目標達成
※現在募集中の、新企画はこちら

ーそもそも、目標は立てるべきなのか・・・?


この前、
とある人のコンサルをしていたんだけど、
彼はあまり具体的な目標が無いらしい。

その時に言ったのは、
「具体的な目標を考えてみるのはどうですか?」ってことだったんだけど、
実は目標って具体的に立てない方が良い場合もあるんだ。


だから今回は、
「超非常識な目標設定の方法」というテーマで記事を書いていこう。

目標設定は人それぞれ




(※まずは動画をご覧ください。)


よく目標設定をする時に、
「期限を決めましょう!」とか
「1日1日にタスクを落とし込みましょう!」とか
そういう感じで言われたりする。


たしかに、理論的に考えれば、それで目標は叶うかもしれない。

だけど、人間ってそんなに強くないよね。


実際、俺自身もそういう性格。

基本的には3日坊主だし、
コツコツ積み重ねるのが元々苦手だった。


たしかに仕事をしていく上で、
「今日1日に集中する」っていうのを意識するようになってから、
だいぶコツコツと積み重ねることができるようになった。


だけど、やっぱり、
「今でも苦手だな」という意識はある。

やりたくないことはやりたくないし、基本的に気分屋なんだよね。


「締め切り」とかが大嫌いだから、
基本的にはフライングでスタート。

学校で宿題を出されたら、
授業中だろうが宿題をやるタイプ。

家ではのんびりしていたいもの・・・。


・・・で、俺は多くの人が、
目標に向けてコツコツやることなんて無理だと思う。


もちろん、目標達成に向けて、
コツコツとやっていける人は素晴らしいよ。

でも、多くの人は、俺みたいに3日坊主のはず。


だって、目標を立てて、その期限を決めて、
1日1日にタスクを落とし込んでそれを実行できたら、
みんなが目標を達成するわけでしょ。

それだったら本屋から
「成功哲学系の本」が消えているはず。

でも、消えてないどころか似たような本ばっかりあるし、
そういう類いのセミナーだっていっぱいあるでしょ。


だから、もう、諦めよう。


俺たちは
「目標に向かってコツコツやる」なんて無理なんだ。


だから、夢とか、目標とか、そんなもんは叶わないんだ。


・・・なーんて、諦めるのはまだ早い。


コツコツできない人には、
コツコツできない人なりのやり方があるんだ。

だから、ここからはそれを書いていこう。

まず、やりたくないことを

コツコツとできない俺たちがまずやるべきこと。

それは、
「やりたくないことをハッキリさせる」ということだ。

言い間違いじゃないよ。

「やりたくないことをハッキリさせる」


例えば俺だったら、
「何かに縛られて仕事をする」というのはやりたくない。


お金も大事だが、
忙しいよりは時間を自由に使えた方が良い。

お金も大事だが、
嫌な人と一緒に過ごすのは苦痛でしかない。

でもある程度の収入が無いと、
今度はお金に縛られる可能性が出てくる・・・。


じゃあ、それを回避するためには、
「縛られず、ある程度は稼げる仕事をする」必要があるわけ。


正直言うと、俺が起業したのはそれ。

もちろん今は
いろいろな使命感を持って仕事をしているけど、

一番最初の最初は、
「何かに縛られて仕事をしたくない!」っていうところからだったんだ。

それを実現するためだったら、まぁそれなりに頑張れるってわけ。


だからもし、あなたが目標に向かって
一直線にいけないタイプだったとしたら、
「やりたくないことをハッキリさせる」ってことが有効なんだ。


俺みたいに、
「何かに縛られて仕事をしたくない」でもいいし、

他にも、
「嫌いな人と仕事はしたくない」でもいいし、
「やりがいのない仕事は嫌だ」でもいいし、
「寂しさを感じたくない」でもいいし、
「貧乏生活は絶対に嫌だ」でもいいし・・・


とりあえず、
やりたくないことをハッキリさせるんだ。

オッケー?

その上で何をするか?

やりたくないことをハッキリさせたら次は、
「じゃあ、それを回避するにはどうすればいいのか?」を考える。


俺だったら、
「時間に縛られたくない」→「自分でビジネスをすればいい」
「場所に縛られたくない」→「ネットが繋がればどこにいてもいい」
「人間関係に縛られたくない」→「無駄な繋がりを作らなくてもいい」
「お金に縛られたくない」→「それなりに、お金を稼ぐ必要がある」
みたいな感じだ。


こうやって、
「やりたくないことを回避するためにはどうすればいいのか?」を考えるのだ。


もちろん、これを実現していく過程では、
ある程度はやりたくないことをやる必要が出てくるだろう。

でも、まぁ、最悪になるよりはマシ。

だから、前よりは行動できるようになる。


行動しているといつの間にか、
「使命」とか「真の目標」とか「勝たせたい人」とかが現れる。

そして、それが現れるとさらに行動のスピードは加速する。


だからまた、行動していると、
次のレベルの「使命」とか「真の目標」とか「勝たせたい人」とかが現れる。


さらに、また行動していると・・・・・・。


こういう感じで、
人生は良いサイクルに入っていくのだ。


だからまずは、
「やりたくないことをハッキリさせる」ってことが必要ってわけ。

最後に

いかがだっただろうか?

目標に向かって真っすぐ行動できる人には
縁のない話だったかもしれないが、
目標に向かって真っすぐ行動できない人は、
「やりたくないことをハッキリさせる」ということが必要なのだ。


「やりたくないことがスタートでいいのか?」って不安になる人もいるかもしれないが、
「行動するから真の目標は生まれる」ので大丈夫、安心してほしい。


多くの人は子どもの頃、親とかに、
「何がしたいの?」って聞かれる。

そのせいで、
「何がしたいんだろう?」で悩む。


でも、悩んでも、答えは出ない。

そうやって時間は過ぎていく・・・・・・。


そうならないためにまずは、
「やりたくないことをハッキリさせる」ことからスタートしよう。


関連してこちらも読む事をオススメ。
>>実は、自分に素直に生きるのが成功への近道

※現在募集中の、新企画はこちら
人生】の最新記事
  • なぜ、人は月に癒され、太陽に励まされるのか?(光の幸せ、熱の幸せ)
  • 本を読んでも人生が変わらないのは「ライブ感」が無いから
  • 人生を変える環境へ飛び込む重要性
  • "たまの休みの日に何するか"で仕事の成功が決まる!
  • gazou
    「結果を出す人」に近づく為の5つのステップ
  • パリストン
    ハンターハンター・パリストンから学ぶ"遊戯感覚"の強さ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。