※現在募集中の、新企画はこちら

ー「サーバー?めんどくさそう・・・」

そんな悩みを
チョチョイと解決するのがこの記事の役割だ。


ドメインが住所だとしたら、レンタルサーバーは土地。


土地を借りれば家を建てられるように、
サーバーをレンタルすれば、
そこにブログやサイトを設置したり、
さまざまなデータを保管できたりする。


だからこそ、
サーバーを借りるのはとても大切なのだ。

と、いうわけで早速借りにいこう。

おすすめはエックスサーバー




(※まずは動画をご覧ください。)


まず、レンタルサーバー会社には色々あるが、
個人的にオススメなのは「エックスサーバー」だ。


その理由は主に3つ。
①超大容量
②対応が丁寧
③WordPressを自動インストールできる

ということだ。

値段は初期費用3000円、月額1000円くらいするが、
必要経費として考えれば安いものである。


もちろん、何個サイトやブログを作っても、
1つ大容量のサーバーを借りていれば、
よほどのことがない限りは大丈夫。

そういう意味でも、
エックスサーバーはとても優れている。


では、早速、
「エックスサーバー」を借りにいこう。

ちょちょいとレンタル

まず、
「エックスサーバー」にアクセスしよう。

エックスサーバーにアクセスしたら、
「お申し込み」をクリックだ。

Xサーバー お申し込み
そうしたら、
お申し込みフォームをクリックし・・・
お申し込みフォーム
「新規お申し込み」をクリックだ。
新規登録お申し込み
そして、利用規約などに同意。
同意する
その後、以下のような画面になるので、
一番左の「新規サーバーのお申し込み」を選択。
Xサーバー
次の画面で、
希望の「サーバーID」を決める。
スクリーンショット 2015-04-24 16.20.23 特に決まりはないが、
「自分がわかりやすいもの」にしておこう。


この次は、
「個人情報」と「契約プラン」を入力する画面になる。

契約プランは「X10」で十分なので、
特にこだわりがない人は「X10」を選択しよう。
スクリーンショット 2015-04-24 16.20.55 確認し、お申し込み完了!

メール受信後、お支払い

申し込みが完了すると、
登録したアドレスに確認メールが届く。
スクリーンショット 2015-04-24 16.21.39
このメールに記載されている、
「ユーザーアカウント情報」
「サーバーアカウント情報」は大切に保管しておこう。
スクリーンショット 2015-04-24 16.22.34

スクリーンショット 2015-04-24 16.23.11
10日間は試用期間として無料で使えるが、
ほんの少しだけ、支払いのことも触れておこう。

支払い方法は、
「ユーザーアカウント情報」からインフォパネルにログイン。
インフォパネルログイン
ログイン後が左サイドバーにある、
「料金のお支払い」から支払いを済ませよう。
左サイドバー 料金

色々な支払い方法があるので、
あなたの好みでそこは選択してほしい。

次は紐付けだ!

これで、サーバーのレンタルは完了。

意外と簡単でしょ?


ドメイン取得、
サーバーレンタルが終わったら、
次は紐付ける必要がある。

紐付けたら、エックスサーバーの場合、
「WordPress」を自動でインストールできるので便利だ。


次の記事ではそこについて解説しよう。
ドメインとサーバーを紐付けてWordPressをインストール

資産ブログを開設して稼ぐまでの全手順を簡単かつ丁寧に

※現在募集中の、新企画はこちら
WordPress】の最新記事
  • 2017年最強のWordPress有料テーマ、Diverが凄すぎる。特典で新企画にご招待!
  • AdRotateの使い方 | WordPressで広告やCTAのA/Bテスト!
  • バス停で一人待つ男
    たった1分で!WP External Linksの最適な設定方法
  • 子豚さん
    nofollowの書き方と半自動化させるWordPreesプラグイン
  • 虎
    PostSnippetsで記事中にadsense広告を半自動表示させる方法
  • ContactForm7のreCAPTCHA設定方法を丁寧かつ簡単に
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。