contact
※現在募集中の、新企画はこちら

ーサクっと作れる・・・


WordPressでブログやサイトを運営していく上で、
「お問い合わせフォーム」の導入は必須である。

そこで今回はその作り方と、
迷惑メール(スパム)対策について
しっかりとやっていこう。

では、早速いこう。

※10月6日、仕様変更により追記。

お問い合わせフォーム生成




(※まずは動画をご覧ください。)


まずは、
お問い合わせフォームを生成していこう。

「Contact Form 7」という、
プラグインを使うと便利なのでインストールして有効化しよう。
今すぐインストール
さらには、
「Really Simple CAPTCHA」というプラグインを入れると、
画像認証機能により迷惑メール(スパム)対策もできるので、
こちらもインストールして有効化していこう。
(※以下、旧バージョンの場合)
いますぐインストール
どちらも有効化したら、
「お問い合わせ」から「コンタクトフォーム」をクリック。
コンタクトフォーム
そうすると以下のようになるので、
「タグの作成」から「CAPTCHA」を選択。
コンタクトフォーム作成
そうするとコードが出現するので、
それを"p"で囲んで、左側に入力。
(※pの意味がよく分からない人は画像通りやればOK)
コード入力

※最新バージョンは、
また仕様が違うので以下を参照してほしい。
>>ContactForm7のreCAPTCHA設定方法を丁寧かつ簡単に

そうしたら「保存」し、
表示されるコードをコピーしよう。
コードよし、そうしたら今度は実際に、
お問い合わせフォームを設定していこう。


2.お問い合わせフォーム設置

まず、
「固定ページ」から「新規追加」をクリック。
固定ページ新規追加
そうしたら、タイトルを入力。
(お問い合わせ等でOKだろう)

「テキスト」に切り替えて、
先ほどコピーしたコードをペーストし、
パーマリンクを設定して「公開」しよう。
contactそうすると、
以下のようなお問い合わせフォームが出来る。
お問い合わせ完了
お疲れ様!

これで完了だ。

最後に

いかがだっただろうか?

これで読者から、
ファンレターが届くようになる。

次は、
メニューやサイドバーを編集して
固定ページを目立つ様に設定しよう。
WordPressでサイドバーとメニューを追加&編集しよう!

資産ブログを開設して稼ぐまでの全手順を簡単かつ丁寧に

※現在募集中の、新企画はこちら
WordPress】の最新記事
  • 2017年最強のWordPress有料テーマ、Diverが凄すぎる。特典で新企画にご招待!
  • AdRotateの使い方 | WordPressで広告やCTAのA/Bテスト!
  • バス停で一人待つ男
    たった1分で!WP External Linksの最適な設定方法
  • 子豚さん
    nofollowの書き方と半自動化させるWordPreesプラグイン
  • 虎
    PostSnippetsで記事中にadsense広告を半自動表示させる方法
  • ContactForm7のreCAPTCHA設定方法を丁寧かつ簡単に
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。