※現在募集中の、新企画はこちら

ページが重い・・・

そうならないために、
「EWWW Image Optimizer」
というプラグインは入れておきたい。


このプラグインを入れると、
画質そのままで画像サイズが圧縮されて、
ページの表示が早くなるのだ。


というわけで今回は、
「EWWW Image Optimizerの設定」について簡単にまとめた。

スグ出来るので見ながらやってみよう!

1.初期設定




(※まずは動画をご覧ください。)


まずは基本的な初期設定だ。

ここでは、
「Basic Settig」
「Conversion Settings」の設定を少し変更する必要がある。

※逆に、
「Cloud Setting」
「Advanced Settings」
初期設定で大丈夫なのでいじる必要はない。


ではまずは、
「BasiC Setting」からいこう。

1-1.Basic Setting

まず、
「Basic Setteing」だ。

ここでは、
「Remove metadata」のみにチェックを入れる。
チェックを入れる
そうすると、
画像ファイルの余計なデータを削除できるので、
画像サイズが軽くする事が出来る。

あとは特にチェックを入れなくてOKだ。

1-2.Conversion Settings

次は、
「Conversion Settings」を設定しよう。

ここでは一番上の
「Hide Conversion Links」にチェック。
Hide Conversion Links
そうすることで、
自動で画像の種類を変更することを防ぐことができ、
クオリティが落ちたり余計な画像が増えたりすることがなくなる。

後の項目は、
「Hide Conversion Links」をチェックすれば、
特に設定する必要はないのでこれでOKだ。

2.既存の画像を一気に圧縮する方法

「EWWW Image Optimizer」を入れると、
今までアップロードした画像も圧縮することができる。

ここからはその方法について説明していこう。

まずは、
「メディア」から「Bulk Optimize」をクリック。
メディア
そこにある
「Optimize Media Library」という項目の
「Start Optimizing」で一括で圧縮される。
media library
これでOKだ。


ちなみに、
「Optimize Everything Else」という項目の
「Scan and optimize」を選択すると、
テーマに使われてる既存画像を圧縮できるので、
こちらもやっておく事をオススメする。
Scan
これで完璧だ。

最後に

いかがだっただろうか?


これで、画像が圧縮され、
ページの表示速度が上がり
「重い!」が改善されるだろう。

「重い!」が改善されれば、
直帰率も下がるのでSEO的にも有利なのだ。



また、
他にもSEOに有利なプラグインがあるので入れておこう。
SEOを意識したワードプレスプラグインを導入しよう!

資産ブログを開設して稼ぐまでの全手順を簡単かつ丁寧に

※現在募集中の、新企画はこちら
WordPress】の最新記事
  • 2017年最強のWordPress有料テーマ、Diverが凄すぎる。特典で新企画にご招待!
  • AdRotateの使い方 | WordPressで広告やCTAのA/Bテスト!
  • バス停で一人待つ男
    たった1分で!WP External Linksの最適な設定方法
  • 子豚さん
    nofollowの書き方と半自動化させるWordPreesプラグイン
  • 虎
    PostSnippetsで記事中にadsense広告を半自動表示させる方法
  • ContactForm7のreCAPTCHA設定方法を丁寧かつ簡単に
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。