コピーライティング
※現在募集中の、新企画はこちら

ーあなたは、何をしたいだろうか・・・?

もし、自分自身に
「自由に人を動かせる力」が宿ったとしたら、
あなたは、一体、何をしたいだろうか・・・?


ビジネスで爆発的な利益を出す・・・?
それとも、集めたい仲間を集める・・・?
あるいは逆に、嫌な人を目の前から消し去る・・・?


何も知らないあなたは、
「そんな夢みたいなことが・・・」と思うかもしれないが、
これは、決して、夢ではない。


そう、そんな夢みたいな事を実現させるのが、
「コピーライティングスキル」である。


俺は正直言って、
「コピーライティングは全員学ぶべき」だと思う。

学校じゃ数学なんかよりも、
コピーライティングを教えるべき。

それほど、ビジネスはもちろん、
人生において重要かつ必須なスキルなのだ。


ハッキリ言って、
知らなきゃただただ損をするだけなんだよね。

ビジネスで利益を上げるためにも、
大好きなあの人に想いを伝えるためにも、
目の前の人に話を聞いてもらうためにも、
今回の記事はより集中して読むことをオススメする。


では、早速いこう。

コピーライティングをどう捉えるか?




(※まずは動画をご覧ください。)


「コピーライティングとは何か?」

そういう問いがあった時によく、
「文章だけで売上げを伸ばす力」なんて答えている人がいる。

たしかにこれは間違っていないが、
「少し抽象度が低いんじゃないか」と俺は思う。


なぜかというと、
コピーライティングの力はビジネス以外にも応用できるから。

厳密に言えばセールスレターだけじゃなく、
普段のメルマガやブログ記事にだって生きる。

もっと言えば、
プロフィール文にだって生きるし、
話す時にだって使えるスキルなのだ。


だからこれはもう、
ネットビジネスだけじゃなく、
店舗でのビジネスだってそうだし、

大袈裟に聞こえるかもしれないが
人生を賢く生きる為には必要な力なわけ。


そして、
コピーライティングスキルっていうと、

「限定性、希少性を創出する!」とか

「圧倒的かつユニークな保証をつける!」とか

「得るものよりも失うものへの恐怖を煽る!」とか

そういう小手先のテクニックが語られることが多い。
(※特にネットビジネスにおいては)


もちろん、
これを知っていて正しく使うのは大切なことだし、
これについてもまた別の記事で書いている。
(参照:セールスのテクニック!特に重要度の高い3つを詳しく解説


でも、俺はコピーライティングって、
「文章で売る力」というよりは、
「多くの人の注目を集め、その期待を超える価値を提供する力」だと思うわけ。


もちろん、
「コピーライティングとは?」の正解は人それぞれだろう。

だけど、結構ここが大切で、
「コピーライティングをどう捉えるか」でその人の文章って変わってくるんだ。


たとえば、
「売る力」って捉えている人の書く文章は
なんか常に煽られてる感じがするというか。

そういうメルマガ送りまくってる人は、
読者側としてはあまり気持ちよくないでしょ。

だから、
「スパムメール」と思われて読まれなくなったりするわけ。


逆に、
普段からしっかり価値を提供していれば、
そんなに煽らなくても売れるし。

だから俺は、
「多くの人の注目を集め、その期待を超える価値を提供する力」と捉えているわけ。


ではここから、
コピーライティングを勉強した人なら
「”誰もが知っている基礎”+α」の話をしていこう。

3つのnotと時代遅れのコピーとは?

まず少しだけ、
コピーライティングを勉強した事がある人なら
誰もが知っている"3つのnot"の話をしよう。


3つのnotとは、

・読まない=Not Read
・信じない=Not Believe
・行動しない=Not Act


の事である。

(メールとかだったら、”開けない=Not Open”や、
 最近ではNot Scrollなども言われるようになっている)


そしてこの3つの間には壁があって、
1つ1つその壁を超えさせることでやっと、
人を行動させる事が出来るというわけだ。


そしてここから、
「読まない壁」を超える方法について書こうと思うんだけど、
その前に少し知っておくべきことがある。

それは何かって言うと、
「今と昔じゃビジネスやマーケティングの在り方が変わった」ということ。


わかるでしょ?


かなり昔は、
製品の質さえ良ければ良かった。

でもそこから時代は変わり、
今は製品の質だけじゃ満足しないよね。
(参照:マーケティング4.0の"自己実現"に適した情報発信とは?


ここら辺の詳しい事は、
上記の参照先の前半部分を見てもらえれば良いんだけど、
今の時代はより、
「自分や社会の精神性を高める事」にフォーカスすべきわけ。

もっと簡単に言えば、
「個々の人間的な成長」にフォーカスを当てるべきということ。


だから情報発信をする時はもちろん、
セールスの文章を書く時だってそれは一緒。

「この商材を買ってお金を稼げれば良いや」はもちろん、
「お金を稼いでこんなライフスタイルを送れれば良いや」に加えて
「こんなライフスタイルを一緒に過ごす仲間がいれば良いや」にも加えて、
「その上で人間としての精神レベルを上げたい」という感じ。



もちろん、一番最後が抽象度が高いわけだから、
それを目指した情報発信やセールスレターを作れるのが理想なんだ。

・・・というわけで、その前提の元、
「読まない壁」を超える話をここからしていこう。

まず、読んでもらうこと

どんなに素晴らしい情報発信をしてても、
それを読んでもらわなければ何も始まらない。

だからまずは、
「読んでもらう」ということに意識を集中させる。


1回読んでもらうことができれば、
その次を読んでもらうことのハードルは低くなるし、

セールスレターだったら、
前半部分をしっかり読んでもらえれば、
後半部分もしっかり読んでもらえる可能性が高くなる。


そうでしょ?

だから、まずは読んでもらうことが大切。


・・・で、
読ませるテクニックって本当に沢山ある。

それをあげたらキリがないくらい。

朝から書いてたとしたら確実に日が暮れてしまう。

それどころか、次の朝日が昇ってしまうだろう。


そのくせ、それって全部忘れちゃうんだよね。

忘れるっていうか、
結局大切なことって、
1個とか2個に集約されるんだよね。

というわけでここからは、
「読まない壁」を超えるために
かなり重要度が高い2つのテクニックについて話していこう。


とりあえずは、
この2つを意識しておけば問題無いだろう。

1.ベネフィットを語る

まず1つ目は、
「ベネフィットを語る」ということだ。

もっと分かり易く言えば、
「この文章を読むと、こういうメリットがありますよ」と伝えること。

これを"文章の冒頭"に盛り込もう。


でも勘違いして欲しくないのは、
「1日たった5分で月30万円の収入を得る方法!」とかって
タイトルをつけなさいってことじゃないよ。

文章の冒頭っていうのは
読む側としても集中力が高いから、
精読してくれる可能性も高いわけ。


その時に、
しっかりとベネフィットを語ることができれば、
「これを読めば○○が得られるのか!」ということで、
その続きも精読してもらう可能性が高くなるわけだ。


これって、
ステップメールとかでもそうで、
一番読まれるのは最初のメール。

そこで、
「読む価値が無い」と判断されてしまえば、
二度とあなたが送ったメールは読まれることはないだろう。


それくらい、
「冒頭でベネフィットを語る」というのは重要。

しっかりとやっていこう。


そして、
2つ目はさらに重要だ。

2.感情のギャップを作る

2つ目は、
「感情のギャップを作る」ということだ。


たとえばだけど、
この文章の一文目は疑問系だった。

「あなたは、何をしたいだろうか・・・?」っていうね。


そうすると、これを読んだ人は、
「えっ、一体何の話だ?」ということで、
次の文章が読みたくなるというわけだ。

これが、
感情のギャップを作る方法の1つ。

こうやって、
感情のギャップをガンガン作っていく。


俺は文章って、
ジェットコースターであるべきだと思うんだよね。


つまり、リズムとかテンポとか、
そういう抑揚をつけていくことがかなり大切。

そして、そのために、
「感情のギャップ」を作ることが大切。

思わず、
「えっ、何だろう!?」と感情を揺さぶるんだ。


ハッキリ言ってこれさえできれば、
ウブな情報弱者から金を捲き上げるなんて余裕なわけ。

・・・っていう感じに、
一瞬だけ感情がグッと上がる表現を使ってみたりとかもそう。


そうやって、
文章に抑揚をつけるために、
感情のギャップを作っていこう。

そのためには、
・思わず続きが読みたくなる表現
・気になる見出しの表現
・見出し前の一文を工夫する
・一瞬だけ感情をグッと上げる表現

という感じでやっていこう。


ここら辺について詳しくは、以下の記事も見て欲しい。
ブログの書き方!スルリと最後まで読ませるポイントとは?


そして、
テクニックを超えるさらに大切なことがある。

「お金が1番大切だ!」

さらに文章をしっかり読んでもらう為には、
こちらが作る世界に参加してもらう必要がある。

もっと簡単に言えば、
「読者に共感してもらう」必要があるってわけだ。


たとえばだけど、
「お金が1番大切だ!」って思ってる人は、
「お金が1番大切だ!」って発信をしてる人に共感する。

だから文章を読んでもらえる。


あとは、
「人間関係が1番大切だ!」って思ってる人は、
「人間関係が1番大切だ!」って発信をしてる人に共感する。

だから文章を読んでもらえる。


そうだよね?


しかもこれって、
「何が正解」とか「何が間違い」とかってないわけ。

人それぞれの考えであり、主張なわけだから。


だからこそ、
自分の考えに共感してもらうことが大切なわけ。


そして、そのために大切なことが2つある。


俺ってよく、
「文章上手いですね」ってネットビジネスやってる人どころか
本を書いてる人にも言われるんだけど、昔は超下手だったんだよね。

ブログを600文字書くのすら苦痛だったし、
高校の時の小論文や大学のレポートとか苦手だったし。


じゃあ何で上手くなったかというと、
今から話す2つのことをやるようになってから。



これって、
特別なスキルとかじゃなくて、
本当に誰でも出来ること。

だからしっかりと実践してほしい。

1.共感してくれなくていいや

共感してもらうために大切な事のまず1つは、
「共感してくれなくていいや」と思って文章を書く事。


意味、分かんない?

でも、これって本当なんだよ。


「みんなに共感されるような文章を書こう」って思うと、
結果、誰にも響かない、誰にも共感されない、
誰にでも書けるような文章が出来上がる。

だからもう、
「共感してくれなくていいから、思ったこと書こう」って考える。

考えるっていうか、マインドブロックを外す感じ。


そうすると、
”発信の鋭さ”が生まれるから
結果的に多くの人を巻き込む。

いわゆる、
「肚から語る」ってやつだよね。


「思ったことを、怖れず言ってみる」

これが出来るようになった時に、
小手先のコピーライティングテクニックを軽く超える。


だから、文章が上手い人ってきっと
思ったことをきちんと言えてるだけの話。

これってスキルうんぬんじゃなくて、
「自分のマインドブロックを外せるかどうか」だから。


でも、やってみると案外気持ち良いよ。

思ったより多くの人に共感されるし、応援してくれる人も増えるからね。


そして次は、これをやる際の注意点になる。

2.具体的に否定しない

それは何かって言うと、
「具体的に否定しない」ということ。


たまに勘違いする人がいるけど、
「思ったことを言う=否定する」ってわけじゃないんだよね。

むしろどちらかというと、
自分の弱みとか欠点をさらけ出す感じ。


誰かを説得する時もそうで、
「だからオマエはダメなんだ!こうしろ!」って言ってもその人に響くわけないでしょ。

だから理想は、
「オレは昔、○○な所がダメだったけど、××したら変わる事ができたんだ」みたいに自分を語る。

そうすると、それを聞いた人は、
「はっ、自分もそうかもしれない・・・」って勝手に思う。

こうやって、
相手に気づかせるということが重要。

文章だったら、
読んでる人に勝手に気づいてもらうということ。


よく、
「それは、あなたが悪いわけではありません!
 今までこの技術を教えられる人がいなかっただけなのです!」
とかあるでしょ。

それも、直接その人を否定しないという意味では一緒だよね。


あとは否定するにしても、
なるべく抽象的に否定することが必要。

もっと分かりやすく言えば、
「自分の業界を抽象的に否定する」ということ。

「この業界の○○さんは良くないから...」とかじゃなくて、
「この業界全体の雰囲気が良くないから...」っていう感じね。


・なるべく自分(の弱み等)を語る
・直接相手を否定しない
・抽象的に業界を否定する


この3つは抑えておこう。

そして最後に、
「共感してもらう力」を高めるために、かなり大切な事を書いた。

最後に

いかがだっただろうか?


簡単にまとめると、コピーライティングとは
「期待を超える価値を提供する力」ということ。


そして今の時代は
「人間の精神レベル」を上げるような発信が重要で、
それを目指していく事。


コピーライティングの基礎である
「3つのnot=読まない、信じない、行動しない」にはそれぞれに壁があり、

「読まない壁」を越えるには、
・ベネフィットを語る
・感情のギャップを作る
というテクニックを覚えておく。


そして、それを超える大切なことは、
・肚から語る
・自分を語る(相手に気づかせる)
という感じで共感してもらうということだ。


そして実は・・・さらに、共感してもらうために強力なのが、
「自分の物語=ストーリー」を語るということだったりする。

とても重要かつ、
ビジネスにおいては必須な項目なので、
これについてはこちらを見ていこう。
ビジネスで必須!集めたい人を集めるストーリーの作り方

※現在募集中の、新企画はこちら
ライティング】の最新記事
  • セールスレター
    セールスレターの4つの基本構成と大切な2つのポイント
  • core
    これからの時代を勝ち残っていく為のセールスコピーとは?
  • story
    ビジネスで必須!集めたい人を集めるストーリーの作り方
  • コピーライティング
    なぜ、よくあるコピーライティングの基礎は時代遅れなのか?
  • 7
    今すぐパクれる!読まれる記事タイトル7つのコツとは?
  • ブログの書き方!初心者でも最後まで読ませるポイントとは?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。