map
※現在募集中の、新企画はこちら

ーサイトマップの送信・・・

これをすることで、
検索エンジンに、そして訪問者に
より効果的にサイトの情報を伝えられる。


正直、
「これで検索順位が上がる!」
というような爆発的なものではないが、
やっておいて損はない設定なのでやっておこう。


サイトマップとは

まず、サイトマップには2種類ある。

それは、
1.検索エンジン用のサイトマップ
2.訪問者用サイトマップ

この2つだ。

検索エンジン用サイトマップは、
「XLMサイトマップ」と呼ばれ、
これを送信することで、
インデックス速度をは早めたりなど、
より効果的に検索エンジンに情報を伝えられるようになる。


一方で、訪問者用サイトマップは
このサイトで言えば以下のページのこと。
>>訪問者用サイトマップ

これがあると、
訪問者にとっては便利なので作っておくと良いだろう。


どちらも、
プラグインを入れることで簡単に設定できるので、
以下を見ながら一緒にやっていけば大丈夫だ。

1.検索エンジン用サイトマップの作成

まず、検索エンジン用のサイトマップだ。

これは、
「Google XML Sitemaps」というプラグインを導入し、
ウェブマスターツールでサイトマップを送信すればOK。

手順は以下より。


※また、検索エンジン用サイトマップは
「All in One SEO Pack」を入れてる場合、
そちらでも設定できるので以下を参照。
>>3分で!All in One SEO Packの最低限の初期設定

1-1.Google XML Sitemapsを導入

まずはプラグインを導入し有効化しよう。


公式プラグインなので、
「プラグイン」⇒「新規追加」から
「Google XML Sitemaps」と検索すれば出てくる。

ここら辺の手順が分からない場合は、
ワードプレスプラグインを導入しよう!
を見れば解説してあるので欲しい。

1-2.XMLサイトマップを送信

導入し有効化できたら、
ウェブマスターツール」にいこう。

※現在募集中の、新企画はこちら
WordPress】の最新記事
  • 2017年最強のWordPress有料テーマ、Diverが凄すぎる。特典で新企画にご招待!
  • AdRotateの使い方 | WordPressで広告やCTAのA/Bテスト!
  • バス停で一人待つ男
    たった1分で!WP External Linksの最適な設定方法
  • 子豚さん
    nofollowの書き方と半自動化させるWordPreesプラグイン
  • 虎
    PostSnippetsで記事中にadsense広告を半自動表示させる方法
  • ContactForm7のreCAPTCHA設定方法を丁寧かつ簡単に
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。