値段
※現在募集中の、新企画はこちら

ー値段どうしよう・・・


自分でビジネスをやったことがある人なら、
誰もが一度は悩んだことがある部分。

それが、
「価格設定」である。


もし今まで、
「何となく」価格を設定していたら勿体ない。

もっとたくさん、
売上げることが出来ていたかもしれないし、
もっとお客さんに価値を感じてもらえたかもしれない。


というわけで今回は、
「価格設定の基本的な考え方」についてだ。

では、さっそくいこう。

値段によって集まる人の違い




(※まずは動画をご覧ください。)


まず、値段によって集まる人は違う。

これは、
実際にイメージしてみれば分かりやすい。


たとえば、
「安いファミリーレストラン」「高級なレストラン」だったら、
どちらにどんな人が集まりそうだろうか?

どちらがうるさく、
どちらがクレームが多く
どちらの満足度が高いだろうか?


・・・


おそらく、
安いファミリーレストランの方が店内はうるさい。

もしかしたら、よく分からない
クレームを言ってる客もいるかもしれない。


逆に、高級感レストランは、
凛とした静かな雰囲気がイメージできる。

クレームというよりは、
店が醸し出す”場の空気”みたいなものに、
お客さんが順応するかもしれない。


このようにまずは、
「値段によって集まる人は違う」ということを抑えておこう。
(※もちろん提供するサービスもだが、それは当たり前の話)


ちなみに、もっと詳しく言えば、
大体の傾向としては以下の通り。


・価格を安く設定=人数は集まるが、意識の低い人が集まり、満足度は低くなる
・価格を高く設定=人数は集まらないが、意識が高い人が集まり、満足度が高くなる



何故こうなるかというと、
「人は値段が高いから価値を感じる」生き物だからである。


たとえば、
「100円ショップのお皿」と
「雑貨屋で買った1000円のお皿」だったら、
1000円の方が価値を感じる生き物なわけ。

だから、満足度が高くなったり、
意識が高い人が集まりやすくなる。


値段を高く設定することによって、
価値を感じる人が多くなり、
ビジネスがうまくいくなんてこともある。

値上げは上手く使えば、
あなたのビジネスを助長するのである。

深く関わる場合は価格を高くしよう

特に、何かに結果を出させる系などの
”お客さんと深く関わる”ビジネスの場合は、
意識の高い人を集めることが重要になる。


たとえば、
「ビジネス系、受験系、筋トレ系」などの場合は、
値段を高く設定した方が成功させやすい。

だからこそ、
値段は高く設定するのは大切なことなのである。


そして、そういう場合には注意が必要。

どんな注意かというと、
「お客さんを選ぶ」ということだ。

そのために値段を高くする事に加えて、
「何らかの基準を設ける」というのも時に大切になる。


なぜかというと、
値段が高いサービスの場合は、
直接関わる回数が多くなるもの。
(※コンサルしたり等)

その時に、
「合わない人同士」と過ごすのは
自分にとっても相手にとってもストレスだし、
結果を出させてあげることは出来ない可能性が高い。


どんな人だって、
「合うor合わない」があるもの。


だからこそ、
お客さんを選ぶことは大切だし、

普段から思ったことを言ったりして、
ネットなら思ったことを発信したりして、
自分の価値観を打ち立てておくことも大切なのだ。

フロントエンド・バックエンド

そしてここで、
「フロントエンド・バックエンド」
という考え方を知っておこう。

これは簡単に言うと、
「安いものを提供した後に、高いものを提供して利益をあげる」
というマーケティング手法だ。


たとえば、
まずフロントエンドとして、
3000円のセミナーをセールスする。

そして、
セミナーに来てもらった人に、
バックエンド商品として、
50万円の高額塾を販売する。

みたいな感じ。


もっと日常的な例だと、
スーパーで目玉商品を告知する。
(※これがフロントエンド)

「国産牛100gあたり99円!」みたいな。


でも実際、スーパーに行けば
目玉商品以外のものも買うでしょ?


だから、

「あれ、目玉商品目的だったのに、
 思ったよりいっちゃったなー・・・まぁいっか。」


・・・っていう主婦が続出するわけだ。


"女のヒモ"として生きてる男の人も、
フロントエンドとして100円のジュースを買ってもらい、
バックエンドが生活費丸々だったりとか。笑


このようにまずは、
「来てもらう」ことだったり、
「1回お金を使わせる」ことだったりさせて、

バックエンド商品を
買ってもらいやすくするのがフロントエンドの役割。



人は、1回コミットすると、
なかなか引けないという心理が働くからね。


フロントエンドとバックエンドという考え方は覚えておこう。

値段以上の価値は当たり前

そして一番最後に知っておくべき事は、
「値段以上の価値を提供するのが当たり前」ということ。


たとえば、無料のものでも
「コレが無料!?」と言われるような情報を心がける。

10万円の商品だったら、
「アレが10万円は安い!」と言われるモノを心がける。


そうやって、
「お客様を満足させること」にフォーカスしていくのが大切。


与え過ぎくらいが丁度良いというわけだ。


元々、良い噂よりも悪い噂は広まりやすいもの。

今じゃネットの時代なわけだから、
その拡散力はさらにレバレッジがかかる。


だから尚更、これからのビジネスは本当に、
「沢山の人を集めて利益をあげる!」というよりも、
「少ない人でも満足させ、リピーターを増やすことで利益をあげる!」事が重要。

集客よりも、アフターフォローに力を入れられる人が
繁栄させるビジネスを作っていけるようになるだろう。

最後に

いかがだっただろうか?


まず、値段によって集まる人は違い、
そもそも人は値段が高いと
価値を感じやすいものだということ。


深く関わるビジネスの場合は
値段を高く設定し、意識を高い人を集めること。

その際に、
「基準」を設けたりするもの必要で、
自分の価値観に合う人を集めること。


さらに、利益をあげるためには、
「フロントエンド・バックエンド」という考えを理解し、
自分のビジネスでも活かしていくこと。

そして大前提として、
「値段以上の価値を提供する」こと。


価格設定の基本については、
ここら辺を理解しておけば大丈夫だろう。


大事な大事な
マーケティングファネルはこちら
>>重要!マーケティングファネルと簡単な事例

※現在募集中の、新企画はこちら
マーケティング】の最新記事
  • SALE
    セールスのテクニック!特に重要度の高い3つを詳しく解説
  • 馬
    企画やセミナーの集客を100%確実に成功させる方法
  • 値段
    必見!これからの時代における価格設定の基本的な考え方
  • 無料でもNG!?ネットのビジネスで信頼を構築する方法
  • ファネル
    重要!マーケティングファネルと簡単な事例
  • direct
    知らないと大損なマーケティング!DRMとは一体何か?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。