ミラー
※現在募集中の、新企画はこちら

ー客観視できるかどうか・・・

これは、
ビジネスをしていく上でとても重要な事。

だからこそ、
「いかに自分を客観視できるか」がカギになってくる。


でも、
こういう風に言われたからといって、
いきなり客観視できるなんてことは無理。

というわけで今回は、
「自分のビジネスを客観視するための方法とは?」というテーマでいこう。

モデルさんの凄さとは?




(※まずは動画をご覧ください。)


ちょっとその前に。

客観視に関連した話で、
アパレルの仕事で撮影を手伝った時に思ったのが、
「モデルさんって凄いな」ってことだった。


撮影前とかは笑顔で、
「あ、よろしくお願いします〜」とかって感じなんだけど、
「いざ、撮影!」ってなると表情やオーラを全て
ブランドの世界観に合わせるんだよね。

特にそういう部分で、
「凄いな〜」と感心したのは、
昔、誰もが知ってる有名な劇団に所属してた経験がある方。


その人はマジで、
「今、自分にはどういうものが求められてるか」を一瞬で理解してた。

さすが、元劇団員って感じ。


実際、これって何でもそうで、
たとえばお笑い番組とかで面白い人は、
「今、自分はどういうふるまいをすべきか」を理解できてる。

ボケることを求められてるのか、
ギャグを求められてるのか、
スベることを求められてるのか。笑

「空気感」を掴んで、
そこでしっかりと客観視できて、
自分の役割を果たせれば番組的には盛り上がるからOK。
(※そういう視点でお笑い番組を見るのも勉強になるだろう)


まぁ何が言いたいかっていうと、
「人生おいて自分を客観視できれば最強」ってことなんだ。

それくらい、客観視することは大切ってわけ。


では、そういう前置きの上で、
「自分のビジネスを客観視するための方法とは?」
という事について書いていこう。

一流選手でも・・・

まず、手っ取り早く客観視するためには、
「他の誰かに意見を聞く」というのが手っ取り早く正確だ。


たとえば、
一流のプロスポーツ選手だって、
コーチしてくれる人がいるわけで。

それは何故かっていうと、
「自分が見えてない部分を指摘してもらえるから」でしょ?


つまりは、
「客観的に見た意見を聞くため」なわけ。

だからこそ、
いち早く客観視できるようになるためには、
人からガンガン意見をもらった方が良いということ。


そしてここで、重要な事があってそれは、
「色々な人から意見をもらう」ということ。

特にビジネスにおいてはこれが重要。

では実際、どういう人から
意見をもらうべきなのかここから見ていこう。

1.自分より抽象度が高い人

まず1つは、
「自分より抽象度(レベル)が高い人」だ。

もっと分かりやすく言えば、
自分と同じ業界(もしくは自分の業界をよく知っている)人で、
自分よりはるかに結果を出している人。


つまりは、
コンサルティング的なことだね。

それをやってもらうことがまず1つ。


何故かというと、
「自分には見えてない成功への道」を見せてくれるから。


当たり前だけど、
結果を出している人は
結果を出す道が分かっている。

それならお金を出してでも、
それを教えてもらった方が早いに決まってる。

だからこそ、先ず大切なのは
「自分より抽象度(レベル)が高い人」の意見を聞くことだ。


だがしかし、
大切なのはこれだけではない。

2.同じ業界の仲間

さらに大切なのは、
「同じ業界の仲間」である。

ここでもしかしたらあなたは、
「え、同じ業界なら、さっきの抽象度が高い人だけで良いのでは?」
と思うかもしれない。


しかし、それは間違いである。

なぜかというと、
「抽象度が高すぎても、うまく人を導けない可能性がある」からだ。


たとえば分かりやすいのが大学教授。


俺は理系だったから実体験として分かるんだけど、
教授の授業ってハッキリ言って意味わからない事が多かった。

でも、分からないことを友達に聞くと、
「あぁ、これは教授が
 ココの部分の説明を適当にしたからだよ。
 これはね、こうでこうで...」
って分かりやすく教えてくれた。


そう、大学教授はレベルが高すぎて、
「細かいこと」「(教授にとって)当たり前のこと」の説明を
疎かにする傾向があるのだ。

つまりはこれと同じってこと。


いくら、同じ業界でレベルが高い人でも、
「細かいこと」を言及しない可能性もあれば、
「当たり前の基準」が全然違う可能性だってある。

だからこそ、
「同じ業界で頑張っている仲間」に意見を聞くと、
思わぬところに突破口が見えたりするのである。


そして次で最後だ。

3.自分のビジネスの対象者

そして、最後は、
「自分のビジネスの対象者」である。


実際に、
自分のビジネスの対象になりうる人に、
自分のビジネスのことを聞いてみる。


たとえば
「20代、男性、彼女なし」の人を対象にするビジネスだったら、
そういう人から意見をもらってみる。

よく、モニターとかってあるけど、
それも客観的な意見を聞きたいからなわけで。


そうやっていけば、
「ここはこうした方が良い」っていうのが出てくる。

それを改善していけば、
より良いビジネスになるってわけだ。

最後に

いかがだっただろうか?


勘の良いあなたなら気づいたかもしれないが、
ビジネスを成功させるためには、
「より良い人間関係の形成」が必要不可欠なのだ。

もちろんいつも言ってる通り、
「依存」ではなく「自立」していて、
本気で頑張っているからこそ、
本気で意見を返してくれるもの。
(※最初から他力本願じゃダメということ)


その上でやっていれば、
周りの人の意見があなたを救うことが大いにある。

それは覚えておこう。


続いて、こちらも必見だ。
>>セルフブランディングで実力を上手に示す方法

※現在募集中の、新企画はこちら
ビジネス】の最新記事
  • コミュニティ運営のコツ|組織における5つの発達レベルとは?
  • gazou
    「結果を出す人」に近づく為の5つのステップ
  • 情報発信ビジネスにおける時代を捉える大切さ
  • なぜ、意識高い系の大学生は起業しても結果が出ないのか?
  • 情弱じいちゃん
    ズブズブの情報弱者にならないための対策とは?
  • 幻影旅団
    ハンターハンターの幻影旅団は脆い!その理由と組織の強さ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。