※現在募集中の、新企画はこちら

ーやる気が全然出ません・・・

そういう相談がたまにくるけど、
俺は別にやる気なんて無くて良いと思う。

なぜかっていうと、
「やる気が出れば行動できる」っていうのは間違いだから。


だからもう、やる気が出ない時とかは、
「やる気なんて無くていい」って開き直るのが一番だし、
「やる気が出た時にどうするか」が一番大切なわけ。


というわけで、今回はそんな話をしよう。

ヤル気が無いのがデフォルトの人生

そもそも俺は人生において、
「ヤル気が無い」って状態が普通だった。


小学校の時は野球のクラブに入ってたけど、
キャプテンになるまでは練習サボりまくってたし。

中学校や高校はもっと酷くて、
「いかに部活を楽にこなすか」を考えてたから、
基本的にはやる気なんてなかったね。

もちろん、
学校の勉強だって好きなわけないから、
毎日毎日が消化試合だった。


大学に入っても、勉強がつまらなすぎて、
やる気なんて起きるわけなくて結局やめたし。笑


だから本当に、
「やる気無い」って状態がデフォルトなわけ。


でもなぜか、ビジネスを始めてからは周りに
”ストイック”なんて言われることも多くなった。

いやいや、ストイックじゃないし。

やる気が起きた時に行動してるだけ。

ストイックなヤツが大学を
「つまらないから」って理由で辞めないでしょ、多分。


そう、一番重要なのは、
「やる気がある時にいかに迅速に行動できるか」ってことなんだよ。

10分/1440分に動けるかどうか

1日は24時間あるわけだけど、
日によってはやる気がある時間は1時間だけかもしれない。

いや、10分だけかもしれない。


そして問題は、
「その時に動けるかどうか」なわけ。

今だって今日という24時間の中で、
ブログ書く気が起きた瞬間がきたから書いてるわけだし。


そういう風な感じで、
「やる気をいかに出せるか」じゃなくて、
「やる気が出た時にいかに素早く動けるか」が大事。


俺はそういう風に考えてるんだ。


だから別に、やる気なんて無くていいし、
「やる気が無くて悩むことってバカらしい」って思うんだよね。
こんな事を言うと怒る人もいるかもしれないけどさ。


だって、それって俺にしてみれば、
「普通の状態を悩む」ってことになるから。


「朝になったら歯を磨く」

それについてイチイチ悩んだりしないでしょ?

普通の状態を悩むっていうのは、そういう感じってこと。

馬鹿らしいでしょ?


実際、多くの人もそんな感じだと思うんだよね。

だって、毎日フルタイムでやる気があったら、
何からの分野でかなりの成果出てるはずだし。


普通の人にとっちゃ、
やる気無い状態って別にデフォルトなんだよ。

開き直れば悩まない

だから俺が提案するのは、
「やる気がないなら開き直る」って方法なんだ。


寝るのもいいかもだけど、
開き直るのはスグできるからオススメ。

「別にやる気なんて無くてもいいや」って開き直るんだ。


ちなみに一番ヤバいと思うのは、
ヤル気が無くて行動できない時に、
「オレはダメなヤツだ」っていう"勘違い”をしちゃうこと。

だって、別にダメじゃないし。
やる気出ないのって別に普通だと思うし。

それで自己評価下げて自分嫌いになるんだったら、
「やる気無いのが普通」って開き直った方がマシでしょ。


ちなみに俺は、
この開き直るっていうことを結構大切にしていて、
この前も自己顕示欲は認めちゃえばいいって話をした。
(参照:自己顕示欲は"抑える"ではなく"認める"もの。

そうすると、
自己評価下がる事無いし、
いちいち悩まなくて済むんだよね。


・・・で、たまにこういう風に言うと、
「それだとやる気が出ずに行動できなくなりませんか?」みたいな意見が飛んでくる。

でも、俺はそれは"逆"だと思うんだ。

嫌いな人の為に行動出来ますか?

"逆"っていうのはつまり、
「やる気が無い⇒行動できない⇒自己評価が低くなる」じゃなくて、
「自己評価が低い⇒行動できない⇒やる気が出ない」ってこと。


だからこそ大切なのは、
「自己評価は絶対に下げない」って事なんだ。

つまり、
自分を嫌いになるのが一番ヤバいし、
行動できなくなる原因だってこと。


だって、嫌いな人の為に行動できる?

できないでしょ、普通。

俺は出来ないよ、それと一緒だって。


だからもう、開き直ってしまえばいい。

「やる気なんて無くて良いんだ」って。

そうすれば、
やる気とかモチベーションとかに悩まなくて良くなるし、
そういう本とかセミナーにバイバイできるから節約にもなる。笑


実際、何かした後って、
やる気、出てるでしょ?

「前に進んだぞ!」みたいな感じで、
やる気、出てるでしょ?


だからこそ、
「やる気待ち」は無意味なわけ。

そもそも、
やる気なんて別に無くていいんだから。

やる気なんて、
意図的に出せるものじゃ無いんだから。


こんな感じで、開き直っちまえばこっちのもん。

一番大切なのは、
「やる気が出た時に行動できるかどうか」だからね。

最後に

いかがだっただろうか?


文中にも書いたけど、今回の記事だって、
たまたま記事を書く気が起きたから書いただけ。


「どうやったらやる気を出せるか」ではなく、
「やる気が出た時に素早く行動する癖」をつけていこう。

自己評価を下げるのが一番ヤバいからね。


もっと行動出来るようになりたい人はこちらもどうぞ
怖くて行動できない根本的な原因とは?

※現在募集中の、新企画はこちら
人生】の最新記事
  • なぜ、人は月に癒され、太陽に励まされるのか?(光の幸せ、熱の幸せ)
  • 本を読んでも人生が変わらないのは「ライブ感」が無いから
  • 人生を変える環境へ飛び込む重要性
  • "たまの休みの日に何するか"で仕事の成功が決まる!
  • gazou
    「結果を出す人」に近づく為の5つのステップ
  • パリストン
    ハンターハンター・パリストンから学ぶ"遊戯感覚"の強さ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。