王冠
※現在募集中の、新企画はこちら

ー実力をどう示していくか・・・

これは、ビジネスをしていく上で重要だ。

なぜならここは、
一瞬で価値を感じてもらえる部分だから。


「じゃあ、実積がない人はどうすれば?」


大丈夫、それについても言及していく。

だから集中して続きは読んでほしい。


「自分が結果を出す力」と「他人を導く力」は違う




(※まずは動画をご覧ください。)


と、その前にいっておきたいのは、
「自分が結果を出す力」「他人を導く力」は違うということだ。


だからどんなに実積があっても、
誰かを導ける力があるかどうかは分からない。

つまりは、
一流のプロスポーツ選手が引退して、
一流のコーチになれるかどうかはまた別の話ってことと同義。


だから教える側は、
「どうすれば他人を導けるか」っていうのを勉強する必要がある。


これは、もちろん俺もやってるし、
教えるのがうまい人はみんなそこを研究している。

だからあなたも
何かを教える時に分かっておいてほしいのは、
「人をどうやったらうまく導けるか」をしっかり考えるってこと。


どんなにその道で力があっても、
それをうまく教えられるかどうかはまた別。

その前提を踏まえた上で、続きを読んでいこう。

実積がある人は・・・

まずは何らかの分野で実積がある人だ。


実積があれば一瞬で価値を感じてもらえるので、
実積がある人は当たり前だけど、ちゃんと示した方がいい。
(参照:3つの基本価値を知り、痛いセルフブランディングを避けよう


ビジネスだったら、
「月に◯◯◯万稼ぎました」とか

受験指導とかだったら、
「◯◯大学合格」とか

作家だったら、
「◯◯賞受賞」とかね。


こうやってしっかりと実積を示す。


ただ、出し方が重要。


ビジネス系の場合は、
あんまり全面に出しすぎると下品な感じがあるので、
「サラッと言う」ってことがポイント。

そして、共通認識として基本的には、
「あまり実積にとらわれていない感」があった方がいい。


「月に◯◯◯万稼ぎました(ね?すごいでしょ?)」

「◯大合格!(ね?すごいでしょ?)」

「◯◯賞受賞!(ね?すごいでしょ?)」


この、
「ね?すごいでしょ?」が見え隠れしないようにしよう。

見ている人にとっては不快なだけである。


では次は、実積がない人だ。

実積がない人

実積がないからといって、
ビジネスができないわけではない。

さっきも言ったとおり、
「自分が結果を出す力」と「他人を導く力」は違う。

だから、
あなたは他人を導く才能があるかもしれないし、
才能がなくても勉強すれば大丈夫だ。


じゃあ、
実積がない人はどうすればいいかというと、
「無料コンテンツの質で勝負する」というのが大切。

もちろん、
実積がある人だって大切なことだけど、
実積がない場合はより大切になっていく。


だから無料のコンテンツでは、
「余力を見せつつ、圧倒性を見せる」のが大切。


余力っていうのは、
「この人はまだまだ実力がある」って思わせるってこと。

圧倒性っていうのは、
質なり量なりで見た人を
「うぁ、すごいな」と思わせるということだ。

これが実積がない人はとても大切なのだ。


そして、
共通して大切なことは
大きく分けて2つある。

共通して大切なこと

まず、1つ目は何かっていうと、
「理想の世界に導くリーダーシップ」ということだ。


教える人たちを
「仲間」と捉えて、
その人たちと一緒に目指していく未来を提示する。


まぁ、よく例えられるのがルフィだよね。


ルフィは海賊王になることが夢。

ゾロは世界一の剣豪。

サンジはオールブルー・・・etc


みたいに、一見仲間の理想はバラバラ。


だけど、
一緒に海賊団としてやっていくことによって、
その理想が叶う可能性があるわけだ。


そして、仲間にそう思ってもらうためには、
「理想の世界」を自らが提示する必要がある。

それに同意してくれたら、
仲間になってくれるわけだからね。


さらにその上で、
リーダーシップを見せる必要もある。

これは、
「この人についていけば大丈夫だ」って思われるってことだ。

理想の語り方について
詳しくは参照先を見てほしい。
(参照:夢を語る効果を最大限に高める方法


そして2つ目は、
共通の敵を作るということ。


人は共通の敵に立ち向かう時に一致団結する。

たとえば野球なりサッカーなりで、
スポーツ観戦したことがある人は分かるだろうけど、
敵チームを倒すために一致団結して応援するよね。

贔屓してるチームが得点を上げると、
知らない人なのに隣の人とハイタッチしたりとか。


そういう意味で、
「共通の敵」を作るのは大切なんだ。


そして、作るポイントは2つで、
・同じ業界を敵にする
・なるべく抽象的にする
ということ。


たとえば、
ボイストレーナーだったら、
ボイトレ業界を敵にしていく。

そして、個人名などは出したら誹謗中傷になるから、
「巷のボイトレ教室は・・・」とかなるべく抽象的にする。


「巷のボイトレ教室は、1回30分でモノ凄い高い料金をとる。
 
 しかも、人には相性があるから、
 相性が合わない講師と当たった場合は最悪だ。

 だけど私は・・・・・・」
みたいな。


敵っていうとイメージが悪いなって人は、
「自分の業界はもっとこうなればよくなる!」っていうところを考えてみよう。

最後に

いかがだっただろうか?


今回の話をまとめると、
「実積がある人はサラッと出す」こと、
「実積がない人は無料コンテンツで実力を見せること」が大切。

そしてさらに共通して大切なのは、
「理想の世界を提示する」ということ
「共通の敵を作る」ということだ。

しっかり、
自分の中に落として込んで活用してほしい。


こちらも必見!
>>再定義から生まれるブランドの新たな価値とは?

※現在募集中の、新企画はこちら
ビジネス】の最新記事
  • コミュニティ運営のコツ|組織における5つの発達レベルとは?
  • gazou
    「結果を出す人」に近づく為の5つのステップ
  • 情報発信ビジネスにおける時代を捉える大切さ
  • なぜ、意識高い系の大学生は起業しても結果が出ないのか?
  • 情弱じいちゃん
    ズブズブの情報弱者にならないための対策とは?
  • 幻影旅団
    ハンターハンターの幻影旅団は脆い!その理由と組織の強さ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。