Twitter
※現在募集中の、新企画はこちら

ーガンガン繋がれる・・・

それがTwitterのメリットだ。

だからこそ、
Twitterをビジネスで利用するときは
この性質を踏まえた上で使っていくのが良い。


そして最近は、
「Twitterのフォロワーの増やし方が変わってきたかな」
という印象も受ける。

そこで今回は、
「今後のTwitterでフォロワー増やすコツ&リスト収集」
というテーマで記事を書いていこう。

SNSは質重視だけど・・・



(※まずは動画をご覧ください。)


まずは、Twitterでフォロワーを増やす方法だ。


Twitterのフォロワーを増やす基本的な方法は、
「自分からドンドンフォローしていく」というもの。


もちろん、
他に大きな媒体があったりとかする場合は、
そこからフォローを促すのは有効な手段。

しかし、それが出来ない場合はやはり、
自分からフォローをしていくというのが良いのだ。


そして、その時に注意が必要なのが、
「過剰フォローによるアカウント凍結」だ。

つまり、
あまり過剰にフォローしまくっていると、
Twitter運営側からストップが掛かるというもの。


・・・で、これが今までは、
"2000フォロワーの壁"なんていって、
フォロワーが2000以下のアカウントは
特に凍結されやすいというデータがあった。

だから、相互フォローアカウントをフォローしまくって、
とりあえず2000人のフォロワーを集めることが重要視されていた。


しかし、
最近はその壁は薄れてきている印象。

そして傾向としては、
「関連性のない過剰フォロー」について、
凍結基準が厳しくなってきたかなという感じ。


つまりは、
野球に関してつぶやいているアカウントなのに、
全然関係ない人をフォローしまくってるとか。

そういう、
関連性のない過剰フォローに対し、
凍結基準が厳しくなっているイメージ
だ。


だから増やし方としては、
「自分と関係ありそうなアカウント」を見つけ、
それをガンガンフォローしていくというもの。


たとえば、
アパレルのビジネスをしているとしたら、
それに関するTwitterアカウントを見つける。

そして、
それをフォローしているアカウントに対し、
ガンガンアプローチしていく、みたいな。

こういう感じでやっていくのが良いだろう。


もし仮に、
”数でブランディング”したい場合。

つまり、たくさんフォロワーがいることで
「この人は影響力がある人なんだな」と思われたければ、
ちょっとグレーな手法だがフォロワーを買えばいい。


だが、基本的には、
関連性のあるアカウントを見つけ、
そのアカウントをフォローしてくべき。

TwitterはFacebookと違って
匿名でやっている人も多く気軽に繋がることができるので
ガンガンやっていって良いだろう。


じゃあ、次では、
「どんなアカウントがフォローされやすいか」についてだ。

なぜ、人はリツイートするのか?

では、どんなアカウントが
フォローされやすいかというと、
当たり前だけど、
「面白いつぶやきをしているアカウント」だ。

そういうアカウントは、
RT(リツイート)も多くなり、
自然と拡散されてさらにフォロワーが増える。

だから、
当たり前のこととして、
面白いつぶやきをすることが大切である。


そして、それに加えて今回は、
「リツイートする人の心理」を考えてみよう。


基本的にリツイートする人の心理は、
「これ、面白い!広めたい!」って感じと考えられる。


しかし、本当にこれだけだろうか?


俺がもしリツイートする時は、
「自分がこれをリツイートする時に、見た人にどう思われるか」を考える。


つまり、リツイートには、
「これをRTすることで、○○って思われたい」という心理が働くともいえるのだ。


たとえば、
女の子(Aさん)が好きなモデルさんのことをRTしたとしたら、
「私はこのモデル(Bさん)さんが好きなのよ」ということになるでしょ?

つまり、それを見た人は、
「AさんはBさんが好きなんだ・・・。
 Bさんはクールなイメージがあるから、 
 きっとAさんもそういうのが好きなんだ」
ってなるということ。


これって、
Facebookで有名人と一緒に写真のっけてる人も一緒。

簡単にいえば、
「その有名人のブランドを借りてる」ってこと。

そして、
その有名人の影響力が強ければ強いほど、
その効果は発揮される。


つまりは、発信者として考えたら、
「自分の影響力が強くなれば拡散されやすくなる」ということでもあるわけ。

1つ1つのつぶやきも大事だけど、
もっと深い部分というか、
自分の活動の影響力を広げていけば、
勝手に拡散されてフォロワーも増えるということ。


これは基本的な考え方として覚えておこう。

今後のSNSでのリストのとり方について

で、ここからはもう少し踏み込んで、
「そこからリストを取るには?」という話。


これはTwitterさけじゃなく、
Facebookとか他のSNSでもそうなんだけど、よくあるのが
「◯◯の情報が得られるメルマガやってます!⇒URL」みたいなやつ。


でも、これって何をしてるかっていうと、
「初対面の人に売り込み」してるのと一緒なんだよね。

まぁ、メルマガ登録は無料だから
厳密に言うと"売り込み”ではないだろうけど、
けっこう近い話だと思う。


そして多くの人がそんなことをしがちで、
それはもう古いというか、やめるべきなんじゃないかなと。


つまり今後は、
「○○の情報を公開してます!」って感じで、
もう情報をプレゼントしちゃう。
(もちろん、見ている人にとって有益なもの)

その上で気に入ってくれたら、
メルマガに登録してもらう方が良いんじゃないかということだ。


まぁていうか、今後はこっちが
ドンドン主流になるべきなんじゃないかと思う。

あなたも、
自分なりに考えて応用してほしい。

最後に

いかがだっただろうか?


今回の話をまとめると、
フォロワーを増やす為には
関連性の強い人を見つけガンガンフォローしていく。


そしてもちろん、
1つ1つのつぶやきの面白さも大切だけど、
それよりも自分の活動で活躍することが重要。


さらにレベルを上げた話では、
コンテンツをプレゼントした上で気に入った人を、
メルマガに登録してもらった方が良いんじゃないかということだ。


ぜひ、自分なりに応用して使ってみてほしい。


こちらも必見!
>>意外と知らない?濃いFacebook友達を増やすには

※現在募集中の、新企画はこちら
  • 「コンテンツ力」の理解と発信媒体を使い分ける事の意味
  • Twitter
    今後のTwitterでフォロワーを増やすコツとリスト収集
  • つべ
    これからの時代、YouTubeのビジネス利用は当たり前!
  • pc
    SNS!特徴や違いを理解しビジネスに応用しよう
  • 顔
    意外と知らない?濃いFacebook友達を増やすには
  • 目ん玉
    情報発信ブログはコンテンツSEOを意識しよう
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。