※現在募集中の、新企画はこちら

ー「YouTube攻略の肝は関連動画に表示させることだ!」

これは今まで述べてきた通り、基本中の基本事項である。


そこで今回は、
「じゃあ実際にどうやればいいの?」という話をしよう。

題して、
「YouTube関連動画に腐るほど表示させる3つのコツ」だ。

じゃあいこう。

1.タグをたくさん入れる




(※まずは動画をご覧ください。)


まず、1つ目はタグをたくさん入れることだ。

これは関連動画を表示させる方法の中でも、
”基本中の基本”であり、
「YouTubeの使い方」みたいな入門者向けの本にも書いてある。


実際、データとしても、
「タグを入れれば入れるほど再生回数が増える」と出ているので、
タグはもう、本当にたくさん入れた方がいい。


もしかするとここであなたは、
「スパム行為にならないの?」なんて思ったかもしれないが、
現時点ではその心配は不要だ。


たとえば超有名YouTuberである、
HIKAKINさんの動画のタグを見てみよう。

スクリーンショット 2015-04-01 15.50.17

(※クリックで拡大)


この緑で囲まれている所が”タグ”に該当する部分になるが、
確認できるだけでも24個以上のタグが入っている。
(しかも、途中で切れているのでもっと入れている。)


しかもこの動画のタイトルは、
「モンストのUFOキャッチャーにチャレンジ!」なのだが、
一見、それとは関係なさそうな
タグも入っていることが分かるだろう。


と、いうわけで、あまりにも不適切な
タグを入れまくったりする以外は大丈夫なのだ。


実際、俺自身も同じような内容の動画で
「タグをたくさん入れた場合と、タグを入れない場合」のように
「A/Bテスト」を行ったことがある。

結果的に、
「タグをたくさん入れた場合」の方が、
「何十倍も再生回数が多かった」という結果が出たので、
間違いなくタグは入れなければ損なのだ。


ちなみにタグを1個1個入れるのは面倒だが、
その手間を出来る限り省く方法がある。


それは、
「スポーツ,野球,高校野球,好プレー,珍プレー,・・・」のように、
その動画に入れたいタグをコンマで区切りメモ帳などに書いておいて、
それをタグ入力欄にコピー&ペーストすればいい。

そうすれば、
一括で複数のタグを挿入できるので便利である。

【まとめ①】
・タグはたくさん入れた方が良い
・メモ帳等で「,」で区切った後に、コピペすれば楽に挿入できる


ここまでは、基本中の基本。

次から徐々にレベルを上げていこう。

2.動画説明欄を工夫する

次に着目するのは「動画説明欄(概要欄)」だ。

力を入れてない人も多いが、
ここを工夫することもかなり大切である。


関連動画表示の仕組みとして、
「タグ」を重要視しているというのは間違いないだろう。

しかし、
「タイトル」や「動画説明欄」も同じように、
関連動画表示されるアルゴリズムに関係がある。

だから、
「動画説明欄」に他の動画を載せることで、
その載せた動画の関連動画に表示されることがある
のだ。


もちろん、自分の他の動画を載せるのもいいが、
人気の動画を載せるという方法もいいだろう。


さらに、関連動画に表示されるアルゴリズム(仕組み)として、
「どの動画からこの動画に飛んできたかが重要」という話がある。
(YouTubeが公表しているわけではないが)

つまりこのことからも、
あなたが動画説明欄に他の動画を載せることによって、
その動画の関連動画に表示される可能性が増すということだ。

【まとめ②】
・概要欄で他の動画を紹介するのは有効
・自分の動画はもちろん、他の人気動画を載せるのも有効


そして、ここからは応用編である。

3.「今人気の動画」に着目する

この方法は、ゲリラ戦法であり、
簡単にアクセスが爆発してしまう。


何をするのかというと、
「今、人気の動画」を動画説明欄(概要欄)に載せてしまうのだ。

今人気の動画

そうすると、今たくさん見られている動画の
「関連動画」に自分の動画を載せることができるので、
あっというまにアクセスが増えていく。


しかしながら、この方法を使う時は、
「今人気の動画」だったら何でも良いわけではない。

それほどユーザーの目に触れられるということだから、
「今人気の動画」の中でも、
ちゃんと自分の動画のテーマに関連するものを説明欄に載せよう。


あまり過度にやり過ぎたり、
視聴者にとって迷惑なことをやってしまうと結局嫌われるので、

「自分の動画を見ている人は、
 この動画だったら興味あるんじゃないか?」


というのを自分なりに考えて、
それを動画説明欄に載せればいい。


そうすれば
「自分の動画の再生回数が増える」
「視聴者を楽しませることができる」
というWin-Winの関係を築くことができるので問題ない

【まとめ③】
・今人気の動画を概要欄に載せる
・視聴者のニーズを満たす選択を


最後に

いかがだっただろうか?


もちろん関連動画に表示されても、
その動画をクリックされなければ意味が無い。

そのためには、サムネイルやタイトルを
工夫する必要があるのは言うまでもないだろう。


そして、関連動画だけ攻略したとしても、
まだまだYouTubeの可能性の全てを知ったわけではないのだ。


では次は、
「検索からの流入」に着目していこう。
YouTube検索の上位をブリブリに占拠する3つのコツ

YouTubeで稼ぐ為の全手順|資産チャンネルの構築法

※現在募集中の、新企画はこちら
YouTubeマネタイズ】の最新記事
  • YouTubeの収益化をスマホから超簡単に設定する方法
  • ヒデさんがYouTubeで月10万円達成
    1ヶ月目で月収18万円を達成(YouTubeコンサル)
  • YouTubeコンテンツID(一部の国のブロック)の回避方法は?
  • YouTubeで稼ぐ為の全手順|資産チャンネルの構築法
  • あああ
    動画の編集方法&YouTubeにアップする手順を解説
  • カード
    YouTube!カードとアノテーションの違いと使い方
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。