※現在募集中の、新企画はこちら

ーなんじゃこのコイツ、腹立つわ・・・

俺がバイトしてた時も、
そういう風に感じる上司がいたもんだ。


そして、あなたにもきっと、
嫌いな人とかがいるはずだ。

まぁ、自分のことを好きになればなるほど
嫌いな人っていうのは少なくなるんだけど、
それでもやっぱり苦手な人とか、
「こいつツマんねぇな」って感じる人とか。

そんな感じで、
「こんなやつには成りたくねぇ」って人、いるでしょう?


というわけで今回は、
そんな嫌いな人との付き合い方について。

職場はもちろん、学校はもちろん、家庭だってもちろん。
色んな場面で使える考え方なので、ぜひ参考にしてみてほしい。


では、早速いこう。

「縁を切る」以外の選択も。

まず、だいたいこういう人間関係で悩んだとき俺は、
「別に縁を切れば良いじゃん」みたいな感じが基本スタンスだった。

これは、職場や学校はもちろんのこと、
「家庭(つまりは親など)だってそれでいい」って
考えているのは以下の記事などを見れば分かる。
>>親と縁を切ると夢が叶ってしまう理由


実際、これが手っ取り早いのは事実だし、
これで大きく人生を変えることができるのは間違いないと今でも思ってる。


だけど、
今回はまた違うアプローチでいこうと思う。

まぁ仕事上、
「今、縁を切るのはさすがに無理!」って人もいるだろうしね。


ちなみに、どんな方法かっていうと、
「嫌いな人を徹底的に利用する」って方法だ。

もう少し具体的に言えば、
「嫌いな人を利用して自分の人生を良くする」って方法。


振り返ってみれば俺も、
気づかずしてこの方法を使ってきた。


じゃあ、その方法とは何か?

ここからそれについて述べていこう。

「こいつは嫌いだ・・・」

「何でアイツはこんなに嫌な奴なんだ・・・」

「あんなツマンネェやつにはなりたくねぇ・・・」

そんな感じの人が現れた時にやってみて欲しいのは、
「その人にアドバイスを求めてみる」ってことだ。


こんなことを言うと、
「え?嫌いな人のアドバイスなんて聞いてどーすんの?」
って思うかもしれないし、それが普通の反応だと思う。

だけどとりあえず、
アドバイスを求めてみよう。


そうしたらその上で、
「アドバイスの逆の行動」を取るんだ。


いい?


実は、
嫌いな人にアドバイスを聞くのって結構重要なんだ。

まぁもう少し厳密的に言えば、
「こんなヤツにはなりたくねぇ」とか
「こいつの人生はつまんなそうだ」とか。

そういう風にあなたが感じる人にちょっと近づいてみて、
あなたが何か迷ってることにアドバイスを求めてみよう。


もし、近づくのがイヤだったら、
アドバイスをしているところを想像して、
「アイツだったらこういう風に言うだろうな」って考えてみる。

そうしたらその上で、
思いっきり逆の行動を取るんだ。


なぜならそれは、
「つまらない人生の逆を行く」ってことになるから。

つまりは、
「面白い人生になる」ってこと。


実はこれが、
あなたの人生を面白くする、
嫌いな人との付き合い方なんだ。

嫌がらせを引き継ぐのはバカ

で、俺がちょっと思ったのは、
「過去に受けた嫌がらせを引き継ぐってバカだよな」ってこと。


たとえば部活動とかで、
その部活は先輩が後輩を絞る伝統があったとしたら、
絞られてる側としたらたまったもんじゃない。

きっと、先輩のことを嫌いになるっていうか、
もう言葉じゃ表せないくらいのレベルかもしれない。


でも、そいつらが先輩になってやることは、
その経験をしているのに、
いや、その経験をしているからこそと言うべきか、
「後輩を絞るという伝統を引き継ぐこと」に大抵なる。


これってマジでくだらないよね。

ハッキリ言ってバカだと思うんだ。


だってこれは、
「自分が思う嫌いな人間に自分からなってる」ってことだから。


そうでしょ?

だからこそ、
「嫌だな」って思ったヤツの言うこととか聞いちゃいけないし、
「嫌だな」って思ったヤツの行動をマネちゃいけないわけ。


嫌いなクセに言うことを聞くのはバカ

これと一緒のことなんだけど、
親が嫌いなくせに、親の言うことを聞くとかあり得ない。

先生が嫌いなくせに、先生の言うことを聞くとかもあり得ない。



これってもう、完全に洗脳されちゃってんだよね。

「親は偉い!」「先生は偉い!」みたいな。


でも大人になると分かるけど、
親なんて全然偉くないし、
ただ歳を重ねた”コドモ”だったりするわけ。

もちろん、自分たちをしっかり育ててくれたのは偉大なんだけどね。


先生だってそうでしょ?

大学行ってれば分かるけど、
「こんなヤツが教育学部で先生なんの!?」って人多いじゃん、実際。笑


でもまぁ、
そういう社会の制度なんだから仕方無い。

いつも言ってるけど、
他人に依存せず自分で実力をつけるしかないわけだ。
>>依存体質を治すことが成功への近道!


俺は国とか政治とかに殆ど何も期待してないし。

「目の前の一人を変えれば、
 その人がまた誰かを変えてくれるだろう。」って考えてるから。

これってつまり、
世界を変えることでもあるはず。


まぁ、何にせよ、
嫌いな人の言うことなんて聞かなくていいんだ。

聞かなきゃならない状況だったとしても、
聞くフリをして、その逆を行けばいいんだ。

最後に

いかがだっただろうか?


とりあえずまとめると、
「嫌いな人の言うことはきかない!」

これに尽きる。


「こんなんでいいのか?」
って思うかもしれないけど結局大切なのは、
「好きか嫌いか」ってことをしっかり認識して、
それに従うことだと思うんだよね。

”常識”とかに従っても、
社会の奴隷ロボットになるだけだしさ。


「好きに理由は要らない」なんて言うけど、これってマジでそう。

好きという気持ちは止められない、
止められないから行動に至るわけ。


だから、
「好き」とか「嫌い」って気持ちを
もっと大切にしなきゃならないんだ。

俺はそう思う。


今の時代は特に、
そういうの感じれなくなってる人も多いしね。
(いわゆる不感症ってやつ)


結論:好きな人には好きと言おう!(?)


不感症について理解を深めたい人は以下も参照。
>>好きな人ができないのは病気だった?

※現在募集中の、新企画はこちら
人間関係】の最新記事
  • 自分が毒親だと気づいたら何をすべきか?
  • コミュニティ運営のコツ|組織における5つの発達レベルとは?
  • 社会人になっても過干渉な親を「卒業」させてあげるには?
  • 他人には一切、期待しない。なぜ?
  • 親子
    「相談できない」は性格と無関係。向き合ってくれる相手を探せ
  • 職場でも使える!一見不埒な嫌いな人との付き合い方
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。