pc
※現在募集中の、新企画はこちら

ーどのSNSを使うか?

これはビジネスをしていく上で重要。

なぜなら、
SNSにはそれぞれ特徴があり、
向き不向きというのがあるからだ。


というわけで今回主要SNSである、

・Twitter
・Facebook
・Instagram


の特徴や違いについて書いていこう。


これを踏まえて、
自分のビジネスや活動に活かしてほしい。


では、早速いこう。

1.Twitter




(※まずは動画をご覧ください。)


まずはTwitterだ。


Twitterはユーザー層もわりと広く、
主に10代〜20代の男女に広く使われている。

140文字という字数制限もあるため、
気軽につぶやける良さがあるので、
投稿自体も軽い気持ちで出来る。


他のSNSと比べても、
「真剣なSNS」というよりは手軽さがUSPで、
「ネタ要素(2ちゃんねるっぽい)」が強い
投稿(つぶやき)やアカウントが人気だ。


また、面識がない人同士でも
気軽にフォローができるので
ガンガン繋がっていける良さがある。


さらに、
タイムラインに特殊なアルゴリズムがなく、
ただひたすらに時系列順に投稿が表示される。


そして何といっても、
「バカッター」等で騒がれたように、
良くも悪くもRT(Retweet)で一気に拡散する力がある。


使い方としては、手軽さを利用して
ガンガン繋がっていく(フォローしていく)のが良いだろう。


媒体拡大&ビジネス的に使う
具体的な方法については
以下の記事を参照してほしい。
今後のTwitterでフォロワーを増やすコツとリスト収集


【まとめ】
・年齢層が広い
・RTで拡散しやすい
・「ネタ系」のウケが良い
・気軽に利用してる
・タイムラインが時系列順
・かなり繋がりやすい

2.Facebook

次はFacebookだ。


Facebookは、
年齢層が高めな感じ。

若い人が全くやってないわけじゃないけど、
良くも悪くもオジさんくさいイメージがある。


基本的には実名登録のため、
繋がりにくさはあるが濃く繋がれる。


そしてTwitterよりは、
1つ1つの投稿に重みがある。


それと、
情報発信者の宣伝媒体としても使われていたり、
ビジネス的な繋がりも多い感じがある。

これは逆に言えば、
ビジネス的な投稿をしやすい環境でもあるということ。


拡散力に関してTwitterに比べると衰えるが、
「シェア」があるため拡散しないわけではない。


あとはフィードには”独自のアルゴリズム”があり、
時系列ではなく仲が良い人の投稿が載りやすい。

だから、
ただただ友達の数を増やすというよりは、
濃い友達を作っていくことが大切である。


ここら辺については、
以下の記事を参照にしてほしい。
意外と知らない?濃いFacebook友達を増やすには

【まとめ】
・年齢層が高め
・狭く濃い繋がり
・1つの投稿の重さがある
・ビジネス系の投稿多め
・拡散力はTwitterに劣るがある
・フィードに独自のアルゴリズム

3.Instagram

3つ目はInstagramだ。


日本では最近有名になったくらいだが、
世界規模ではTwitterのユーザー数を上回るSNS。
(※ちなみにFacebookの傘下である)

最近、日本のInstagramが公式に、
「広告を載せます!」と声明を出した事から、
さらにビジネス的用途が高まる可能性が高い。


Instagramの特徴は、
「写真SNS」なので、
若い世代や女性がとても多いこと。

そして、写真は言語を超えるため、
海外のユーザーにもリーチできることだ。


料理、カメラ、アート、ファッション、アパレル・・・

そういうのが自分のビジネスだったり、
ビジネスに絡んでくる人は是非使っておきたい。


また、広告も写真メインなので、
あまり「広告臭」がしないという良さもある。


フィードはTwitterと同様に時系列順だが、
RTやシェア機能がないため拡散しずらい。


じゃあ、どうやって
自分の投稿をリーチするのかというと、
「ハッシュタグ」がカギになってくる。
(※#love,#like,#cute等の「#〜」というもの)


インスタユーザーも
「ハッシュタグ」を検索してくるため、
投稿にたくさんハッシュタグをつけよう。

30個までつけられるので、
なるべくフル活用することがオススメである。

【まとめ】
・写真メイン
・年齢層低め、女性が多い、英語圏が多い
・料理、アート、ファッション等のウケ良し
・RTやシェアがないため拡散しにくい
・アート、ファッション
・ハッシュタグが重要

最後に

いかがだっただろうか?


これを踏まえた上で、
「自分はどのSNSに向いていて、力を入れるべきか」を定めよう。


また、何だかんだいって、
メディアに振り回されないことは大切。

というわけで、こちらの記事は必読だ。
「コンテンツ力」の理解と発信媒体を使い分ける事の意味

※現在募集中の、新企画はこちら
  • 「コンテンツ力」の理解と発信媒体を使い分ける事の意味
  • Twitter
    今後のTwitterでフォロワーを増やすコツとリスト収集
  • つべ
    これからの時代、YouTubeのビジネス利用は当たり前!
  • pc
    SNS!特徴や違いを理解しビジネスに応用しよう
  • 顔
    意外と知らない?濃いFacebook友達を増やすには
  • 目ん玉
    情報発信ブログはコンテンツSEOを意識しよう
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。