three
※現在募集中の、新企画はこちら

ー「ドメイン取得なんて難しそう!」

そんな悩みを
一発で解決するのがこの記事の役割だ。


ドメインはいわゆるネット上の住所みたいなもの。

今、あなた見ているサイトのドメインは、
「kntym.com」になる。


今回は、このドメインを
簡単に取得する方法を紹介しよう。

1.取得から登録




(※まずは動画をご覧ください。)


まず、ドメイン取得サービスから、
希望するドメインを取得しよう。


ドメイン取得サービスのオススメは、
「ムームードメイン」だ。

理由は主に3つで、
①安価で取得できる
②使っている人が多いので情報量が多い
③個人情報を代理公開してくれる

からだ。


では、早速、
「ムームードメイン」にアクセスしよう。

ドメイン 取得1

そうすると上記のような画面になるので、
ここに希望するドメインを入力し、
「○」の表示が出たら取得可能というサインだ。

ドメイン取得2

【ドメインを取得する際の5つのポイント】
①サイトに合ったドメインを取得する
(野球のサイトなのに、soccer.netはオカシイ為)
②なるべく短いものにする
(見栄えが良いし、Twitter等の文字数制限に有利な為)
③.comや.net等を取得する
(よく知られていて安心感がある為)
④基本的に.jpは取得しない
(.jpだと個人情報が公開されてしまう為)
⑤基本的にローマ字で取得する
(日本語ドメインは上級者向けの為)

そして、「○」をクリックすると
以下のような画面になるため「新規登録」をクリックしよう。

新規登録 ムームー
そうすると、
個人情報を入力する画面になるため、
ここをしっかりと記入していこう。

ユーザー登録
記入したら
「ユーザー登録」をクリック。

利用規約を読みチェックを入れて、登録完了。

次はドメイン設定だ。

2.ドメイン設定

登録が完了すると、ドメイン設定画面が現れる。

ここで設定するのは、
①WHOIS公開情報
②ネームサーバ(DNS)
の2つだ。

ドメイン設定
上の画像のように、
「WHOIS公開情報」=「弊社の情報を代理公開する」
「ネームサーバ」=「GMOペポパ以外のサービス」

を選択しよう。

そして、
「ネームサーバー1」=「ns1.xserver.jp」
「ネームサーバー2」=「ns2.xserver.jp」
「ネームサーバー3」=「ns3.xserver.jp」
「ネームサーバー4」=「ns4.xserver.jp」
「ネームサーバー5」=「ns5.xserver.jp」

と入力しよう。


ちなみにこれは、レンタルサーバーとして、
「Xサーバー」を使うことを前提とした設定だ。
(※個人的に、Xサーバーの使用を推奨している。)

とりあえず、
あなた自身にサーバーへのこだわりが無い場合は
Xサーバーがおすすめなので、
このように設定しておけば問題ない。


ドメイン設定が済んだら、
「お支払い」を設定しよう。

お支払い 完了

支払いは、
・クレジットカード
・おさいぽ!決済(独自システムの決済)
・銀行振込
・コンビニ決済

があるので、あなたが好みで決めてほしい。


決めたら、
「次のステップへ」をクリックし、
お支払いを済ませよう。

3.お支払い〜取得完了

ちなみにここで出てくる、
「連携サービス」は特に申し込む必要はない。

スクリーンショット 2015-04-23 16.47.48

ここをスルーすると、「内容確認」に進む。

利用規約

利用規約にチェックを入れて
「お支払いへ」に進もう。


進むと、
クレジットカード払いの場合、
カード情報を入力する必要がある。

取得完了
入力後、
「取得する」で取得完了だ!

取得完了クマ

最後に

いかがだっただろうか?

ドメインを取得したら、
次はサーバーをレンタルする必要がある。

その方法については、
こちらの記事を参考にしよう。
WordPressにおすすめのレンタルサーバーと契約方法

資産ブログを開設して稼ぐまでの全手順を簡単かつ丁寧に

※現在募集中の、新企画はこちら
WordPress】の最新記事
  • 2017年最強のWordPress有料テーマ、Diverが凄すぎる。特典で新企画にご招待!
  • AdRotateの使い方 | WordPressで広告やCTAのA/Bテスト!
  • バス停で一人待つ男
    たった1分で!WP External Linksの最適な設定方法
  • 子豚さん
    nofollowの書き方と半自動化させるWordPreesプラグイン
  • 虎
    PostSnippetsで記事中にadsense広告を半自動表示させる方法
  • ContactForm7のreCAPTCHA設定方法を丁寧かつ簡単に
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。