つべ
※現在募集中の、新企画はこちら

ーYouTubeの力・・・


もし、あなたがこれから
何らかのビジネスをしようとしているならば、
YouTubeを活用しないのはもったいない。

それくらいYouTubeはスゴい力があるし、
あなたのビジネスを一気に加速させる可能性がある。


というわけで今回は、
「YouTubeのビジネス的利用」をテーマに記事を書いてこう。

自分のテレビ局




(※まずは動画をご覧ください。)


あなたが、YouTubeに対して
どういうイメージを抱いているか分からない。

だが、
「ビジネスをしているorこれからしようと思っている」ならば、
「YouTubeは自分のテレビ局」という認識でいるべきだ。

間違っても、
「暇つぶし動画サイト」なんかではないのである。


今、スマホの普及などにより、
時代は本当にインターネットと共にある。

10代などの若い子は、
”テレビよりネットに使う時間が多い”というデータもある通り、
これからは尚更、
「ネットを制するものがテレビを制す」事になるだろう。

それはつまり、
「ネットを制するものがビジネスを制す」という事でもある。


そして、YouTubeによって、
ネット上に自分のテレビ局を作れるのが今の時代。

もちろんブランディングは大切だが、
行動していけば誰でも有名人になれる可能性があるし、
誰でもビジネスをうまくやっていける可能性があるのが今の時代。

(※ブランディングについては以下を参照して勉強しよう
 ⇒3つの基本価値を知り、痛いセルフブランディングを避けよう


だから、チャンスだし、
「ネット上の自分のテレビ局=YouTube」
を活用しない手はないわけだ。

資産的に伸びて行く

そしてYouTubeの良いところは、
「資産になる」ということ。


たとえば、SNSの投稿は
フィードが流れてしまえばそれで終わり。

しかし、
ブログ記事やYouTubeにアップした動画は、
そのキーワードが検索されている限り、
多くの人にリーチできるのである。


だから、ビジネスの種類にもよるが、
「資産を作りたい」なら優先的にやるべきなのは、
「ブログ(サイト)とYouTube」なのだ。


たとえば実際、
「1年前にアップしていた動画のおかげで、
 自分のビジネスがうまくいくようになりました!」
なんて事がよくある。

だからこそ、
長期的作戦として資産を築いていくならば、
YouTubeにコンテンツをガンガンアップするべきなのだ。


そして、これからは多くの情報発信者が、
「ブログ記事+YouTube動画」という風な組み合わせで
コンテンツをネット上に投下していく時代になるだろう。


今はそこまで多くないが、
既にやっている人はやっているので、
あなたもこの2枚看板を
今から築きあげていくことをオススメする。

YouTubeはレベルが上がる

そして今、
日本のYouTubeのレベルはそんなに高くない。

つまりはチャンスなのである。

だからこそ、
今のうちにYouTubeを使っておいて、
来るべき時代に備えて
YouTubeを使いこなせるようになっておこう。


・・・しかし、
今後はドンドンレベルが上がっていくだろう。

それこそ、
企業がガンガンYouTubeに参入してきたり、
動画のレベルがテレビ番組と同じくらいの編集技術になったり、
そういう事が予想される。


実際、アメリカのYouTubeのレベルは高く、
人気のチャンネルをのぞいてみると、
「明らかにプロの編集だな」って思うし。


だからこそ、
今からやっておくのが本当にオススメ。

それが思わぬ将来的な資産となり、
あなたのビジネスを加速させることになるだろう。


最後に

いかがだっただろうか?


いつも言ってる通り、
コツコツとコンテンツを投下し、
資産を作っておくのは大切だ。

そうすれば、集客がある程度自動化できて、
より違うことに時間が使えるようになるからね。
(参照:ネットを使いビジネスプロセスを自動化すべき理由


というわけで、具体的に
YouTubeチャンネルを作っていこう。
YouTubeのチャンネル作成とチャンネル名の変更

※現在募集中の、新企画はこちら
  • 「コンテンツ力」の理解と発信媒体を使い分ける事の意味
  • Twitter
    今後のTwitterでフォロワーを増やすコツとリスト収集
  • つべ
    これからの時代、YouTubeのビジネス利用は当たり前!
  • pc
    SNS!特徴や違いを理解しビジネスに応用しよう
  • 顔
    意外と知らない?濃いFacebook友達を増やすには
  • 目ん玉
    情報発信ブログはコンテンツSEOを意識しよう
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。