SEOを意識したワードプレスプラグインを導入しよう!

プラグイン

ー「何を入れれば良いんだ!!」


初めてたてでは誰もがそう思う、
ワードプレスのプラグイン。

そこで今回は、SEO対策はもちろん、
入れておくと便利なプラグインについて紹介していく。


では、早速いこう。

プラグインの導入方法




(※まずは動画をご覧ください。)


その前に、
プラグインは大きく分けて2つあり、
導入の仕方が違うので覚えておこう。

1.公式登録されている場合

まず1つ目は、
WordPress公式のプラグイン。


こちらの場合は、ダッシュボード左サイドバーの
「プラグイン」から「プラグイン名」を検索して、
インストールすれば良い。スクリーンショット 2015-05-11 14.46.13インストール後は「有効化」すれば、
すぐにそのプラグインは反映される。
有効化これでOKだ。

2.公式登録されていない場合

2つ目は、公式登録されておらず、
外部からダウンロードしてから、
ワードプレスにアップロードするパターン。


まず、外部からプラグインをダウンロードし、
「プラグインのアップロード」を選択する。
プラグインアップロードその後、
「ファイルを選択」から、
“ZIP形式のまま”該当のプラグインを選択し、
「今すぐインストール」をクリック。
今すぐインストールインストール後は、
「有効化」するを忘れずに。


さて、これで2通りの
インストールの仕方は分かった。

オススメプラグイン

ではここからは、
オススメのプラグインを紹介していこう。

Akismet

これは、
スパムコメントを自動処理してくれるプラグイン。

ワードプレスをダウンロードすると、
最初から入っているが、色々と設定する必要がある。

その設定についてはこちらを見てほしい。
WordPress!3分でAkismetの設定を済ませよう

AmazonJS

これはAmazonリンクを
綺麗に表示してくれるプラグイン
だ。

(↑表示例)

Amazonの商品を紹介する
可能性がある人は導入することをオススメする。

設定が少々手間なので、
こちらの記事にまとめた
AmazonJSの設定方法と表示されないエラーの解決策

Autoptimize

これは、HTML、CSS、Javaを縮小し、
ページの表示速度をあげるプラグインだ。

ページの表示速度を上げることは、
間接的にSEO対策にも関わってくる事なので
しっかりと対策をしておこう。

※同じようなプラグインに
「Head Cleaner」があるが不具合が出やすいのでこちらを採用。
こちらで不具合が出たら「Head Cleaner」を使ってみよう。

brBrbr

初めてワードプレスを使った人は、
改行がうまくいかずに悩むことも多いだろう。

そこでこのプラグインを使うことで、
改行を思い通りにしてくれる。


このプラグインは、
外部サイトからダウンロードする必要があるので、
こちらのサイトからDLしインストールしよう。

EWWW Image Optimizer

これは、画像を自動圧縮して、
ページの表示速度をあげてくれるプラグイン。


「ページの表示速度が上がる」
⇒「直帰率が下がるのでSEO効果がある」

とても便利なので導入していこう。

設定はこちらにまとめた。
スグ出来る!EWWW Image Optimizerの設定方法

No Self Pings

これは内部リンクを送った時に、
いちいち通知が送られてくるのを防ぐプラグイン
だ。

内部リンク対策は、
滞在時間を伸ばすためにとても大切。
(参照:SEO対策!滞在時間を伸ばす10のポイントとは?

それをする度にイチイチ通知がくると
たまったもんじゃないので導入しておこう。

PubSubHubbub

これは入れておくだけで、
記事を更新したのをGoogleにお知らせしてくれる。


インデックスされる(検索結果に表示される)
スピードが上がるので必ず入れておこう。

WordPress Ping Optimizer

このプラグインは、
「Ping(更新通知)の頻繁な送信」を防ぐプラグイン。

記事をちょくちょく修正してしまうと、
いちいちPing(更新通知)が送られてしまい、
スパム行為とみなされる可能性がある。

そうならないために、このプラグインを入れておこう。

BackWPup

これはワードプレスのデータベースと、
サーバーのファイルを自動でバックアップしてくれるプラグイン。


とても便利なので、
導入しておくことをオススメする。

設定は少々ややこしいので、
こちらの記事にまとめておいた。
WordPress!BackWPupの設定方法と使い方

WP Lightbox 2

このプラグインを入れ、

記事中に挿入した画像をクリックすると、
きれいな箱で表示されるようになる。


見栄えが良くなるので、
入れておくことをオススメする。

Google XML SitemapsとDD Sitemap Generator

この2つのプラグインを導入すると、
検索エンジン用サイトマップと、
訪問者用サイトマップを作成することができる。

そのメリットや設定方法も含め、
以下の記事にまとめてあるので見ておこう。
5分で出来る!WordPressでサイトマップを作成する方法

状況によってはオススメ

ここからは、
使っているテーマなどによっては
入れておくことをオススメするプラグインだ。

All in one SEO Pack

これを入れると、
・metaデータの設定
・SNSでの表示設定
・XMLサイトマップの設定
を簡単に変えることが出来る様になる。


最近では、テーマによっては
このプラグインが不要な場合があるが、
無料テーマ等を使っていて
そういう要素が見当たらない場合は基本的に入れておこう。

詳しい設定については、
こちらの記事を見てほしい。
3分で!All in One SEO Packの最低限の初期設定

WordPress Popular Posts

このプラグインを入れると、
サイドバー等に人気記事を表示できるようになる。

最近では、テーマによって
この要素が最初から入っているものがあるので、
自分のテーマにない場合はインストールしておこう。

WP Social Bookmarking Light

このプラグインを入れると、
Twitter,Facebook,はてブ等の
ソーシャルボタンを設定できるようになる。


必要な場合は導入していこう。

Yet Another Related Posts Plugin

これは記事下に、
関連記事を表示させることができるプラグインだ。

関連記事をクリックしてもらえば、
滞在時間が伸びてSEO対策になるので、
テーマにそういう機能がない場合は絶対に入れておこう。

詳しい設定は
こちらの記事にまとめておいた。
YARPPの表示位置やタイトル文字数等を変更する方法

最後に

いかがだっただろうか?

これらのプラグインは便利なので入れておこう。


あとは基本的に、
「あぁこういう機能があったらいいのに」と思えば、
「○○ ワードプレス プラグイン」とググれば、
その機能を持ったプラグインと出会うことができる。

そうやって自分のサイトを
思い切り使い勝手の良いものにしていこう。

資産ブログを開設して稼ぐまでの全手順を簡単かつ丁寧に