※現在募集中の、新企画はこちら

ー「ワクワクシンドローム」という病をご存知だろうか?

まぁ、今勝手に考えたんだけど、
ハッキリ言ってビジネスはもちろん、
人生の成功に”ワクワク”なんて要らない。


よく、
「ワクワクすることをしていれば成功する」
なんて言われているが、

あれは既に成功している人が影を濃くしないために、
「当たり障りの無い言葉」を選んだだけなのだ。
(それか情報弱者狩りのインチキ野郎か)

というわけで今回は、
「ワクワク不要論」がテーマだ。

ビジネスを教えていて思う事



(※まずは動画をご覧ください。)


まず、ビジネスを教えていて思うのは、
「なんだか、ワクワクしてきました!」って言う人ほど行動しないってこと。


それは何でかっていうと、
「ワクワク」=「疲れる」からだ。


いい?

「ワクワク」=「疲れる」んだよ。


だから別にワクワクなんてしなくていいし、
「ワクワクしてきました!」なんて言ってる暇があったら
行動しろって話なわけ。


たとえば受験勉強の時とかに、
「今日オレ、10時間くらい勉強するわぁ〜」とかって言ってるヤツがいた。

そいつに次の日会ってみると、
「いやぁ、眠くてあんま勉強できなかったわぁ〜」という言い訳をしていた。


ワクワクするクセに、
何もしない人ってこれと一緒なわけ。


本当に成果を出す人っていうのは、
「ワクワクしてきました!」って誰かが言っている間に、
淡々とやるべきことをやっているんだ。

だから俺がビジネスを教えている人が目の前で、
「ワクワクしてきました!」なんて言ったら、
しばいて島流しの刑にすることにしている。

Notワクワク=つまらない?

こんなことを言うと、
「え?ワクワクしない人生なんてつまらないじゃないですか!」
なんて勘違いをする人も出てくるだろう。


俺が言いたいのは、そういうことじゃない。


目標を宣言したり、自分を鼓舞したり。
そうやってワクワクすることで、
疲れて行動できなかったら全く意味ないでしょってこと。


別に内心はワクワクしてていいよ。

いいけど、
それを必要以上に表現する必要は無いってこと。


たしかに目標を宣言することは俺も良いことだと思う。

ただ、目標を宣言することで満足しちゃう人が多すぎなんだ。


淡々とやるべきことをやって、
涼しい顔をしてればいいんだよ。


しかも、その方がカッコ良いでしょ?

俺はカッコイイと思うんだよね。

感情表現はエネルギーを使う

感情には、
「喜」「怒」「哀」「楽」など色々ある。

色々あるけど、それを表現することには、
エネルギーを使うということを覚えておいてほしい。


「エネルギー」がピンとこないって人は、
体力でも、活力でも、パワーでも、HPでも、なんでもいい。


とりあえず分かっておいてほしいのは、
「感情表現すると人は疲れる」ってことなんだ。


だから例えば仕事が終わって、
「あぁ〜今日は疲れたなぁ〜」って気持ち良くなってる瞬間。

この瞬間に人は
大量のエネルギーを消費しちゃうってわけ。


あとは、たとえば面白い文章とかを呼んで、
「あぁ〜良いこと知ったなぁ〜」って気持ち良くなってる瞬間もそう。

へんてこりんなセミナーに行って、
「あぁ〜良い話聞いたなぁ〜」って瞬間もそう。


こんな感じで、
人は感情に浸っている時に疲れちゃうんだよ。


寝る前に本とか読んで気持ちよくなって、
「よーし、がんばるぞ!」って思うけど、
次の日は忘れていてまた本に依存するとかあるじゃん。


だから必要以上にワクワクとかしなくていいわけ。


やるべきことを淡々とやる。

淡々とやるから、継続できる。

一時的な、ワクワクパワーは不要なんだ。

だからワクワクはクソなわけ。

お花畑

「ワクワクしてるだけで成功する」なんてあり得ない。

ていうか、
ワクワクしてるだけじゃ確実にヤバいから。


むしろそういう人って、
周りから見ればお花畑状態なんで。

「あぁ、あの人、またはじまった。」って感じだよ。


だからこそ、
感情の起伏があるエネルギー漏れ野郎よりも、
クールに目の前のことを淡々とこなす人になろう。


俺自身も、
それを意識して日々を過ごしているところ。

だから、あなたも一緒にそれを目指そうぜ。

最後に

いかがだっただろうか?

恐らく、
「いかにワクワクがクソなのか」を理解できたんじゃないかと思う。


勘違いしてほしくないので念のために言っておくが、

「現状に、恐れを抱け!」とか、
「今すぐ、不安になれ!」とか、
「一生、絶望の縁にいろ!」とか

そういう事を言いたいわけではない。


「必要以上の感情表現は疲れる。
 だから、涼しい顔をして、
 目の前のやるべきことを淡々とやっていこう。」


ということを言いたいのだ。


この意識があるかないかで、人生の質はもちろん、
あなた目標達成のスピードが何倍にもなるので、
しっかり頭の中に落とし込んでほしい。


俺自身、
この文章を書いている時ですら、
「淡々と書くこと」を意識している。

もうすぐ書き終わるが、書き終わったとしても
「あぁ〜、今日も書いたぁ〜」なんて無駄な感情表現は一切しないだろう。

少し休んで、次やるべきことをこなすのみ。


こういうイメージだ。


関連してこちらもオススメ。
>>行動量2倍!毎日のエネルギーを上げる方法

※現在募集中の、新企画はこちら
人生】の最新記事
  • なぜ、人は月に癒され、太陽に励まされるのか?(光の幸せ、熱の幸せ)
  • 本を読んでも人生が変わらないのは「ライブ感」が無いから
  • 人生を変える環境へ飛び込む重要性
  • "たまの休みの日に何するか"で仕事の成功が決まる!
  • gazou
    「結果を出す人」に近づく為の5つのステップ
  • パリストン
    ハンターハンター・パリストンから学ぶ"遊戯感覚"の強さ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。