インバウンド
※現在募集中の、新企画はこちら

ーダイレクトレスポンスマーケティング・・・

マスマーケティング、インバウンドマーケティング、
アウトバウンドマーケティング、ニューロマーケティング...etc


「○○マーケティングってありすぎだろ!」
ってツッコミを入れたくなる気持ちも分かるが、
ビジネスをしていく上でマーケティングの知識は欠かせない。


ビジネスをはじめるとよく、
「まずはコピーライティングから!」なんて言われる。

これは確かにそうだと思うが、
さらに良いコピーを書きたければ、
その次の段階にいきたければ、
絶対にマーケティングを学ぶべきだ。


だから、マーケティング関連の記事は
どんな人でも読みやすいように、
なるべく分かりやすいように解説していく。


そして今回は、
今の時代に知っておかないとヤバい
「インバウンドマーケティング」についてだ。

インバウンドマーケティングとは?



(※まずは動画をご覧ください。)


まず、そもそもとして、
”インバウンド”とはどういう意味なのかというと、
「内側に入ってくる」という意味になる。

だから、インバウンドマーケティングっていうのは、
「顧客が内側に入ってくるマーケティング」のことをさす。


ちなみに最初にこれを提唱したのは、
「ハブスポット」っていう有名なアメリカのマーケティング会社だ。


イマイチイメージが湧かない?

ならば反対の
「アウトバウンドマーケティング」を考えてみよう。


アウトバウンドマーケティングの例を簡単にあげると、
飛び込み営業の訪問販売とか、ダイレクトメールとか・・・

簡単に言えば、
「売り込み」のことをさす。


それに対し、インバウンドマーケティングは、
「顧客側から商品を見つけてもらう」ことが目的。


たとえばスマホからの検索流入で、
オウンドメディア(自社媒体)を見つけてもらう。

そこでメディアが発している情報に興味を持ってもらい、
見込み客化していく手法が、インバウンドマーケティングである。


では、これの何が良いのか?

インバウンドマーケティングの何が良いのか?

まず、1つ目は、
「嫌われない」ということだろう。


やっぱり飛び込み営業は嫌われる。

あなたも訪問販売やテレセールスなどを受けて、
「うわぁ、うざいなぁ・・・」と思った経験があるだろう。


見込み客に嫌われてしまったら、そこにビジネスの繁栄はない。

長生きのビジネスをする上でも、
インバウンドマーケティングは有用な手段なのだ。


そして2つ目は、
「広告費がかからない」ということだろう。


たとえばネット上に
役立つコンテンツを発信するのにはお金がかからない。
(※ドメイン代、サーバー代、ライター代くらい)

一方で、どこかの広告に載せるとすると、
莫大な費用がかかるのは想像できるだろう。


インターネット上にコンテンツを置いておけば、
そのコンテンツが勝手に検索されて、勝手にアクセスを呼ぶ。


もし、そのコンテンツが有益であり、
訪問者を楽しませてくれたとしたら、

「今すぐ商品やサービスを購入する!」
という決断に至らなかったとしても、

「あの情報については、このサイト!」
のように覚えられ(ブックマーク等され)

将来的に、その発信者の商品やサービスを
購入することになるかもしれない。


このように、有用なコンテンツさえ置いてあれば、
「見込み客」をドンドン増やすことができる可能性があるのだ。


そして3つ目は、
「本物が評価されやすい」ということだろう。


今は情報が溢れているため、
「情報のスパム化」が起きている。

だから、
「誰が発信してんの?」ってとこが重要になってくるってわけ。


たとえば、先日行きつけの美容室で、
「何か新しい取り組みをしたいんですけど・・・」
と店長さんに相談された時に言ったのは、
「有益なコンテンツをネットで発信するのはどうですか?」ってことだった。


たとえば、
「ワックス つけ方」でYouTubeで検索している人は、
「ワックスのつけ方が分からない!」という悩みを抱えている。

そこでいきついた動画のアップロード主が
「一般人」より「美容室の名前」だったら、
よりファンが付く可能性が高いでしょ?


このように、これからは本物が評価される時代なのだ。

もし、そのコンテンツが有益なものだったら、
その美容室のファンになり実際にその店に可能性だってある。
(※広告費も抑えられるし、ファン化しやすい)


コンテンツ力が重視される時代の今、
どんどん本物が評価されやすくなっているので、
逆にその手のプロはチャンス。

たとえば、なにかの分野において
「賞」を取ったことがある人とかだって強いだろう。


フラットな意味で、人は権威づけに弱い。

だから、それをチラつかせて情報発信をするのも有効なのだ。

インターネットビジネスは最先端

こういう時代の流れを見ていて思うのは、
「インターネットビジネスは最先端だな」ってことだ。


リアル店舗でやっている人は、
インターネットと自分のビジネスの繋げ方が分からない。

美容室の店長も、
「パソコン開かない日のことが多いです。笑」って言ってたしね。


だからこそ今、
インターネットでビジネスをやっている人はチャンス。

想像以上に、自分には隠された可能性があるということだ。


「まず、目の前のことをやる事」が大切なのには変わりないが、

インターネットの知識、
ネットマーケティングの知識は、
今後さらに重宝されていくだろう。

最後に

いかがだっただろうか?

「情報のスパム化」が進んでいる今は、
本当にコンテンツ重視の時代。

つまりこれは、
小手先のテクニックが通用しずらくなっていて、
「より学ぶ人間」が評価されるということだろう。


「Learn or Die」


「学ぶか、死ぬか。」ということだ。


関連してこちらも見ておこう。
>>マーケティング4.0の意味とすべき事

※現在募集中の、新企画はこちら
マーケティング】の最新記事
  • SALE
    セールスのテクニック!特に重要度の高い3つを詳しく解説
  • 馬
    企画やセミナーの集客を100%確実に成功させる方法
  • 値段
    必見!これからの時代における価格設定の基本的な考え方
  • 無料でもNG!?ネットのビジネスで信頼を構築する方法
  • ファネル
    重要!マーケティングファネルと簡単な事例
  • direct
    知らないと大損なマーケティング!DRMとは一体何か?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。