SALE
※現在募集中の、新企画はこちら

ードカンと売れてしまう・・・

それが、
”テクニック”というものだ。


テクニックは、一度知れば誰でも使えるものだが、
逆を言えば誰でも使えるので、”あなた独自の価値”は生まれない部分。

だからぶっちゃけ、そこまで重要なわけではない。


しかし、ビジネスをしていく上で、
ある程度知っておいた方が良いものもあるのは事実。

まぁ実は、他の記事で
「これはテクニックですよ」とは言わずに
色々とテクニックについて書いてたりするので、

「これは◯◯というテクニック!」

という風に言えなかったとしても
しっかり他の記事を理解できていれば、
あなたは相当な力がついている。


その上で今回は、セールスをする上で
特に重要度の高いテクニック3つについて解説していこう。


まずは、特典についてだ。

1.レバレッジのかかる特典




(※まずは動画をご覧ください。)


”基本的”には、
特典はあった方が物が売れるやすくなる。


たとえば通販番組で、
「これもお付けします!」とかってあるでしょ?

それが何であるかっていうと、
「え、商品本体以外にコレも貰えちゃうの!?」となり、
購買意欲がかき立てられるからだ。

しかしながら、
「それなら、とりあえず付けとけ!」という感じで、
やみくもに特典をつけるのは間違いなので注意しよう。


たとえば、
外食しようとしたらカレー屋さんがあって、
「今ならカレーを無料でカツカレーに出来ます!」っていうのは
良い特典の付け方の例だ。

これは本来の商品であるカレーに、
特典でトンカツがプラスされるということ。

とてもお得感が満載で、
「じゃあ、このカレー屋さんにしよう!」となる可能性が高い。


あとは他にも、
「今ならサラダをプラスします!」とかも良い例の1つだろう。

カレーとサラダってセットな感じがするからね。


だけど、
「今ならカレーに福神漬けがついてきます!」はダメな例の1つ。

だって元々、
カレーと福神漬けって一心同体みたいなもんでしょ。

こういう場合は、
「逆に何で最初から付いてないの?」と不信感を抱かせることになる。


あとは他にも、
「今ならカレーに高級ワサビが付いてきます!」もダメな例。

なぜなら、
「何でカレーにワサビ?」
「高級だからって付ければ良いってもんじゃないでしょ!」
ってなるから。


つまりだ。
特典っていうのは、ただ闇雲に付けるのはダメ。

足し算じゃなくて、かけ算で考えるべきであり、
「本来の価値にレバレッジがかかるもの」でなきゃ意味がないということだ。


情報ビジネスだったら、
「ノウハウA」の特典に「ノウハウB」ではなく、
「ノウハウA」の特典に「ノウハウAを加速させるツールC」とか。

そうやって、レバレッジがかかるものを
特典として付けてあげれば、成約率はかなり高まる。


あとは、特典を付ける個数については、
価値がある(レバレッジがかかる)ものだったら多い方がお得感がある。

しかし、さっきから言ってるように、
ただただ付ければ良いというものではないので、
しっかりとした価値のあるものを厳選してつけよう。


次は保証についてだ。

2.自信を感じさせる保証

保証というのはつまり、
「満足していただかなければ、全額返金します!」というものだ。


当たり前だけど、
これが無いよりは有った方が売れる。

もしかしたらあなたも、
「保証があったから買った」なんて経験もあるかもしれない。

それだけ、返金保証とかっていうのは
成約率を高めてくれるテクニックなのだ。


そして、
返金保証をつける際には注意点がたくさんある。


まず1つは、
返金の条件を厳しくしないということ。

だから、
「万が一、ご満足頂けない場合は、無条件で返金させていただきます」って言うのがベスト。

逆に、
「万が一、ご満足頂けない場合は、◯◯という条件を満たした人のみ返金させて・・・」ってやってしまうと、
「うわ、めんどくさいな」とか決め手にならなかったり、
「何だ、自信が無いのか」とかってむしろマイナスになったりする。

だから、どうせつけるんだったら、
「無条件返金保証」がオススメ。


あとはユニークさや圧倒性を出す為に、
「全額返金はもちろん!迷惑料としてさらに◯◯円返金します!」とかも有り。

実際、やってみれば分かるのだが、
「返金しろ!」って言ってくる人なんて滅多に居ない。

物販や教材とかならまだしも、
コンサルなど接触回数が多い場合なら尚更だ。


もし、やってみて多かったら、
それは自分の提供するサービスに問題があるので、
そこは改善しなければならないのは言うまでもないだろう。


このように基本的には、
返金保証は超有効なテクニックなので、
成約率を上げたい場合にはとても効果が出る。


・・・しかし、
大きな注意点があるので、
それは言っておかなければならない。



それは何かというと、
「依存マインドを持った人が集まりやすい」ということだ。


この商品を買えば〜とか
この教材を買えば〜とか
このコンサルを受ければ〜とか・・・

「金は出すから、成功に導いてくれ」みたいな、
そういう依存心が高い人が集まってきやすくなる。

そして、こういう人はクレーマーになりやすく、
あなたのエネルギーを奪いやすい人たちでもあるのだ。


もし、結果を出させるビジネス。

たとえば、
「ビジネスを教える」とか
「試験合格を支援する」とか
「ダイエットを成功させる」とか
そういう系のビジネスだったとしたら、
依存マインドを持った人が成功するのはとても難しい。

もちろん、
「依存心を治す事」からやることも出来るが、
それは購入以前にやっておくべきである。


一見、
「返金保証=親切」に見えるが、
それは違うんだよということだね。


返金保証をつける際は、
「依存心が高い人」「クレーマー気質の人」
集まりやすいというのは必ず覚えておこう。

その上で、付けるかどうかを決めるべきだ。


そして最後に、限定性や希少性だ。

3.限定性、希少性

限定性とか希少性と一口にいっても、
・参加人数を限定する
・締め切り日時を決める
・特典に個数を決める
・限定価格を準備する...などいろいろあるが、
これはセールスにおいて必須のテクニックである。


そして、基本的には
「数」を限定するパターンが特に効果が高い。


これは、たとえば恋愛とかで、
A「大好きなあの人が、今にも他の誰かに取られそう!」って場合と、
B「大好きなあの人が、◯◯日に旅立ってしまう!」って場合、
どちらが告白を急ぐべきだろうか?

普通に考えてAでしょ?
だってBの場合、その日までに言えば良いんだから。

時間は管理できるが、他人は管理できないわけだ。


そして、
"バンドワゴン効果"っていうのがあるため、
「今にもなくなりそう!」って時に駆け込む人は多い。


たとえば、
新幹線にチケットを取る時に、
空席状況が「◯」だったら焦らないけど、
空席状況が「△」だったら焦るでしょ。

「△」だったら、
お土産より先にチケットでしょ?


だからこそ、「数限定」の方がより
セールスのテクニックとして有効ってわけだ。
(※もちろん時間も有効だけど)


ちなみに購入者が増えやすいのは、
・セールス開始日(数限定の場合特に)
・特典の数がなくなりそう時or特典削除の前日(値上げ等も一緒)
・募集枠がなくなりそうな時orセールス最終日

の大きく分けて3通りあるので覚えておこう。


しかし、このテクニックにおいては、
あまり煽りすぎるとカッコ悪いというか、
やられる側としては気持ち良いものではない。


「あと6時間です!これが最後かもしれません!」

「あと3時間!本当にラストチャンスです!」

「あと2時間です!後悔しない決断をしてください」

「あと1時間!最後のメールになりました・・・」

・・・みたいに、
メールボックス埋まるの嫌でしょ、普通。笑


だから個人的には、
「目標の売上げ数値」を決めておいて、
それを達成したならば、必要以上に煽らない方が良いと考えている。

その方が余裕がある感じがするし、
次に何をかセールスする時に、参加してくれる人も多くなるからね。


やり過ぎは禁物、適度にやっていこう。

最後に

いかがだっただろうか?


今回は3つのテクニックについて話したが、
これだけでも色々と使い方の注意点が出てくる。

しっかりと注意して使っていこう。


そして、
「テクニックはあくまで誰でも使えるモノ」なので、
こっちに走りすぎてしまうと自力がつかず、
ビジネスを繁栄させることが難しくなってしまう。

もちろん、
とても有効なモノであるのは間違いないが、
適度にバランスを保ちながら使っていこう。


では次は、
セールスレターについて解説していこう。
セールスレターの4つの基本構成と大切な2つのポイント

※現在募集中の、新企画はこちら
マーケティング】の最新記事
  • SALE
    セールスのテクニック!特に重要度の高い3つを詳しく解説
  • 馬
    企画やセミナーの集客を100%確実に成功させる方法
  • 値段
    必見!これからの時代における価格設定の基本的な考え方
  • 無料でもNG!?ネットのビジネスで信頼を構築する方法
  • ファネル
    重要!マーケティングファネルと簡単な事例
  • direct
    知らないと大損なマーケティング!DRMとは一体何か?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。