顔
※現在募集中の、新企画はこちら

ー数が多いだけじゃ意味がない・・・

それが最近のFacebookだ。


そう、FacebookはTwitterと違い、
フィードには独自のアルゴリズムがある。

だからこそ、むやみやたらに数を増やして
媒体力を大きくしてもあまり意味はないのだ。


そこで今回は、
「濃いFacebook友達を増やすには」というテーマで記事を書いてく。

とても大切なのでしっかりと見ておこう。

Facebookは濃さ重視




(※まずは動画をご覧ください。)


まず、先にも述べた様に、
「Facebookは友達の数が多いだけじゃ意味がない」のだ。

なぜかというと、
ニュースフィードには独自のアルゴリズムがあるからである。


たとえばTwitterだったら、
フォローしている人全員のつぶやきが、
タイムラインに時系列順で表示される。


しかし、Facebookの場合は違う。

Facebookでは、
「仲の良い友達の投稿がニュースフィードに優先的に表示される」のだ。

しかも最近は、その傾向がよりいっそう強い。


ちなみに仲の良さは、
「メッセージのやりとり」とか
「コメント、いいね!のやりとり」とか...

簡単にいうと
「Facebook上でのやりとりの多さ」が関わってくる。


だから、
むやみやたらに友達の数を増やしたとしても、
その友達とのやりとりが少なくなってしまえば、
自分の投稿が相手に表示されなくなっていくのだ。


それを踏まえるとやはり、
「濃い友達を作っていく」のが大切。

今回はここから、
その3つの入り口をご紹介しよう。

1.FBグループを活用する

まず1つ目は、
「Facebookグループから友達を見つける」というもの。

Facebookには色々なグループがある。

・好きな事(趣味など)
・好きなアーティスト
・好きなスポーツチーム..etc

そういうところから、繋がりを作っていくのは有り。


また、
「友達募集グループ」というのもあるが、
ここからはあまり濃い友達にはなりにくい。

ここでの繋がりは、
”ただただ数が増えるだけ”になってしまう可能性が高いので、
趣味の合いそうな人とだけ繋がるのが良いだろう。

2.著名人と共通の友達

次は2つ目だ。

本の著者などの著名人、有名人は
Facebookで情報発信していることが多い。

そしてそういう人たちは意外と、
Facebook友達を受け付けているもの。
(※宣伝になるからだ)

だからまず、
あなたが好きな著名人を探してみて、
友達申請をしてみよう。


そして、それが受理されたら、
その著名人の友達リストをチェックし、
趣味が合いそうな人に申請してみよう。


申請を受けた相手からすると、
「あ、○○さん(著名人)が共通の友人にいる」ということで、
親しみを持ち仲良くなれる可能性が高いのだ。


しかも、著名人とかは1つのブランドであり、
「○○さん(著名人)が好きなら価値観が合うかも」
ということで話が合う可能性も高い。

濃い友達になれる可能性大である。

3.著名人の投稿

そして3つ目は、
「著名人の投稿」をチェックしてみる。

そこで、
「いいね!」をしている人や、
「コメント」をしている人を見て、
その人たちに友達申請をしていく。


ただの共通の友人よりも、
投稿にリアクションをしている人たちの方が、
よりその著名人と近い人たちの可能性がある。

だからこそさらに、
話が合ったり仲良くなれる可能性が高い。


先も述べた通り、著名人や有名人は
基本的にFacebookをやっていて友達を募集している。

それを、
「コミュニケーションツール」として
仲良くなっていくというのは基本戦略だ。


だってたとえば、
同じアーティストが好きだった場合、
それでスゴい仲良くなったりするでしょ。


Twitterに比べて、Facebookは量より質。

だから、濃い友達を作りに注力していこう。

最後に

いかがだっただろうか?

量より質を意識すると、
上記3つの方法がオススメだ。


当たり前なんだけど、リアルの場で
「Facebookやってますか?」とアプローチするのが一番早い。

しかし、
それは実際に足を動かす必要があるので、
今回は家でも出来る戦略をご紹介した。


では次は、
Twitterの媒体を拡大していこう。
今後のTwitterでフォロワーを増やすコツとリスト収集

※現在募集中の、新企画はこちら
  • 「コンテンツ力」の理解と発信媒体を使い分ける事の意味
  • Twitter
    今後のTwitterでフォロワーを増やすコツとリスト収集
  • つべ
    これからの時代、YouTubeのビジネス利用は当たり前!
  • pc
    SNS!特徴や違いを理解しビジネスに応用しよう
  • 顔
    意外と知らない?濃いFacebook友達を増やすには
  • 目ん玉
    情報発信ブログはコンテンツSEOを意識しよう
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。