story
※現在募集中の、新企画はこちら

ーなぜ、このビジネスをやっているんですか・・・?

そう聞かれた時に、
パッと自分のストーリーを語れる人は強い。

一瞬で共感され、
応援してくれたりする人が増えるからね。


そう、ビジネスをする上では、
「まず共感してもらう」ってことが大切。

そして、
自分に共感してもらう為の最強の方法が、
「自分のストーリーを語ること」である。


これは、
例えばセールスレターとかでもそうで、
売れているセールスレターを見れば分かる通り、
販売者のストーリーが語れていることが多い。

そうやって、
感情移入をさせ共感してもらうと、
成約率が高まるのである。


あとは、
Facebook等の発信でもそうで、
一番反響がある発信っていうのは、
「自分のストーリー」を発信した時だったり。


というわけで今回は、
「ストーリーの作り方」について記事にしていこう。

"神話の法則"を簡単に




(※まずは動画をご覧ください。)


ストーリーを作る際に、
よく出てくるのが”神話の法則”である。

神話の法則は、
ジョーゼフ・キャンベルっていう学者が、
世界中のありとあらゆる神話を研究した結果、
「オモロイ神話には法則がある!」という感じで辿り着いた
「感動を生むストーリーの作り方の公式」みたいなものだ。


それを、
11通りに細かく分けるとこんな感じだ。

①日常の世界
②冒険への誘い
③一旦、拒絶する
④導き手が登場し冒険へ
⑤第一関門の突破
⑥仲間やメンターの出現
⑦最大の試練と挫折
⑧乗り越えて報酬を得る
⑨帰路で危機に見舞われる
⑩その危機から復活
⑪報酬を持って帰還する


この視点を持って
映画などを見てみると分かる通り、
このような順番で進んでいる事が分かるはずだ。


・・・で、
自分のストーリを作る時も、
このような順番を意識しながら
ストーリー構成を考えると良い。

そして今回は、
この神話の法則のパターンを
グランドセオリー(土台)として、
もう少し簡単にストーリーを考えてみよう。


先ほど11通りだった
神話の法則の構成を少し簡略すると以下の4ステップ。

①日常の世界
②困難や試練に見舞われる
③とあるキッカケで困難を乗り越える
④新しい世界



そして、物語のパターンを
分かりやすくだいたい3つに分けておこう。

その3つとは、

1.今ある何かを守りたいパターン
2.目標に向かって頑張るパターン
3.新しい自分に気づくパターン

という感じだ。


では、
ここから1つ1つ見ていこう。

1.今ある何かを守りたいパターン

このパターンは、
①既に宝物を持っていた
②何らかの困難に見舞われそれが失われる
③それを取り戻すための力を手に入れた
④既に持っていた宝物がバージョンアップ

という感じだ。


例えば、
①大好きな人恋人がいた
②転勤でお互いが離ればなれになり疎遠に
③それでも遠距離でうまくやっていくことができた
④さらに2人の愛情が深まった

みたいな。


あとは、
①学生生活の自由が大好きだった
②就職して時間が無くなり仕事に追われる日々
③ネットで自由に稼ぐ力を手に入れた
④お金も時間も自由になった

という感じとか。


これが1つ目の
「今ある何かを守りたいパターン」だ。

次は2つ目にいこう。

2.目標に向かって頑張るパターン

このパターンは、
①手に入れたい宝物がある
②それを手に入れるための試練が立ちはだかる
③何らかのキッカケを掴み試練を乗り越える
④結果、宝物を手に入れる

という感じだ。


例えば、
①大好きな片思いの女の子がいた
②その女の子にも好きな人がいることが発覚
③容姿ではなく、相手への思いやりが大切だということを体感した
④結果、その女の子をゲットすることができた

みたいな。


あとは、
①○○大学に合格したいと思っていた
②その為にたくさん学ぶことがあると知った
③勉強は量ではなく、質であるというキッカケを掴んだ
④結果、○○大学に合格することができた

という感じとか。


これが2つ目の
「目標に向かって頑張るパターン」だ。

では、最後の3つ目にいこう。

3.新しい自分に気づくパターン

このパターンは、
①手に入れたい宝物がある
②それを手に入れるための試練が立ちはだかる
③試練に立ち向かっていると、違う宝物が出現する
④結果、最初とは違った宝物を手に入れる

という感じだ。


例えば、
①大好きな片思いの女の子がいた
②その女の子にも好きな人がいることが発覚
③その事を、女友達に相談しているうちにその子を好きに
④結果、最初の子ではなく相談相手だった女の子と付き合うことに

みたいな。


あとは、
①プロ野球選手になりたいと思っていた
②強豪高校に入り、レベルの高さを痛感した
③そこで、プロ野球選手になりたいわけじゃないと気づいた(親の夢のおしつけだった)
④親の夢から解放され、本当の意味での自分の人生を歩めるようになった

という感じとか。


これが3つ目の
「新しい自分に気づくパターン」だ。

さらに強力なストーリーを作る方法

一旦ここまでをまとめよう。

神話の法則をセオリーにし、
物語の構成を簡単に分けると以下の4ステップ。

①日常の世界
②困難や試練に見舞われる
③とあるキッカケで困難を乗り越える
④新しい世界



そして、
そのパターンとしてはだいたい3通り。

1.今ある何かを守りたいパターン
2.目標に向かって頑張るパターン
3.新しい自分に気づくパターン


という感じだ。


一応、ここまででも十分な物語になるのだが、
あなたにはさらに強力な物語を作ってほしい。


それは何かというと、
「⑤新しい世界と過去の困難や試練の統合」だ。

簡単に言えば、
「あの辛い時期がなかったら、今の新しい自分はありませんでした」
というのを付けたそうということ。

これを使うことで、
さらに爆発的かつ多くの人を巻き込める
ストーリーを作る事ができるのだ。


だってそうでしょ。

人は困難があるから、
パワーアップができるわけ。

人より多く悩むから、
多くの人の悩みを理解してあげられるわけ。


だから間違っても辛かった過去は、
「あんな過去なければよかった」じゃない。

それが、
進化した新しい自分と出会うきっかけになるし
多くの人に共感されたり、
多くの人をを救うキッカケになるんだ。


それを覚えておいてほしい。

どんな人を集めたいか

そしてもう1つ、
ストーリーを作る際は、
「どんな人を集めたいか」を考えた方が良い。

だから俺が、
「⑤新しい世界と過去の困難や試練の統合」を付けたそうって言ってるのは、
「自分を好きな人を集めたいから」なわけ。

つまり、
今は無理だとしても、今は嫌いだとしても、
「今の自分を捨てたい!」じゃなくて、
「今の自分も愛せるようになりたい!」って人を集めたい。


そう、結局は自分が作った物語、
自分が作った発信によって、集まってくる人は変わってくるんだ。

そこのところを意識して、
自分のストーリーを作っていってほしい。

最後に

いかがだっただろうか?


今回の話を簡単にまとめると、
神話の法則をセオリーにした物語構成は4ステップあり、
パターンとしてはだいたい3つあるということ。


そして最後には、
「⑤新しい世界と過去の困難や試練の統合」を付けたそうということ。

さらに結局は、
「自分がどんな物語を作るか?」で集まる人は違うということ。

そこのところを意識して発信していこう。


では次は、
セールスの為のライティングについて触れていこう。
これからの時代を勝ち残っていく為のセールスコピーとは?

※現在募集中の、新企画はこちら
ライティング】の最新記事
  • セールスレター
    セールスレターの4つの基本構成と大切な2つのポイント
  • core
    これからの時代を勝ち残っていく為のセールスコピーとは?
  • story
    ビジネスで必須!集めたい人を集めるストーリーの作り方
  • コピーライティング
    なぜ、よくあるコピーライティングの基礎は時代遅れなのか?
  • 7
    今すぐパクれる!読まれる記事タイトル7つのコツとは?
  • ブログの書き方!初心者でも最後まで読ませるポイントとは?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。