※現在募集中の、新企画はこちら

うん、まぁまぁ良かった。


先日、
「三鷹の森ジブリ美術館」に行ってきた。

家から割と近いんだけど、
行ったことなかったから
「ようやく」って感じかな。


ちなみに、
俺はジブリにめちゃめちゃ詳しいわけじゃない。

どの作品も数回は見た事あるくらい。

だからこそ、客観的な感想が持てるはず。


・・・と、いうことで感想等を書いていこう。

あなたなのです。

とりあえず、
思ったことをどんどん書いていこう。


まず最初に
「館内は撮影禁止」ということで、
あまり写真は載せることができない。

だから外のテラスとか、
屋上の「まもり神」とかが唯一の撮影スポットになる。
(一番最初に載せた画像)


他に行った人のブログとか見れば分かるけど、
「まもり神」ばっかり写真が載ってるはず。

これはそういう理由だ。


「これ(撮影禁止)によって、
 ジブリファンの好奇心をさらに煽るというわけか・・・ふむふむ。」


なんて考えつつ受付を済ませて、
(ちなみに受付ではトトロが待ってくれている)
中に入るとまず思うのが、
「迷子になりそう」っていうことだ。


館内には順路みたいなのが殆どなくて、
色々な道があったり、螺旋階段があったり・・・

これは確実に迷子になるだろう。

そこで、すかさずパンフレットで地図を見るわけだけど、
そこには、「迷子になろうよ、いっしょに」というキャッチコピー。
IMG_2149
さらには、
「決められた順路はありません。
 順路を決めるのは、あなたなのです。」

とのことだ。

なるほど、そうきたか。


これを作って名言を作ると・・・
「あなたの人生に順路はありません。
順路を決めるのは、あなたなのです。」

って感じか。


短所は長所

俺は全ての短所は長所だと思っている。


たとえば冒頭で、
「俺はジブリに詳しいわけではない」と書いた。

これは
「三鷹の森ジブリ美術館」の感想を書く者としては、
一見不利なように見えるだろう。

しかし、
「だからこそ、客観的な感想が持てるはず。」
という意見を付け加えることで、
短所を一気に長所に変えることができるわけだ。

(※ちなみにこのテクニックは、
 コピーライティングの世界では基本中の基本である。)


だから、
「複雑な館内の順路を決めるのはあなた」と言われれば、
「ほう、そうか。」となるわけだ。


・・・そんなことはさておき、
まず館内に入って短編映画を見ることにした。


「三鷹の森ジブリ美術館」では、
”ここでしか見れないジブリ映画”を見ることができる。

これもジブリファンの好奇心を煽るポイントだろう。


ちなみに見たのは、
「星をかった日」という映画。

「星を買って育てる」という、
いかにもジブリらしい世界観の映画だった。

まぁまぁ、面白かった。


ちなみに、
映画は20分おきくらいに上演しているんだけど、
1人1回しか見ることができない。

入場券にハンコを押されてしまい、
それが「見たかどうか」の判断材料になる。

ちなみに、入場券も人それぞれ。
俺はジブリ作品の中でも割と好きなナウシカだった。
スクリーンショット 2015-01-17 19.02.11
マニアの人とかはこれもコレクションとかしてそう。


映画を見た後は、
いろいろな展示スペースを見た。

分かっちゃいたけど、
アニメ映画ってものすごい細かい作業の連続で、
いや、ほんと尊敬に値する。

「映画を見る時には、制作者の方に感謝しなければ・・・」

そう感じさせるくらいの膨大な作業量がうかがえて、
とても身が引き締まった感じがした。


カフェがよかった

そして俺的によかったのは、
カフェの「麦わらぼうし」ってところ。


何がよかったのかというと、
普通にタルトが美味しかったから。笑
スクリーンショット 2015-01-17 19.11.11
(お皿にもトトロが!)

他にもいろいろなメニューがあって、
どれもすごい力が入っていて良かった。


俺的にこういうところの料理って
あんまり期待してないから、
その期待をよい方向に裏切られることになった。


経験上、
「○○カフェ」みたいなのって地雷が多い。

去年、六本木ヒルズで
「ポケモン展」みたいなのがあって、その中にあった
「ポケモンカフェ」ってヤツにいったんだけど、
まぁ全然だったね。笑

しかも3時間くらい並んだ記憶があるぞ。


「麦わらぼうし」はそんなのと全然違う優良カフェだった。
(ただ、世界観料金によって少し高いけど)


「三鷹の森ジブリ美術館」しかり、
こういうようなテーマパークってすごい
気をつけなければならないポイントがあると思っている。

それは、
「1つでも世界観を崩す要素があると終わる」
ということだ。


たとえばだけど、
超高級レストランに行ったとして、
どんなに料理が美味しかったとしても、
食後酒のワイングラスが割れていたらどう?

今までの全て台無しになってしまう。


ジブリのテーマパークなのに、
お皿にミッキーとか書いてたらヤバいでしょ?

そういう面で、
テーマパークとかって注意点が多いなと。


1つのミスが痛い

これってビジネスとかでもそうで、
「1つのミス」があると今はすごい痛い時代。


それは何故かっていうと、
全てが記録される時代だから。

就活の時でも、
面接官は就活生のFBを当たり前のように見るらしいしね。


まぁ、俺は
「今がよければ良いじゃん」ってタイプだけど、

他の人、とくに評価されることが重要な立場の人(就活生とか)は、
いろいろと注意する必要があるかも。


だからといって
ミスをびくびくしてたら何もできない。

ま、今を一生懸命生きてれば絶対良くなるはずだ。

その意識を持てば大丈夫だろう。


・・・と、いうことで今回はこの辺で。

ジブリファンは特に、
美術館に行ってみたら楽しめると思う。


ps

○雑学のコーナー○

三鷹の森ジブリ美術館のこのエンブレムの意味。
IMG_2148
左上、三鷹(三匹のタカ)
右上、井の頭(猪のアタマに「イ」)
下、ジブリの森(木とトトロ)


らしい。


また、こちらもオススメ
>>学生でも!今からお金を10倍増やす5つのステップ

※現在募集中の、新企画はこちら
ビジネス】の最新記事
  • コミュニティ運営のコツ|組織における5つの発達レベルとは?
  • gazou
    「結果を出す人」に近づく為の5つのステップ
  • 情報発信ビジネスにおける時代を捉える大切さ
  • なぜ、意識高い系の大学生は起業しても結果が出ないのか?
  • 情弱じいちゃん
    ズブズブの情報弱者にならないための対策とは?
  • 幻影旅団
    ハンターハンターの幻影旅団は脆い!その理由と組織の強さ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。