start
※現在募集中の、新企画はこちら

ーなかなか検索上位に来ない・・・

特にブログを始めたばかりだと、
そういう風に悩む人も多いはずだ。


そこで今回は、
その悩みをなるべく軽減する方法を伝授する。

これはいわゆる、
「初期SEO対策」ってやつだ。


今回でこの、
「初期SEO対策」をマスターして
序盤戦からしっかりとブログのアクセスを確保してほしい。


それでは、早速いこう。

初期SEO対策とは?

まず、
「初期SEO対策とは何か?」ということについて、
簡単に解説していこう。


さっきも言ったとおり、
特に独自ドメインで作ったばかりのブログは、
なかなか検索の上位を獲得することができない。

それは、
まだブログの"SEOパワー"が少ないからだ。


ちなみに、
SEOパワーというのは主に、
・各コンテンツの質(直帰率や滞在)
・被リンクの獲得数
・コンテンツボリューム

などが主となって形成している。


※SEOの基礎知識を学びたい人は以下を参照
>>ブログの検索順位を上げる3大要素とは?

※※最近は特に、
「各記事の質(直帰率や滞在)」が重要視されているので、
以下の記事を一度は必ず見ておくことをオススメする。
>>SEO対策!滞在時間を伸ばす10のポイントとは?


初期はこれら、
特に被リンクはゼロのことが殆どなので、
これらをなるべく自然な形で獲得するのが、
今回紹介する初期SEO対策になる。

(コンテンツボリュームや質については、
 自分でどんどん更新していくしかない。)


それでは、
さっそくその方法を2つ紹介しよう。

初期SEOの主な2つ方法

その方法は主に2つある。

それは、
1.ブログランキング登録
2.SBMに登録


この2つである。


まず、ブログランキングは、
1-1.人気ブログランキング
1-2.ブログ村

この2つに登録することがオススメだ。


実際ここに、
被リンク効果があるのかは意見が分かれているが、
ブログランキングに登録することで
そこからアクセスを呼べるというメリットもあるので、
参加しておくこと自体に特にデメリットはない。

なので、
とりあえず新しいブログを作ったら、
ブログランキングに登録しておこう。


そしてもう1つは、
SBM(ソーシャルブックマーク)の登録だ。


ソーシャルブックマークサービスは、
PCのブラウザのブックマーク(お気に入り)ではなく、
ネット上にブックマーク(お気に入り)管理をすることが出来る。

(つまり、PCやブラウザが変わったとしても、
 このサービスを利用すればお気に入りを見る事ができる)


特に登録すべきなのは、
2-1.はてなブックマーク
2-2.楽天ソーシャルニュース


この2つ。


これらには被リンク効果があるので、
最初のうちはこれらを有効に活用していこう。

1.人気ブログランキングの活用法

それではまずは、
ブログランキングからだ。

ブログランキングの活用法は、
それぞれのブログランキングに登録し、
ping送信(更新通知)を設定するだけだ。

簡単に見ていこう。

1-1.人気ブログランキング

まずは、
人気ブログランキング」へアクセス。

そうしたら、
「新規登録」を押して・・・
人気ブログランキング登録
「今すぐ人気ブログランキングに参加する!」をクリック。
人気ブログランキングに参加する
そうしたら各項目を入力し、
人気ブログランキング確認画面
確認したら登録しよう。
登録
これで登録はOKだ。


登録が完了したら、
ping送信を設定しよう。


まず、ping送信の設定のために、
「マイページ」を開き、
「Ping送信先URL」をコピーしよう。
ping そうしたら、
WordPressの方にいき、
「設定」⇒「投稿設定」をクリック。
スクリーンショット 2015-08-10 22.34.12 そうしたら一番下までスクロールし、
「更新情報サービス」のところに先ほどのURLをコピー。
スクリーンショット 2015-08-10 22.39.27「変更を保存」で完了だ。

1-2.ブログ村

次にブログ村だ。

まずは、
ブログ村」にアクセス。

下にスクロールし各項目を入力後、
「ご利用規約に合意して確認」をクリック。
確認
そうしたら「登録」で完了だ。
登録
ブログ村の場合は新規登録の場合、
ここからブログの審査があるので、
審査通過メールが来るまで少し待とう。


その後、審査が追加したら、
ping送信の設定をしよう。


まず、
「マイページ」⇒「記事反映/Ping送信」を選択し、
専用Ping送信先URLをコピーしよう。
ブログ村ping そうしたら先ほどの要領で、
WordPressの方にURLをペーストでOKだ。

2.SBMの活用法

次は、
SBM(ソーシャルブックマーク)だ。


ブログランキングの場合は、
登録したらping送信設定を済ませるだけだったが、
SBMの場合は1記事ごとに対策していく必要がある。

そこら辺も含めてみていこう。

2-1.はてなブックマーク

まずは、はてなブックマーク(はてブ)だ。

はてブを使うためには、
アカウントを登録する必要がある。

まずは、
はてなブックマーク」にアクセス。

そうしたら、
「ユーザー登録」をクリック。

その先で各種情報を入力し、確認して登録。
はてブ
登録したメールアドレスに、
確認メールがきているのでそれで確認したらOKだ。
URL
登録が完了したとして、ここからは活用法だ。

まず、活用する場面は、記事を投稿した後である。

記事を投稿したら、
自分で自分の記事を以下の手順でてブしよう。


まず、
記事に設置してある、"はてブボタン"をクリック。
スクリーンショット 2015-08-11 9.44.13 そうしたら、
「追加」を押せば完了。
ブックマーク
(コメントなどは特に不要である)

ね、簡単でしょ?


ちなみに、
「自分でブックマークしていいの?」等の
セルフブックマークについての考え方は、
以下の記事を参照にしてほしい。
>>被リンクのSEO効果とペナルティ(事例付き)

2-2.楽天ソーシャルニュース

まずは、
楽天ソーシャルニュース」にアクセス。


楽天ソーシャルニュースについては、
楽天市場、Facebbok、Twitterのアカウントがあれば、
利用規約に確認するだけで簡単に登録できるので、
ここから使い方について書いていく。


まず、記事を投稿したら、
画面右上の投稿マークをクリック。
投稿マーク
次の画面では、
記事のURLを入力し「シェア」を選択して次へ。
スクリーンショット 2015-08-11 10.04.33 そうすると、
入力項目が沢山出てくるので、
適当で良いから全部埋めて「投稿」で完了だ。
投稿する

初期SEO対策の注意点

初期SEO対策の注意点としては、
SBMをあまりたくさんやりすぎないということだ。

なので、
せめて1日1回とかにしておこう。



たとえば、1日3記事更新している人は、
「とりあえず一つの記事だけSBMに登録する」とか、
「はてブに1つ、楽天に1つにする、残りはしない」とか。



やりすぎてしまうと、
Googleの手動、自動ペナルティーを受けやすくなる。


特に、
「ちゃんとした記事を書いてるはずだし、
 キーワードも詰め込みすぎてないのに!」
って時に
検索圏外に飛ばされた場合は、
"対策のやりすぎ"が影響していることが考えられる。



そういう部分も含めて、
以下の記事はやっぱり見ておくことをオススメする。
>>被リンクのSEO効果とペナルティ(事例付き)

Q,初期SEO対策はいつまでやるべき?

そして、よくある質問が、
「初期SEOはいつまでやるべきか?」ということだが、
これはブログの種類にもよるが、
PVが2000を超えたらもうやらなくても良いだろう。


もちろん、ニッチなブログだったり、
元々そこまでアクセスが期待できないブログの場合は、
「最初の数ヶ月だけ」とか
「最初の数記事だけ」みたいに、
臨機応変に対応することも必要。

なので、2000PVという数字は、
あくまで目安の1つとして考えよう。


また、最初から狙ったキーワードで
上位表示出来てる場合は特にやる必要はない。


なぜなら、その状態でやっても
ペナルティーを受けるリスクが高くなるだけだからだ。


最近は、
ドメイン取得してすぐでも上位表示させやすくなっているので、
「必ずどんなサイトもやるべきだ!」というわけではない。

そこら辺も臨機応変に対応していこう。

最後に

いかがだっただろうか?


これで初期SEO対策については万全なので、
あとはコツコツかつ淡々と、
量質なコンテンツを投下していこう。


今後の基本的なSEOについては、
以下にまとめてあるのでしっかりと見ておこう。
>>情報発信ブログはコンテンツSEOを意識しよう

資産ブログを開設して稼ぐまでの全手順を簡単かつ丁寧に

※現在募集中の、新企画はこちら
  • 2017年最強のWordPress有料テーマ、Diverが凄すぎる。特典で新企画にご招待!
  • AdRotateの使い方 | WordPressで広告やCTAのA/Bテスト!
  • 7
    厳選!アフィリエイトブログ向けASP7選とその特徴
  • ボリューム
    キーワードプランナーの月間平均検索ボリュームと選定法
  • アフィリエイト等におけるライバルチェック10のコツ!
  • アフィリエイトで稼げないと挫折する前に確認したい事7選
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。