backup
※現在募集中の、新企画はこちら

ーバックアップ設定って難しそう・・・

そう思う人が多いかもしれないが、
「BackWPup」というプラグインを入れれば一発だ。


サイトを譲渡する時も、
このプラグインは役立つので、
今回の記事をしっかりみて設定していこう。

では、早速いこう。

はじめに




(※まずは動画をご覧ください。)


ワードプレスをバックアップする際には、
・サーバー上のデータファイル
・ワードプレスのデーターベース

の2つが必要だ。

ちなみに、サイト売買(M&A)などで、
サイトを譲渡する際もこの2つが必要になる。


そしてこの2つのデータを
一気に保存し、ダウンロードできるのが、
「BackWPup」というプラグインなのだ。

なので今回は、
①サーバー上のデータファイルの自動バックアップ設定と方法
②データーベースの自動バックアップ設定と方法
③任意(手動)でバックアップする方法

を紹介していく。


まずは、
「データファイル」からいこう。

1.データファイルを自動バックアップ

まずは、
「BackWPup」をインストールして有効化しよう。

※そこまでの手順が分からない方は以下を参照
SEOを意識したワードプレスプラグインを導入しよう!

1-1.一般設定

インストールしたら、
「新規ジョブ」をクリック。
新規ジョブ
まずは一般設定で、
名前を"file"など任意で入力し
「ファイルのバックアップ」を選択。
file
アーカイブ名はデフォルトでOKで、
形式はWinなら「Zip形式」Macなら「Tar GZIP」に、
バックアップファイルの保存方法は「フォルダ」にしよう。
設定2
その下の項目はデフォルトのままでOKだ。

1-2.スケジュール設定

ここでは、
バックアップを取るスケジュールを設定できる。

「WordPressのcron」を選択すると、
自動でバックアップする事が出来るようになるので、
まずはそこを選択しよう。

スケジュールタイプは基本のままで、
スケジュールは「毎週」で良いだろう。
スケジューラタイプ
これで、
「毎週日曜日の3時」にバックアップが実行される。

自分が好きな時間に決められるので、
あなたがベストだと思うタイミングで設定してほしい。


「ファイル」は初期設定で大丈夫なので、
次は「宛先:フォルダ」を設定しよう。

1-3.宛先:フォルダ設定

ここでは、
バックアップフォルダの名前と、
古いデータの削除設定を行うことができる。

まずは一番下の階層を、
「file-backup/」などの分かりやすい名前に設定しよう。

そして古いデータをどれくらい残しておくかを設定。
データ
「15」だと、
「15個溜まったら、古いデータを削除していく」ということになる。

特にこだわりがなければ、このくらいでよいだろう。


できたら、変更を保存しておこう。

1-4.動作確認

設定を保存したら、
念のため動作確認をしておこう。
今すぐ実行
ここで、
「ジョブ完了」となったらOKだ。
ジョブ完了
ちなみに、
以下の手順でファイルをダウンロードできる。

「バックアップ」からファイルを選択し、
「ダウンロード」をクリック。
バックアップ
ダウンロードが終わったら、
ファイルを開いてみて以下のようだったら大丈夫だ。
バックアップデータ
では次に、
データーベースのバックアップ設定をしよう。

2.データーベースの自動バックアップ

では次に、
データーベースのバックアップ設定をしよう。

さっきとは少し異なる部分があるので、
そこを注意しながらやっていこう。

2-1.一般設定

まずは、
「新規ジョブを追加」で、
"database"など任意の名前を入力。

そして、
「データベースのバックアップ」
「インストール済みプラグインリスト」を選択しよう。
database
そうしたら後は、
先ほどと同じように設定。
設定2
この下の項目は特にいじる必要なしだ。

2-2.スケジュール設定

次にスケジュール設定。

だいたいは先ほどと一緒だが、
データベースは1日1回保存しておくことをオススメする。
スケジュール設定2

2-3.DBバックアップ設定

ここでは、
基本的には変更しなくてよいが、
ファイルサイズを軽くするために
圧縮形式をGZipにしておこう。
DB圧縮
次の
「プラグイン設定」はデフォルトのままでOKなので、
「宛先:フォルダ」に進もう。

2-4.宛先:フォルダ設定

ここでは先ほどと同じように、
バックアップフォルダの名前と、
古いデータの削除設定を行うことができる。
file-backpup
任意で設定しておこう。


また、動作確認やダウンロードの仕方などは、
「1-4.動作確認」と同じような手順で出来る。

3.手動でバックアップ

さて、最後の3つ目は、
「手動でバックアップする方法」だ。


これは、
サイトを売買して譲渡する時や、
サーバーを移転する時に使われる。

以下の手順でやっていこう。

3-1.一般設定

まずは名前を入力し、
タスクは以下の3つを選択しよう。
当日バックアップ
そうしたら、
以下は先ほどと同様に設定。
設定2
その下の項目も特に変更する必要は無い。


次は「スケジュール」だが、
初期設定で”手動”になっているため
特に変更する必要はないので「DBバックアップ」に進む。

3-2.DBバックアップ設定

ここでは
「2ー3.DBバックアップ設定」と同じように、
圧縮形式を"GZip"にしよう。
DB圧縮
あとの、
「ファイル」と「プラグイン」はデフォルトでOKなので、
次は、
「宛先:フォルダ」にいこう。

3-3.宛先:フォルダ設定

ここでは、
フォルダに任意の名前を入力し、
古いデータの削除設定を行うことができる。
backuptoday
今回は手動なので、名前は日付。
削除設定は「1」で問題ないだろう。



そうしたら保存を変更しよう。

実行&ダウンロードの方法は、
「1-4.動作確認」と同じように出来るのでやっておこう。

最後に

いかがだっただろうか?

これで、
ワードプレスのバックアップは完璧だ。

心置きなく記事を更新していこう!


他にも便利なプラグインについては、
こちらを参考にしながら導入していこう。
SEOを意識したワードプレスプラグインを導入しよう!

資産ブログを開設して稼ぐまでの全手順を簡単かつ丁寧に

※現在募集中の、新企画はこちら
WordPress】の最新記事
  • 2017年最強のWordPress有料テーマ、Diverが凄すぎる。特典で新企画にご招待!
  • AdRotateの使い方 | WordPressで広告やCTAのA/Bテスト!
  • バス停で一人待つ男
    たった1分で!WP External Linksの最適な設定方法
  • 子豚さん
    nofollowの書き方と半自動化させるWordPreesプラグイン
  • 虎
    PostSnippetsで記事中にadsense広告を半自動表示させる方法
  • ContactForm7のreCAPTCHA設定方法を丁寧かつ簡単に
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。