スマホを使ってる人
※現在募集中の、新企画はこちら

ー新しいメディアで時代は変わる・・・

そして、新しいメディアといえば、
最近では”LINE”が挙げられるだろう。


俺自身も去年あたりから、
「LINE@」がどのように使えるのかを研究したり、
色々とアドバイスしてる飲食店で導入してみたり。

そうやって着目してきたものだった。


基本的には、
「媒体に振り回されないことは大切!」なのは当然のことだが、
「媒体の性質を理解しながら使う」こと時に大切なことである。

ということで今回は、
「LINE@」に着目して記事を書いていこう。


リアルビジネスをやってる人も、
ネットビジネスをやってる人も、
ビジネスが加速していく可能性大。


そもそも、LINE@の特長とは?




(※まずは動画をご覧ください。)


まず、LINE@を理解するために
「そもそもLINE@ってどういう特長があるの?」
ということを考えていこう。


これは大きく分けて2つある。


1つ目はなにかというと、
「開封率の高さ」だ。

ちなみに、
これは何と比べているかというと、
「メールマガジン」である。


今はまだ、メルマガがDRMのツールとして使われているし、
店舗などを見てもLINE@を導入してる方が少数派だろう。

だけど今後はこれが、変わってくる可能性が高い。


実際、今の時代は
企業が送るメルマガって読まれない。
(※もちろん、面白かったら読まれる。)

だけどLINEの場合、
「日常のコミュニケーションツール」の上に、
ポップアップ通知があったりするから、
メルマガよりも開封率は遥かに高い。


LINEではスタンプとかも使えるので、
”より近い距離”で”よりコミュニケーション”をとれるしね。
(※つまらないメッセージは、当然ブロックされるが)


そして2つ目は何かっていうと、
「開封時間の早さ」という感じだ。


たとえばメルマガだったら、
夜にばーって読んだり、会社に行く前の朝に読んだり・・・
「読む時間」っていうのが人によって決まっている。


だけど、LINEはポップアップ通知があるし、
ふとLINEを開いた時に、企業からだとしても、
未読メッセージがきてると気になるから開きがち。

だからメルマガよりも、
「到達から開封までの時間が、早い可能性が非常に高い」


LINE@には大きく分けて、
このような2つの特長があるのだ。


特徴をおさえたので、
次に問題点を挙げてみよう。

LINE@の問題点とは?

LINE@の問題点は何かというと・・・
「登録までのハードルが高い」というのがあるだろう。


メールアドレスは無料で何個でも作れるが、
LINEアカウントは原則1つだ。

だからこそ考えられるのは、
「よほど濃いファンじゃないと、登録してくれないだろう」ということ。


考えてみれば分かる。

あなたのLINEに、
企業の売り込みのメッセージなどが
バンバンきてたらどう思うだろうか?


まぁ、俺なら嫌だなぁ・・・

きっと、あなたも嫌でしょ?


だからこそ、
「登録へのハードルが高い」っていうのがデメリット。


もちろん今後、
普及率がドンドン高まるだろうから、
そのハードルが低くなる可能性はある。

でも、現時点では、
メルマガより登録のハードルがとても高いのだ。


さて、ここからが大切だ。


これらを踏まえた上でここから考えるのは、
「どうやってやって使っていくべきか」ということ。

ここについて考察していこう。

どうやって使う?

まず、1つ考えられるのは、
「コアな層に対して使っていく」ということだよね。


やっぱりLINE@は、
「コミュニケーション」という面では、
メルマガよりも距離が近い感じがする。

だから、
「一般の人」にしてみては、
「LINEなんてやりたくねー!」と思うかもしれないが、
「ファン」にとっては、
「メルマガより距離が近い!」ということで、

”使うメディアをメルマガからLINE@に変えただけ”で、
満足度が上がってさらに濃いファンになってくれるかもしれない。


ネットビジネスだったら、
「自分のサービスや商品を買ってくれた人限定で使う」とか。

そうやっていけば、
感情的な価値をより高めることが出来るだろう。


そしてもう2つ目としては、
「他媒体の更新通知」として使うということ。
(※ここからネットビジネス向けの話)

たとえば、
「相性が良いのはYouTubeとかなんじゃないか?」と個人的には考える。


それは、なぜか?


YouTubeには
「今人気の動画」というのがあるでしょ。

俺自身もYouTubeを研究してる身として、
あそこに動画が載った事があるから分かるんだけど、

「今人気の動画」に載る条件として、簡単に言えば、
「アップロードしてすぐに再生回数が伸びた動画」というものがある。


実際、その欄にある動画の
”アップロード日”に注目してみれば分かると思うけど、
「1日前」とかが多いんだよね。


・・・で、LINE@のメリットとして、
「開封時間が早い」っていうのがあると述べた。


このメリットって、
そのYouTubeのアルゴリズムに直結するでしょ?


だから、コア層であるLINE@登録者に向けて、
動画をアップロードしたことをお知らせする。
(※コア層=反応率が高い)

そうすると、スタートダッシュが決まって、
”人気の動画”に載って、さらに伸びて・・・


なんて使い方が出来るんじゃないかと思ったり。


他にも、「ランキング」とかに載らないと、
レバレッジがかからず話にならないようなもの。
(※LINEスタンプランキングなり、Amazonランキングなり)

そういう、
”初速”が必要なものとは相性が良いだろう。

最後に

いかがだっただろうか?


「LINE@」については俺自身も、
リアルビジネスとネットビジネスの両方で、
色々と研究してみるつもり。

あなたも、
「自分ならどう使うのが有効かな?」と考えてみると、
ビジネスが大きく加速していく可能性がある。


頭のどこかに、
今回の話を置いておくと良いだろう。


続いてこちらも必見
>>重要!マーケティングファネルと簡単な事例

※現在募集中の、新企画はこちら
マーケティング】の最新記事
  • SALE
    セールスのテクニック!特に重要度の高い3つを詳しく解説
  • 馬
    企画やセミナーの集客を100%確実に成功させる方法
  • 値段
    必見!これからの時代における価格設定の基本的な考え方
  • 無料でもNG!?ネットのビジネスで信頼を構築する方法
  • ファネル
    重要!マーケティングファネルと簡単な事例
  • direct
    知らないと大損なマーケティング!DRMとは一体何か?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。