bone
※現在募集中の、新企画はこちら

ーネタはどうやって探せば・・・

これは誰もが悩むところだろう。


そこで今回は、
「再生回数が伸びやすいネタを探す方法」を2つ書いていこう。


何も考えずにやるのと、
これを考えてやるのでは大違い。

だから、
集中して読んで自分のものにしてほしい。


1.トレンドから考える




(※まずは動画をご覧ください。)


まず1つ目は、
「トレンドから考える」ということだ。


たとえば、
サッカーで日本人選手がゴールしたら、
「ゴールシーンが見たい!」ということで、
YouTubeで検索してくる可能性が高い。

なので、それを狙って動画をアップする。


参照先でも述べたように
映像コンテンツは消されやすいため、
少し視点をズラしていこう。
(参照:YouTubeアドセンスで稼ぐ4つのジャンルとリスク順


たとえばこの場合は、
「◯◯が××戦でゴール!その時の海外の反応は?」や
「◯◯が××戦でゴール!試合後のインタビューで名言!」とか。

こうやって、
「検索需要が伸びる」×「少しズラす」という視点
動画をアップロードしていこう。


あとは例えば、
元旦だったら前日に放送された
「ガキの使い」等で検索需要が伸びる可能性がある。

そこで、
「ガキの使い」関連の動画をアップする。


もちろんテレビコンテンツを
そのまま載せると消されてしまうため、
こちらでも少しズラしたネタを考える。

「ガキの使いの笑ってはいけないシリーズでの悪い噂とは?」や、
「【ビジネス講義】なぜ、年末のガキの使いは高視聴率なのか?」とか。
(※あくまで考え方として)


そうやってネタを探すと、
普通にやるより何倍も再生回数が伸びる可能性が高いので、
「トレンドから考える」という視点は持っておこう。


ちなみに、
検索上位に表示される方法は、
以下の記事を参考にしてほしい。
(参照:YouTube検索の上位をブリブリに占拠する3つのコツ


では、次にいこう。

2.今人気の動画から考える

2つ目は
「今人気の動画」から考えるというもの。

もっと詳しく言えば、
「今人気の動画に関連した動画を作る」ということだ。


今人気の動画とは、
この欄にあるものである。
今人気の動画この場合の狙いは、
「これらの動画の関連動画に表示されること」だ。


当たり前だけど、
人気の動画の関連動画に載れば、
そこからの流入がたくさんになる。

だから、そこにある動画を見て、
先ほども出た”ズラしの視点”で別の動画を作ってみる。


たとえば、
「芸能人の◯◯が失言で放送事故!」みたいなのが、
「今人気の動画」に載ってたとしよう。

その場合は、
「◯◯」に関連した動画を作れば良い。


事実、著作権侵害にならない
ラジオ音声の切り抜きでもいいし、
スライドショーなんかでもいい。

そうやって、
関連した動画を作り、
「人気動画の関連動画」に載せて
再生回数をたくさん獲得する。


これはとても効果的かつ
再生回数を簡単に獲得できる方法なので、
ネタ探しに困ったらやってみることをオススメする。


ちなみに、
関連動画に載せる方法については
必ず以下の記事を参照しよう。
(参照:YouTube関連動画に腐るほど表示させる3つのコツ

最後に

いかがだっただろうか?


ネタ探しの困ったら、
上記2つの方法でやってみよう。

そうすれば、
ただ闇雲に動画を作るよりも効率良く
動画の再生回数を伸ばすことが可能になる。


実際にやってみれば、
その効果はすぐ分かるだろう。


続いてこちらも必見!
>>YouTubeアドセンスのクリック率を上げる方法

YouTubeで稼ぐ為の全手順|資産チャンネルの構築法

※現在募集中の、新企画はこちら
YouTubeマネタイズ】の最新記事
  • YouTubeの収益化をスマホから超簡単に設定する方法
  • ヒデさんがYouTubeで月10万円達成
    1ヶ月目で月収18万円を達成(YouTubeコンサル)
  • YouTubeコンテンツID(一部の国のブロック)の回避方法は?
  • YouTubeで稼ぐ為の全手順|資産チャンネルの構築法
  • あああ
    動画の編集方法&YouTubeにアップする手順を解説
  • カード
    YouTube!カードとアノテーションの違いと使い方
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。