確認したい」ってこと。


これは、
俺が誰かに相談するときだってそうだし、
別に良い悪いとかじゃなくそういうもんなんだ。


そして、
その上で分かっておいて欲しい重要な事は、
「結局全ては自分の責任」だってこと。

いつも言ってることだけどね。


誰かに相談をして、その通りにして、失敗した。

これが誰の責任かっていったら、自分の責任でしょ。

だって、相談したとしても、結局決めたのは自分なんだから。


こういう風に考えるからこそ、
人生を他人のせいにしなくなって、より成長することができるし、
責任を他人に転嫁した瞬間から、
変な人とか明らかにおかしいだろって情報に翻弄されやすくなる。


相談はあくまで確認であり、
決めるのは結局自分自身だし、
その責任も自分自身にある。

この意識を持つことで、
より成長できるようになるだろう。

最後に

いかがだっただろうか?


今回の話をまとめると、

・相談できないのは性格は無関係で相手次第だということ
・身近な人間が向き合ってくれているとは限らないということ
・相談をしても結局決めるのは自分自身だということ


こんな感じになるだろう。


あなたがより成長したかったら
しっかり向き合ってくれる人相手に
ガンガン相談していったらいい。

その上で自分がしっかりと決めていこう。


続いてこちらも必見
>>嫌いなアノ人との付き合い方

※現在募集中の、新企画はこちら
人間関係】の最新記事
  • 自分が毒親だと気づいたら何をすべきか?
  • コミュニティ運営のコツ|組織における5つの発達レベルとは?
  • 社会人になっても過干渉な親を「卒業」させてあげるには?
  • 他人には一切、期待しない。なぜ?
  • 親子
    「相談できない」は性格と無関係。向き合ってくれる相手を探せ
  • 職場でも使える!一見不埒な嫌いな人との付き合い方
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。