※現在募集中の、新企画はこちら

ー知っていただろうか・・・

「あなたのブログの文章が、全く読まれていない」という事実を。


もし、ブログを書いても、
文章が読まれなければ意味が無い。

伝えたい事が伝わることはないし、
稼ぐためにブログを作ってる人は稼ぐことすらもできないだろう。


・・・ということで今回は、
「最後まで読ませる、ブログの書き方」というテーマでいこう。

この記事で、あなたの文章力は飛躍する。

「最後まで読んでもらえるわけがない」




(※まずは動画をご覧ください。)


まず、あなたの文章なんて、
「最後までよんでもらえるわけがない」

ということはもちろん、俺の文章だって
「最後まで読んでもらえるわけがない」のだ。


これは、メルマガなどをやってみれば分かるだろう。


きっと、

商品は購入されないし、

載せたURLはクリックされないし、

そもそも、メールを開いてもらえない。


・・・そんなもん。


だからこそ!


文章というのはそういう前提、つまり、
「読まれない」という前提で書かなければならないのだ。


そして、その前提の上で、
「どうすれば読んでもらえるのか?」を必死に考える。

まず、ここからスタートしなければならないってわけ。


これはブログでも一緒。

どうしても人は、
「一生懸命書いたし、読まれるだろう。」と思ってる。


でも、それを知っているのは自分だけ。


訪問者は、
「これは一生懸命書かれた記事だ!一生懸命読もう!」

・・・そんなお人好しじゃないのだ。


ここで、
「ブログに広告を貼って稼ぐ」という観点から見てみよう。


ご存知の方も多いと思うが、
ブログの広告で一番クリックされるのは
「記事下に貼ってある広告」だ。


そして、最後まで読んでもらわなければ、
「記事下広告」に辿り着くことはない。

そういう意味でも、
「読ませる」という意識を持って書く事は大切。


じゃあ、どうすればいいのか?


ここからは、
「読ませるポイント」をいくつか紹介しよう。

「スイッーーー!」っと。

まず、ブログの文章は冒頭が命。

タイトルのつけ方は別の記事に譲るとして、
「冒頭で離脱されないようにどうすればいいか」をまず考えよう。


その1つとしてまずは、
「記事タイトルと全く違う内容の冒頭」はやめておこう。


訪問者は記事タイトルを見て、
「あ、ここに求めている情報がありそう!」とクリックしてくる。

それなのに冒頭が全然違う内容だったら、
すぐ戻られてしまうのは容易に想像できるだろう。


そのため、
「記事タイトルと全く違う内容の冒頭」はやめておくべきなのだ。


そしてもう1つ大切なことは、
「とりあえず次の文章を読ませる」という意識だ。


ちなみに、冒頭が、
「こんにちは、○○です。最近暑いですね・・・」
なんて文章だったら相当ヤバいことを自覚しよう。


なぜならブログ訪問者というのは、
「あなたのことなんてどうでもいい」と思っているからだ。


メルマガならまだしも、基本的にブログ訪問者というのは
「必要な情報を得るためだけ」にあなたのブログに訪れている。

だから、ハッキリ言って、
「あなたのことなんてどうでもいい」のだ。


だから、
「知らねーよ」と思われて、
「戻るボタン」を押されてしまう可能性が非常に高い。


そういう前提の上でまずは、
「1行目で惹き付けて、2行目を読ませる」という意識を持つ必要があるのだ。


じゃあ、2行目はどうすればいいと思う?

・・・そう、3行目を読ませる意識で書く。


じゃあ、3行目は?

・・・はい、正解。

4行目を読ませる意識で書くのだ。


こうやって特に冒頭の文章は、
「滑り台」を意識してい書くのが良い。

「スイッー!」ってイメージだよ。

「スイッーーー!!!」って。


それが出来たら、今までよりも
最後まで読んでもらえる可能性がグンと上がる。

ここまでが理解できたら次だ、次がかなり重要だ。

「むむっ!?」

冒頭で見事に滑り台に乗せる事ができたあなた。

でも、ここで安心してはいけない。

なぜなら、
読者というのは非常に気まぐれだからだ。


前提中の前提を思い出してほしい。


「そもそも、自分の文章は読まれない。」


はい、復唱。


「そもそも、自分の文章は読まれない。」


だからこそ、
最後まで気を抜いてはならないのだ。


じゃあどうすればいいのかというと、
「見出し前の一文」「見出し」に力を入れる。


見出し前の一分で意識するのは、
「次の見出しも読んでもらう」という意識。

簡単に言えば、
「ここで読み終えるのは勿体ないよ!」っていう感じだ。


「ここからが大切です」とか
「これで終わりではありません」とか
「まだ、あなたは全てを知りません」とか・・・

とりあえず、なんとしてでも、次の見出しも読ませるんだ。


そしてもう1つ重要なのは、「見出し」だ。


ここで覚えておいてほしいのは、
「読者は全部読んでくれたとしても流し読み」ということだ。


あなただって今、適当にスクロールしてるでしょ?

その時に、
「むむっ、気になるぞ」って表現があったら手が止まるはず。


だから見出しをつける際は、
「手を止めてもらうにはどうすればいい?」
「どうしても読んでもらうためにはどうすればいい?」
っていうのを考えるべきだ。


それができたら、
あなたのブログはだいぶ読まれるだろう。

そして最後に、一番大切なことを書いた。

最後に

いかがだっただろうか?

このように、
「文章は読まれないんだ」という意識を持つことで、
あなたの文章力はバビューーーンと上がるだろう。


だがしかし、勘違いしてほしくないことがある。

それは、
「コンテンツ力」よりも、
「小手先のテクニック」に頼ったら負けということだ。


小手先のテクニックで最後まで文章を読ませたとしても、
「なんだ、最後まで読んだけどつまらない記事だった」と思われれば、
あなたのブログに対するイメージは決してよくはないだろうし、
リピーターはつかないだろう。


ブログのアクセスを増やす為には、
「リピーター」を増やす必要があるのは言うまでもない。

そこを忘れたらブロガー失格である。


必ずこちらも読んでおこう
>>今すぐパクれる!読まれる記事タイトル7つのコツとは?

資産ブログを開設して稼ぐまでの全手順を簡単かつ丁寧に

※現在募集中の、新企画はこちら
ライティング】の最新記事
  • セールスレター
    セールスレターの4つの基本構成と大切な2つのポイント
  • core
    これからの時代を勝ち残っていく為のセールスコピーとは?
  • story
    ビジネスで必須!集めたい人を集めるストーリーの作り方
  • コピーライティング
    なぜ、よくあるコピーライティングの基礎は時代遅れなのか?
  • 7
    今すぐパクれる!読まれる記事タイトル7つのコツとは?
  • ブログの書き方!初心者でも最後まで読ませるポイントとは?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。