感情のコントロール
※現在募集中の、新企画はこちら

ー「感情をコントロールできない!」

そういう悩みを抱える人が多いみたい。


まぁ実際、
感情をコントロールするのって結構難しいんだよね。

俺自身は最近コツを掴んで、
できるようになってきた感じ。


だから今回は、
「感情をコントロールできない原因とする方法」がテーマだ。

感情があるのは良い事




(※まずは動画をご覧ください。)


その前にまず言っておきたいのは、
「感情があるのは良い事だ」ってことなんだ。


俺は昔、
殆ど自分の感情が無かったし、
それによって苦しんでいた。

だけど、
自分の感情が出せるようになって、
人生は一気に楽しくなっていった。


だから、
「感情を出せる」っていうのは幸せなことだと思うし、
そこまで問題視することじゃないのかもしれない。


でも・・・

感情にブレがあると成功できない?

人にビジネスを教えはじめてから思うようになったのが、
「感情に起伏がある人ほど行動ができない」ってことなんだよね。


たとえば、
「オレ、やってやります!」みたいなタイプの人。

そういう人っていうのは、
蓋を開けてみたら全然行動できない人だったりする。
(参照:仕事や人生において「ワクワクする」がクソすぎる理由


だから思うのが、
「感情はコントロールできた方が良い」ってことなんだ。


もちろんその上で、
感情をコントロールするかしないかはあなた次第。

でも、
「出来るけどしない」のと「出来ない」じゃ違うから
今日はその方法を教えちゃおうかなと思う。


続きは、集中して読んでほしい。

感情をコントロールする方法

まず、感情をコントロールできない人っていうのは、
「無理矢理、感情を押し殺そうとする」傾向にあるんだよね。


たとえば、
「気がすすまない」という感情を無視するために、
「オレやってやります!」って宣言をするとか。

「寂しい」という感情を無視するために、
「寂しくないですよ!」って言ったりとか。


だからすべきなのは、
「感情を受け入れる準備」なんだ。


たとえば分かりやすいのが、
恋人と別れようとした時とか。


「別れても悲しくないぞ!」じゃなくて、
「別れたらきっと悲しいんだろうな、でも前を向いてやっていこう」と考える。

だって、実際、悲しいに決まってるし。


こういう風に感情を受け入れる準備がないと、
「こんな悲しくなるはずじゃなかったのに・・・」って感じで余計に疲れちゃう。


あとはたとえば、仕事をやめて起業しようとした時、
「やめても、全然不安じゃないぞ!」じゃなくて、
「やめたらきっと不安になる、でも前を向いてやっていこう」と考える。

だって、実際、不安に決まってるし。


この準備ができてないと、
「こんな不安になるなんて・・・」って余計に疲れちゃう。


やりたいことだってそうだぜ。

「やりたいことだから、全速力でできるはずだ!」じゃなくて、
「やりたいことだとしても、やりたくないことも出てくるだろう。
 でもしょうがない、大変だろうけどそれも乗り越えて頑張っていこう。」って感じ。

だって、実際、
「やりたいことだけやってればいい」なんて無いだろうし。


イメージできたかな?


そもそも感情っていうのは、
その振れ幅が大きければ大きいほどエネルギーを消費するもの。

俺はその消費しちゃう分のエネルギーを、
「本当にやるべきこと」に注げるのが理想だと思ってる。


まぁただ、たとえば
「泣く」という感情を味わいたい人は、味わえばいいと思うけどね。

結局はここも本人次第なんだ。


俺は大抵の場合、
「泣く」とか「怒る」とかにエネルギーを注ぐよりも、
前に進んでいくことにエネルギーを注ぎたい。

だから、そういう風にコントロールしていってるだけ。


「泣くのが悪い」とか「怒るのが悪い」とかじゃなくて、
自分がやりたいことにエネルギーを注げてないなら・・・って話だから。


そしてこれはもちろん、
「全く感情が動かない」というわけじゃないよ。

だけど、
「感情を受け入れる準備」をしているのとしていないのじゃ、
驚くくらい違うんだ。


そして、これができるようになると、
他人の感情に影響を受けなくなっていく。
(もちろん、ゼロではないけど)


人って誰かが落ち込んでたら、
その影響を少なからず受けるもの。

それも最小限で済むようになるってこと。


これが出来るようになると、
「やりたいこと」とか「今、やるべきこと」に
エネルギーを注げるようになる。

つまりこれは、
「人生が前に進んでいく」ってことになる。

最後に

いかがだっただろうか?


感情をコントロールする方法は、
「感情を受け入れる準備」をしておくっていう、
実はそんなに難しくないことだった。


「面倒くさくなんてない!」じゃなくて、
「面倒だろうけど、やっていこう!」という準備だ。

だって、どうせ、
人生なんて面倒なんだから。笑


そういう風にやってみた上で、
自分が注ぎたい方向にエネルギーを注いでみよう。


続いて、こちらも必見
>>仕事や人生において「ワクワクする」がクソすぎる理由

※現在募集中の、新企画はこちら
人生】の最新記事
  • なぜ、人は月に癒され、太陽に励まされるのか?(光の幸せ、熱の幸せ)
  • 本を読んでも人生が変わらないのは「ライブ感」が無いから
  • 人生を変える環境へ飛び込む重要性
  • "たまの休みの日に何するか"で仕事の成功が決まる!
  • gazou
    「結果を出す人」に近づく為の5つのステップ
  • パリストン
    ハンターハンター・パリストンから学ぶ"遊戯感覚"の強さ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。