youtube 検索
※現在募集中の、新企画はこちら

ー「動画をあげたのに検索に表示されない!」

今回は、
そんな悲劇を生まないためのコツを伝授しよう。


このコツを
知っていると知らないのとでは、
動画の再生回数が何十倍と違ってくる。

しっかりマスターして、
自分の動画に活かしてほしい。


じゃあいこう。

1.再生時間を意識する




(※まずは動画をご覧ください。)


まず1つ目は、
「再生時間を意識する」ということだ。

これは、検索上位のアルゴリズム(仕組み)が、
「どれくらいの再生回数か?」よりも、
「どれくらいの時間、再生されているか?」を重要視しているということからだ。


アップロードして何日間かは
検索上位を獲得する場合があるが、

それ以降も上位に居続けるためには、
再生回数よりも再生時間をいかに増やすかが重要なのだ。


つまり簡単に言えば、
「100回再生された1分の動画」よりも、
「50回再生された3分の動画」の方が、
YouTubeに評価され検索で上位に表示されるということだ。


だから単純な話だが、
「あまり短すぎる動画」というのは良くないし、
「なるべく最後まで見てもらう工夫」というのが必要だろう。


面白い動画は最後まで見てもらえる可能性が高い。

今はコンテンツ重視の時代なわけだが、
YouTubeもそういう仕組みになっているということだ。

理解できたら2つ目にいこう。

2.キーワードを意識する

2つ目は、
「キーワードを意識する」ということだ、

たとえば、
飼っている猫の動画を撮ってアップロードする場合、
間違っても猫の名前(タマとか)でアップロードするのはやめよう。


もちろん、その猫が既にブランディング化されており、
YouTube内でファンが出来ているなら話は別だが、

基本的に猫の動画を見たい視聴者は、
「猫 かわいい」等と検索してくるはずである。


それなのに、
「タマのかわいい動画」などのタイトルをつけてしまうと、
せっかく撮ったあなたの可愛い猫ちゃんが、
誰の目にも触れられないという可能性が出てくるのだ。


今は、タイトルのみに言及したが、
動画説明欄もキーワードを意識して書こう。

全く動画説明欄に力を入れていない人もいるが、
それは相当の再生回数を取りこぼしているというわけだ。


キーワードは実際に、
メインワード(猫)等を入れるとYouTube側が提案してくれるので、
それを参考にして入れるといいだろう。

Youtube サジェスト キーワード
(※クリックで拡大)

この場合だったら、
「おもしろ,かわいい,鳴き声,赤ちゃん,風呂,喧嘩,犬・・・」などが考えられる。


先にキーワードを選定しておいて、
それに合った動画をアップロードするというのも重要なので、
動画のネタ探しの際は参考にしてほしい。


では、次はこれの応用だ。

3.トレンドを意識する

3つ目のコツは、
「トレンドを意識する」ということだ。

たとえば、12月後半はクリスマスシーズンだが、
それに近づくに連れてクリスマスの検索需要が増えるのは言うまでもない。
(例:「クリスマス プレゼント」)


では、この意識を
YouTubeに応用するにはどうすればいいか?


じゃあ、ここで頭の体操をしよう。

「1月1日にYouTubeで検索されるワード」は一体、何だろうか?

少しだけ、考えてみてほしい。


考えた?


ここで、
「お年玉」や
「初日の出」や
「おせち料理」等と答えてしまった場合、
YouTubeの特性を全然理解していないことになる。


じゃあ答えは何か?


それは例えば、
「紅白歌合戦」や「ガキの使い」だろう。

つまりこの場合は、
「大晦日に見れなかったからYouTubeで見れないかな」
という感じで検索してくるということだ。


もちろん、実際にTV動画をあげると削除されるのだが、
分かっておいてほしいのは
「トレンドを掴む」というこの感覚なのだ。


たとえば最近まで、
「ラッスンゴレライ」が流行っていて、
その公式動画は3ヶ月間で2600万回再生を記録している。

そして、ここで分かってほしいのは、
「どれだけの人がYouTubeでラッスンゴレライを検索したのか」
ということなのだ。

つまり、このトレンドに便乗して、
「あなたも自分の武器×ラッスンゴレライ系」の動画をあげたら、
ものすごい再生回数が記録されていたかもしれない。


絵が得意な人は、
「ラッスンゴレライをパラパラ漫画でやってみた!」

歌が得意な人は、
「ラッスンゴレライを超ビブラートを効かせてやってみた!」

外国語が得意な人は、
「ラッスンゴレライを○○語でやってみた!」

とか、いくらでもアイデアは思いつくだろう。


そしてその動画が面白ければアクセスが爆発し、
一気に有名人になる可能性だってある。


俺も実際に、
「アイスバケツチャレンジ」が流行ってた時に

それ関連の動画を作りアクセスが爆発し、
「今人気の動画」に載った経験がある。


しかも関連動画にも表示されると、
さらにアクセスが伸びる可能性が高い。
(参照:YouTube関連動画に腐るほど表示させる3つのコツ

だからこそ、
「YouTubeならではのトレンドを掴む」という意識は忘れてはならないのだ。

最後に

いかがだっただろうか?

ただただテキトーにタイトルをつけたりするのが、
いかにもったいないことかを理解できたのではないだろうか?


まだまだ再生回数を増やす工夫はあるので、
それらもしっかりと確認しておこう。
YouTubeチャンネルアート変更してファンを増やす!

YouTubeで稼ぐ為の全手順|資産チャンネルの構築法

※現在募集中の、新企画はこちら
関連キーワード
YouTubeマネタイズ】の最新記事
  • YouTubeの収益化をスマホから超簡単に設定する方法
  • ヒデさんがYouTubeで月10万円達成
    1ヶ月目で月収18万円を達成(YouTubeコンサル)
  • YouTubeコンテンツID(一部の国のブロック)の回避方法は?
  • YouTubeで稼ぐ為の全手順|資産チャンネルの構築法
  • あああ
    動画の編集方法&YouTubeにアップする手順を解説
  • カード
    YouTube!カードとアノテーションの違いと使い方
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。