おばか
※現在募集中の、新企画はこちら

ー気にしすぎ・・・

人間っていうのは、
基本的に自意識過剰なんだよね。


だから、余計な心配をしたりとか、
「嫌われてるかもしれない」なんて考えちゃったりする。


そこで今回は、
心配性を克服する考え方について書いていこう。

ではでは、早速本題へ。


※その前に以下の記事も読んでおくことをオススメ。
毎日がつまらない原因は”プライドが高い”ということ


自分は他人の2割マシマシアブラカラメ!

人間っていうのはどうしても、
自分が気になって気になって仕方が無いもの。

何で見たか忘れたけど、自分のことって、
他人のことよりも2割増しで気になるらしい。
(個人的にはもっと気になる気がするけど)


だからたとえば、
自分が髪を切ったとしたら、
周りに何を言われるか不安だけど、
他人が髪を切ったとしても
「あぁ切ったんだ」くらいにしか思わないってこと。


あなただってそうでしょ?


だからまず分かっておくべきなのは、
「そもそも人間は自意識過剰なんだ」ってこと。


気にしすぎたり心配性だったりするのは、
自意識過剰によるものだから、別に病気でも何でもないってこと。

その上でここから話を進めていこう。

克服法1.開き直ろう

その上で心配性を治す方法は、
俺なりのアプローチだと2つある。


まず1つ目は、最近お気に入りの
「開き直る」っていうアプローチ。
(参照:開き直る人が2倍上手くいってしまう理由

だからつまり、
「別に心配性でもいいや」みたいに、
心配性であることを認め、開き直るってこと。


やっぱ人って、
心と体に矛盾がある時に、
心苦しさを感じる生き物だと思うわけ。


たとえば、やりたいことがあったとしても、
イマイチそれに踏み出せてない時ってなんかモヤモヤする。

でも、そこで一歩踏み出してみると、
「あぁ、何でこんなことに悩んでたんだろ」
ってくらいにどうでも良いことだったり。


ちなみにこれって、
やってみないと分からないこと。

ジェットコースターでも、
乗る前は怖いけど、乗った後って
「あぁ、思ったより大丈夫だった!」みたいになるじゃん。

それと一緒だよね。


話は逸れたけど、心と体の矛盾。

つまり、
「本当は心配性だけど、心配性な自分は嫌だ!」
みたいな状態だと苦しいでしょ。

だからもう、
「心配性でもいいや」って開き直って認めてみる。

そうやると案外楽なんで、やってみてほしい。


俺も大学やめる時とかは、
「最悪、バイト生活でもいいや」って開き直って大学やめたしね。

結局、自分を縛ってるのは自分なわけだ。


じゃあ、次。

克服法2.馬鹿にされよう

次のアプローチは、
「馬鹿にされるのを好きになる」という方法。笑


まぁ、抽象化すると実は、
さっきとそこまで変わらないんだけど、
「馬鹿にされるのが好きな人=自分を愛せている人」だから。
(ここでいう「馬鹿にされる=イジられる」くらいのものね。)


やっぱり自分を自分で大切にできてる人って強い。

たとえば俺も、バカにされると結構嬉しいんだよね。

まぁ、悪口言われたりとか、
貶されるのはさすがにイヤなんだけど、
飲みの席とかでは馬鹿にされるのって気持ち良いでしょ。


昔だったら、
「馬鹿にすんな!」って顔つきで、
体をガチガチにしてたかもしれないけど、
今はもう、馬鹿にしてくれる人が大好き。



たしかに、
「馬鹿にされてヘラヘラしてるヤツはダメだ!」
みたいな意見もあるだろうけど、
俺はそれってまた違うベクトルの話だと思うんだ。

夢とか理想を語って馬鹿にされたら最悪だけど、
「自分を馬鹿にしてくれる人がいる=愛されてる」
ってこともあるでしょ、実際。

俺も、堅苦しいの嫌だしね。


そういえば、ケツメイシのRYOさんも
涙でリールを見えない」で書いてたんだけど、
RYOさんって確か大学を2浪2留してる。
(もしかしたら間違ってるかもだけど)

で、留年が決まった次の日に研究室に行ったら、
みんながサーッと引いていったりとか、
「ああ、そうなんだ、残念だったね」などの
差し障りのない言葉を掛けたりされたらしい。


そんな時、大学のとある後輩の1人は、
「掲示板見ましたよ!留年したんですね!
 とりあえず、みんなに連絡網回しときましたから!
 来年は僕が隣に座ってあげますよ!プププ!」
みたいな感じだったらしく、
その後輩とは今でも良き仲だそうだ。


俺はこの話を見て、
「あぁ、分かる分かる」って勝手に共感した。笑


なんか俺も、大学やめた時に
昔の友人とか親戚とかに、それを言って深刻そうな顔されると、
「本当は深刻なんじゃないか」って気がしてくるんだよね。

でも、自分的には、
「べつに余裕」と思ってたから、
実際は余裕だったんだけど。


別に仕事やめたって、学校やめたって、
ちゃんとやるべきことやってればなんとかなる。

なんとかならないのは、何も行動していないからだよ。


行動っていっても、1日や2日で変わるわけないし。

1年とか、短くても半年、
最低でも3ヶ月くらいはやってみないとね。


また話は逸れたけど、まとめに入ろう。

まとめ

今回の話をまとめると、
・そもそも人は自意識過剰な生き物
・別に心配性でも良い、だって皆そうだから
・自分を大切にすると馬鹿にされるのが気持ち良い...って感じ。

とりあえず心配性克服の為に大切なのは、
「別に心配性でいいや。だって、本当は皆そうだし」って開き直ることかな。


※ちなみに、開き直ると
やる気がなくても行動できるようになるって知ってた?
やる気が出ない時は寝るより開き直る方がマシ

※現在募集中の、新企画はこちら
人生】の最新記事
  • なぜ、人は月に癒され、太陽に励まされるのか?(光の幸せ、熱の幸せ)
  • 本を読んでも人生が変わらないのは「ライブ感」が無いから
  • 人生を変える環境へ飛び込む重要性
  • "たまの休みの日に何するか"で仕事の成功が決まる!
  • gazou
    「結果を出す人」に近づく為の5つのステップ
  • パリストン
    ハンターハンター・パリストンから学ぶ"遊戯感覚"の強さ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。