※現在募集中の、新企画はこちら

「コンテンツSEOって何ですか?金かかるんですか?」

この前、そんな質問をされたので、
今回はそれに答える形になるだろう。


これからのSEO対策として必要なのは、
「コンテンツSEOという考え方」なのだ。

まぁ、たぶん、
この記事を見終わった時のあなたは
「なんだ、そんなことか」って思うだろうけどね。


コンテンツマーケティング、SEOとは




(※まずは動画をご覧ください。)


その前にちょっとだけ、
「コンテンツマーケティング」に触れておこう。


「コンテンツマーケティングって何?」ていうと、

簡単に言えば、
「価値のあるコンテンツを提供するコト」を重視したマーケティング戦略のこと。


「価値のあるコンテンツを提供する」

すごい当たり前のことでしょ?


前に、インバウンドマーケティングについて書いた。
(参照:インバウンドマーケティングの意味を誰にでも分かりやすく解説


インバウンドマーケティングは、
「お客さんから見つけてもらうのが目的」ということだったが、
見つけてもらうだけじゃ売上げにはならない。

そこからファンになってもらい、
商品やサービスにお金を買ってもらうためには、
「見つけた後」が重要なわけ。

つまり、そこで、
「しっかりと価値のあるコンテンツを提供できたかどうか?」が大切なわけだ。


んで、しかも、
「最近では、検索上位表示には滞在時間が重要」ってことも書いた。
(参照:ブログの検索順位を上げる3大要素とは?


「面白いコンテンツ」=「滞在時間が伸びる」

だからこそ、
価値あるコンテンツを提供しましょうよ。

「コンテンツ力でブログ順位をあげましょうよ。」


この考え方が、コンテンツSEOなわけ。


ぜんぜん、難しい話じゃないでしょ。

「当たり前すぎて、逆によく分からない・・・」
そんな人も出そうなくらい、当たり前の話なんだ。


じゃあ、今までのSEO対策は何がメインだったか。

それは、
「被リンク」だったんだよね。

つまり、
「どのくらい他のサイトで紹介されてるか」ってこと。


で、多くの企業なりは、
SEO業者から被リンクを買ってた。

簡単に言えば、
「お金を払うから被リンクを送って、
 我が社のサイトの順位を上げてください」
ってことだ。


でも、Googleは
これにペナルティを与えるようにした。

ペナルティを与えられたサイトは順位が下がるどころか、
「検索結果に表示されない」という始末。


もちろん今でも、
「被リンク」は全く意味がないわけではない。

だけど、自作自演(買ったり)の被リンクは危険だし、
「それだったら、コンテンツに注力しましょうよ」っていうのが今の流れなんだ。

コンテンツSEOの料金はゼロ?

コンテンツ力を上げれば、検索順位が上がる。

検索順位が上がれば、アクセスは増える。

アクセスが増えれば、コンテンツに触れる人が増える。

コンテンツが面白ければ、商品を買う人が増える。

だから今、
「コンテンツSEO」なんて言葉が流行りつつあるわけ。


じゃあ、
「コンテンツSEOにはお金がかかるのか?」っていうと、そんなかからない。

少なくとも、無駄な広告を出すよりは。


しかも、
Googleと仲良くする方法だからセーフティ。

ペナルティを受けて、
「せっかく作ったサイトが・・・」ってなる恐れもない。


かかるとしたら、
コンテンツを発信する媒体(主にブログ)の
「ドメイン代」と「レンタルサーバー代」くらい。

あとは、自分以外に書かせるんだったら、「ライターの外注費」がかかる。
(つまり、自分で書くんだったら、外注費はかからない。)


そしてコンテンツを完成させて、
検索の上位表示ができれば、
そこから勝手にアクセスは集まる。


最近では、
「コンテンツSEOに特化した外注業者」とかもけっこう多いけど、
Googleは体験談とかリアルレビューとかが大好き。

だから”大切な記事”は、
なるべく自分でコンテンツを作った方が良い。

その道のプロなら尚更だ。

無料コンテンツは名刺代わり

コンテンツを作る上では、
「無料コンテンツは名刺代わり」という考えが大切。

言い換えれば、無料の時点で
「価値がある」と思われるのが大切なわけだ。


つまり、
「無料だから適当でいいや」っていうのは間違い。

無料だとしても、
「訪問者は時間を使ってくれている」ということを忘れてはならない。

「時間を使ってくれている」=「命を削っている」ってことだからね。


適当なものなら、無料だとしても無い方がマシなのだ。


コンテンツSEOを意識する時の合言葉は以下の通り。


「記事の質を意識すると、文量は長くなってしまうもの。」

「文量を長くしようと意識すると、記事の質は低くなってしまうもの。」



「質」を意識しよう。

最後に

いかがだっただろうか?

コンテンツSEOとはつまり、
「訪問者にしっかり価値を与えることを意識して記事を書く」ということである。


「なーんだそれだけか・・・。」

そう、それだけ。

何も難しいことはないが、
人はどうしても近道を探してしまう。


しかし、王道を行くのが実は一番なのである。


いわゆる近道の被リンクの
効果や実例については以下を参照
>>被リンクのSEO効果とペナルティ(事例付き)

※現在募集中の、新企画はこちら
マーケティング】の最新記事
  • SALE
    セールスのテクニック!特に重要度の高い3つを詳しく解説
  • 馬
    企画やセミナーの集客を100%確実に成功させる方法
  • 値段
    必見!これからの時代における価格設定の基本的な考え方
  • 無料でもNG!?ネットのビジネスで信頼を構築する方法
  • ファネル
    重要!マーケティングファネルと簡単な事例
  • direct
    知らないと大損なマーケティング!DRMとは一体何か?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。