※現在募集中の、新企画はこちら

ーあれっ、おっかしいなぁ・・・

って感じで、
「CSSを編集したのになかなか反映されなーい!」
なんてことがある。


あとは、PCでは反映されたけど、
スマホ表示では反映されないとかもあるしね。


そこで今回は、
WordPressでCSSを編集した時に、
反映されない原因を追求していこう!


そもそも、反映されない原因とは?

まずそもそも、
「CSSが反映されない原因は何なのか」というと、
大抵は"キャッシュ"のせいである。


このキャッシュっていうのは、
いわゆる「記憶装置」みたいなことだ。

英単語を一度覚えればすぐ出てくるように、
ページのソースコードをキャッシュで記憶しておけば、
次にそのページを表示した時に
時間をかけずに表示出来るってわけ。


まぁ、詳しく分からなくても問題ないけど、
とりあえずキャッシュってやつが原因だから、
CSSを変更したら1回キャッシュを削除する必要がある。


そして、ここからが重要。

WordPressにはキャッシュ系のプラグインがあるから、
ウェブブラウザのキャッシュを削除したとしても、
プラグインでのキャッシュが残っているが故に、
変更したCSSが反映されないという事が起きるのだ。



まぁ、よく分からなくても、
ここから解決策を提示していくので、
その通りにやればしっかりと反映されるようになる。


では早速、解決策にいこう。

このWordPressプラグインを見直せ!

キャッシュ系のプラグインで使っている人が多いものは、
・Head Cleaner
・W3 Total Cache
・Autoptimize

だいたいこの3つだと考えられる。
(参照:SEOを意識したワードプレスプラグインを導入しよう!

そこで今回は、
この3つのプラグインにおいて、
キャッシュを削除する方法を提示しておこう。

1.Head Cleaner

まず、
「設定」から「Head Cleaner」を選択。
キャッシュファイル削除 そのまま下にスクロールしていくと、
「キャッシュファイル削除」という項目があるので、
「削除」で完了だ。

2.W3 Total Cache

まず、左のメニューから、
「performance」⇒「Dashboard」を選択。
そうしたら、その後の画面で出てくる、
「empty all caches」をクリックで完了だ。

3.Autoptimize

まず、
「設定」から「Autoptimize」を選択。
そうしたら、一番下までスクロールし、
「Save Changes and Empty Cache」でOKだ。

これでもう、
あなたが変更したCSSは反映されたはず!!

最後に

いかがだっただろうか?


基本的には、
ウェブブラウザのキャッシュを削除すれば良いが、
それでも変わらないという場合はプラグインを見直してみよう。


WordPressのキャッシュ系プラグインは
だいたい今回紹介した3つで収まるはずだが、
他のモノを使っていたとしても、
「キャッシュをクリアすれば良い」というのは変わらない。

しっかりとやっていこう。


便利なプラグインやSEOに強いプラグインについては、
一度こちらの記事を参照しておこう。
>>SEOを意識したワードプレスプラグインを導入しよう!

資産ブログを開設して稼ぐまでの全手順を簡単かつ丁寧に

※現在募集中の、新企画はこちら
WordPress】の最新記事
  • 2017年最強のWordPress有料テーマ、Diverが凄すぎる。特典で新企画にご招待!
  • AdRotateの使い方 | WordPressで広告やCTAのA/Bテスト!
  • バス停で一人待つ男
    たった1分で!WP External Linksの最適な設定方法
  • 子豚さん
    nofollowの書き方と半自動化させるWordPreesプラグイン
  • 虎
    PostSnippetsで記事中にadsense広告を半自動表示させる方法
  • ContactForm7のreCAPTCHA設定方法を丁寧かつ簡単に
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。