カード
※現在募集中の、新企画はこちら

ーアノテーションが無くなる・・・?

今後は、
そんな可能性もあるかもしれない。

なぜかというと、
新機能である”カード”が作られたからだ。


というわけで今回は、
・カードとアノテーションの違いは?
・その2つの使い方は?

などを主に見ていこう。

再生回数はもちろん、
チャンネル登録者が増えるポイントなので、
しっかりと確認して使っていこう。

カードとアノテーションの違い




(※まずは動画をご覧ください。)


まず、
カードとアノテーションの違いを見ていこう。

まずは実際の表示の違いは、
カードとはこの右上の部分のことであり・・・
カード
アノテーションはこの部分のことだ。
(場所は任意で決定できる)
アノテーション
ここで、もしかしたらあなたは、
「任意で設定できるならアノテーションを使うのが良くない?」
と思うかもしれない。


しかし、
アノテーションには致命的な欠点があった。

それは何かというと、
「スマホで表示されない」というものだ。


今は本当にスマホの時代なので、
いくら動画サイトと言えどもこの欠点は痛い。

しかし、
カードはスマホでも表示される。


だから現状のオススメとしては、
カードとアノテーションを併用していくこと。
(※もしかしたらアノテーションはいつか無くなるかも?)

というわけで、
ここから使い方を見ていこう。

サイトを関連付ける方法

と、その前に、
カードやアノテーションを使って、
外部サイトにリンクを貼る際は、
あらかじめそのサイトを関連付けている必要がある。

簡単なので、まずはその関連をやっていこう。


まず最初に、
YouTubeの設定画面にいき、
「チャンネル」「詳細設定」をクリック。
詳細設定
そこにある、
「関連付けられているウェブサイト」の欄に、
自分のブログやサイトのURLを入力しよう。
関連ウェブサイト
その後、メタタグを設置し、
所有者の確認をする必要がある。

やり方が分からない場合は、
「テーマ変更等、ワードプレスの初期設定を済まそう!」
2.ウェブマスターツールに登録」と一緒の手順なので
そちらを見ながらやればOKだ。

カードの使い方

ではここから、カードの使い方を見ていこう。

まずは、動画の管理画面にいき
「カード」という項目をクリック。
カード
次の画面ではまず、
カードを挿入したい時間を”バー”で指定し、
「カードを追加」をクリック。
カード
そうすると、
色々な項目が出るので、
自分が挿入したい項目をクリック。
関連ウェブサイト
ここでは、
「関連ウェブサイト」でやってみよう。

「関連ウェブサイト」
クリックすると色々な項目が出てくる。
項目
ちなみに、
ティーザーのテキストは以下の部分。
ティーザー
他の項目はこの部分だ。
他の項目
これでカードは挿入される。

まだまだ
この機能は進化するはずだが、
必ず設定しておこう。

アノテーションの使い方

最後に、
アノテーションの使い方を簡単におさらいしておこう。


まずは、動画の管理画面にいき、
「アノテーション」を選択しよう。
アノテーション
先ほどと同じように、
挿入したい任意の場所に”バー”を持っていき、
「アノテーションを追加」をクリック。
バー
ここから今回は、
「チャンネル登録ボタン」を作る方法を紹介しよう。

まずは、
好きな形のアノテーションを選択し、
表示される文字を入力し、ボタンの色を選択。
あのてーしょん
ボタンの大きさや場所も指定できる。

さらに、
リンクにチェックをし、
「チャンネル登録」を選択し、
「チャンネルユーザー名」を入力すれば完了。
アノテーション
ちなみに、チャンネルユーザー名は
「YouTubeの設定」「詳細設定」から見れる。
詳細設定
※チャンネルIDというところなので注意。
チャンネルID

最後に

いかがだっただろうか?


カードやチャンネルをうまく使えば、
再生回数やチャンネル登録者数が増える。

この記事を見て、
しっかりとやっていこう。


以下も再生回数を増やすちょっとした工夫だ。
>>YouTubeで再生リストを作るメリットと作り方

YouTubeで稼ぐ為の全手順|資産チャンネルの構築法

※現在募集中の、新企画はこちら
YouTubeマネタイズ】の最新記事
  • YouTubeの収益化をスマホから超簡単に設定する方法
  • ヒデさんがYouTubeで月10万円達成
    1ヶ月目で月収18万円を達成(YouTubeコンサル)
  • YouTubeコンテンツID(一部の国のブロック)の回避方法は?
  • YouTubeで稼ぐ為の全手順|資産チャンネルの構築法
  • あああ
    動画の編集方法&YouTubeにアップする手順を解説
  • カード
    YouTube!カードとアノテーションの違いと使い方
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。